最新・アダム・サンドラー情報は上の画像をクリックしてください。

サンドラー映画
-擁護の辞
-
映画リスト
■感想1
-ハードロックハイジャック
-ビリーマジソン
-ハッピーギルモア
■感想2
-ウォーターボーイ
-ウェディングシンガー
-ビッグダディ
■感想3
-リトル★ニッキー
-ミスターディーズ(日本未公開)

SNL(サタデー・ナイト・ライブ)
-SNLとは?
-SNL番組アップデイト
-主な歴代出演者
-
現在の出演者

他ページのサンドラー関連
-スラッピージョー

--------------

 

 

 

 

Adam Sandler Movies Review - 1
サンドラー擁護委員としての感想
AIRHEADS -1994/11 ハードロックハイジャック/Fox
監督/マイケル・シーマン 脚本/リッチ・ウィルクス 制作/ロバート・シモンズ等
94年といえば、既に80年代のハードロック全盛は遠い昔、グランジ、オルタナティブ系ロックが主流だった頃に発表されたわけで、ハード/へヴィーロック=ダメダメ音楽にのめり込んだダメダメ人間の映画です。アダムもそのダメダメ人間の一人。しかし、ジョン・ボン・ジョビでさえ既に短髪にしていた 時代に、ブレンダン・フレイジャーとスティーブ・ブシェミが長髪でダメダメ度を わかりやすくアピールしているのに対して、アダムはいつものまま。特にかつらとかかぶらなくてもダメダメっぽさが滲み出てるからでしょうか。 それとも、どんなカツラでもオペラマンやGAPガール・ルーシーになってしまうからでしょうか。
とはいえ、この映画はサンドラー出演作のなかで
一番萌え度の高い映画です。アダム27歳のぷりぷりした肉体をおしみなく堪能できます。短髪なだけに、よく見ると実はかっこいいガテン兄ちゃん風がたまりません。ついでに、アホな警官役のクリス・ファーレイも堪能できます。
Billy Madison -1995 アダム・サンドラーは ビリー・マジソン/一日一善/Universal
監督/タムラ・デイヴィス 脚本/ティム・ハーリヒー、アダム・サンドラー 制作/ロバート・シモンズ
父親の経営するホテルを継承するために、学校に通いなおす事になったビリー・マジソン27歳。通うのは高校はもちろん、小学校一年生から。ここでもアダムはダメ人間です。小学生相手に本気で喧嘩します。ペンギンの妄想もします。でも豪邸に住んでます。いいな、そんな生活。ちなみに、この映画の共同脚本執筆者はアダムの大学時代のルームメイト。

でも 、この映画の一番の見所はアダムより、「ぶっ殺したい奴リスト」のスティーブ・ブシェミだと思います。

Happy Gilmore -1996 俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル
監督/デニス・デューガン 脚本/ティム・ハーリヒー、アダム・サンドラー 制作/ロバート・シモンズ
日本で映画を公開する前に、一般客相手に試写会をしてその評価で公開するか否かを決める時があるのですが、私は「ハッピーギルモア」のソノ手の試写会に行ったことがあります。まわりは私を含めてOLだらけ。会場内ではそこそこ笑いは起こったものの、帰りのアンケートには「お金を払って見たいか?」。私はもちろんYESですけどね。---この映画、日本では劇場公開されていないので、サンドラー擁護委員の方はその会場にいた私以外のOL約100人をぶっ殺したい奴リストに入れましょう。

「ハッピーギルモア」でのアダムもダメダメな奴ですが、おばあちゃん思いのいい奴です。妄想癖がありますが。意地悪な養護施設のナースに、ベン・ステイラーも出演しています。「ミート・ザ・ペアレンツ」のベンも本職はナースだったけど。

「ビリーマジソン」とともにこの映画は、サンドラー擁護委員は必ず見ておかなければいけない未公開映画の名作です。 上の動画は、MTVムービーアワードで「ベストファイト賞」を受賞。このボブ・ベイカー氏は「Price is Right」というCBSのクイズ番組を30年やってる名物司会者です。