ABC振興会
トップへ


ABCな映画トップへ

スィーテスト・シング
マイ・ビッグ・ファット・グリーク・ウェディング
ナショナルランプーン
ヴァン・ワイルダー
アニマルハウス
ヨーロピアンヴァケーション

8月
The Master of Disguise
少林サッカー
クンパオ!怒りの鉄拳
3
オレンジ・カウンティ
Saving Silverman
ズーランダー
Sorority Boys
--------------
ABCな映画+プラス

ロック・スター
パール・ハーバー
ファイトクラブ
タイタニック
--------------
知ったか映画評

signsサイン)
Road to Perdition
Red Dragon(レッドドラゴン)
--------------

 

 

最新・アダム・サンドラー情報は上の画像をクリックしてください。


 

 

 

 

 

"Ame-Shoku" Resarch Institute0830_02

”ナショナル・ランプーン”シリーズ、7年ぶりの復活!

National Lampoonシリーズと聞いて、悲しい事だけど、ピンと来ない人も居るかもしれない。ABC映画にははずせないこの「ナショナルランプーン」シリーズの映画が5年ぶりに復活した。しかも、激面白い。

■”ナショナルランプーン”とは何か?

「ナショナルランプーン」と言えば、ジョン・ベルーシ主演の”アニマルハウス”やチェビー・チェイス主演”ヨーロピアンヴァケーション”といった映画を思い起こす人も多いだろう。しかし、”ナショナルランプーン”は1960年代後半、ハーバード大生によって作られた学内ユーモア誌”Harvard Lampoon"を元に、1970年ユーモア専門の月刊誌としてスタート。1970年4月から1998年11月まで発行され(全盛期は70年から75年)、現在はWebで活動している。

しかし、”ナショナルランプーン”は雑誌だけの活動に留まらず、ラジオ・本・レコード・TV番組、そして映画とあらゆるメディアに旋風を起こした。そして、特筆したいのは”ナショナルランプーン”かで鍛えられた優秀な人材。「アナライズ・ミー」のハロルド・ライミスや「ホームアローン」のジョン・ヒューズもそれらの一人である。

”ナショナルランプーン”シリーズに共通するのは、”風刺の効いたユーモア”。彼らが題材にするのは、誰でも経験するような社会生活から古典的な芸術作品、そして政治や金といった権力、。それらを、時には毒っぽく、時には徹底的にバカらしくパロディする。バカらしく、といってもやはりハーバード大生が元になって作った集団と合って、くだらなさの中にもIQの高い笑いが感じられる。しかし、ベトナム戦争の敗北感やニクソンのウォーター事件が起り、アメリカが鬱憤の溜まった70年代から、アメリカが自身を取り戻す時代が訪れ、”ナショナルランプーン”はその風刺の的を失い、次第に衰退していく。(もちろん優秀な人材の放出、という事もあるが)

そして、95年の「National Lampoon's Vegas Vacation」以来、5年ぶりに”ナショナルランプーン”シリーズが今年、帰ってきた!

National Lampoon's VAN WILDER (ヴァン・ワイルダー) 2002年公開
 
このジャケ写もかつての「ナショナルランプーン」シリーズのパロディって言うのが泣かせます。
学校を舞台に、とにかくバカでお下劣でエロなギャグを連発し、アメリカで大ヒットしたティーンムービー「Scary Movie1&2(最終絶叫計画)」 や「アメリカンパイ1&2」。こういった映画を切っ掛けに、(日本では公開していないだろうが)「Not Another Teen Movie」など この手の映画はここ最近、非常に増えた。

そんなティーンのバカ騒ぎ映画に対抗するかのように、カレッジムービーの本家”アニマルハウス”を生んだ「ナショナルランプーン」シリーズが、新しいヒーローを生み出した。---その名は「ヴァン・ワイルダー」。

世渡り上手の大学7年生ヴァン・ワイルダーは、その”口の上手さ”と”いい加減さ”で学内一の人気者。しかし、父親に愛想を尽かされて‥彼は大学を無事卒業できるのだろうか?

ナショナルランプーンシリーズの代表作「アニマルハウス」のバカっぽさと、同じくナショナルランプーンシリーズを代表するチェビー・チェイスのナンセンスな”風格”を足した、まさに21世紀の「ナショナルランプーン」。数多ある近頃のバカ・ティーン・ムービーは、どこまでお下劣になれるか競っているようなものだが、この「ヴァン・ワイルダー 」の笑いには、どんなにくだらなくてもそこはかとない”上品さ”まで感じてしまう。確かに、目を覆うようなこってりとした下品なシーンもあるが、クラシカルなお家芸といったところ。
その
”ナショナルランプーンらしい”そこはかとなさこの映画にもたらしている一番の功労者は、ヴィン・ワイルダー役のカナダ出身のRyan Reynolds(ライアン・レイノルズ)。98年からスタートしたABCテレビのシットコム「Two Guys, A Girl, and a Pizza Place」が出世作。しかし、この映画での彼は、まさに”いい時代”のチェビー・チェイスの雰囲気そのまま。(ワイルダー自体は”ボケ”役ではないけれど)

この映画、日本で公開されるのだろうか?いや、されなくても全然構わない。家で他人の目を気にせずに、思う存分笑って楽しんで欲しい。(←DVD化されないと話にもならないけど)

90年代オススメのランプーンシリーズ「ベガスバケーション」がDVDに!詳細はコチラ鉄拳

お薦め!”ナショナルランプーン”シリーズ
Animal House'78)
-アニマルハウス-
監督: ジョン・ランディス
脚本: ハロルド・ライミス
主演: ジョン・ベルーシ
(他のベルーシ作品も)
Vacation('83)
-ホリデーロード4000キロ-
監督: ハロルド・ライミス
脚本: ジョン・ヒューズ
主演: チェビー・チェイス
(他のチェビー作品も)
「ヴァン・ワイルダー」の原点とも言うべきABC映画の古典的名作。ジョン・ベルーシのめちゃくちゃっぷりは見事。激しく笑って、最後は爽快になれるコメディ映画。 ドナルド・サザーランドのCute Assも見もの。ケビン・ベーコンはこの過去を消し去りたいだろう‥。 グリスウォルド家の災難ヴァケーションシリーズの第一作。このジャケット写真とは裏腹に頼り無い父親(チェイス)が家族と大陸横断の旅に出る。途中に出会う様々な人が痛快。
European Vacation('85)
-ヨーロピアン・ヴァケーション-
監督: エイミー・ヘッカリング
脚本: ジョン・ヒューズ
主演: チェビー・チェイス
Christmas Vacation('89)
-クリスマス・バケーション-
監督: ジェレマイア・S・チェチック 
脚本: ジョン・ヒューズ
主演: チェビー・チェイス
あの一家が今度はヨーロッパ旅行。アメリカ人の自虐的ばかっぽさ丸出し。ビデオ撮影のオチは只の一つかと思いきや、ちゃんと複線にもなっている。アメリカ人から見たヨーロッパの各国観も学べる‥かな? そして、今度はクリスマス。チェビー・チェイス扮する父親が、一歩歩けば巻き起こる災難、不幸のの連続。いい加減、もう動くな!と突っ込みたいほど。こちらも”クリスマス”という伝統行事を学べる‥かも