March 20, 2004

めっけた最近の画像

映画俳優(!)のファンサイトにとっては、年に一度の新作映画公開は一番の力のいれどころなわけです。

それなのに。それなのに!


アメリカでは「Fifty First Dates」が2週連続で興行成績1位でトータルでも100億円(100ミリオンドル)突破

という大ヒットなのに、なのに!

【アダム・サンドラー擁護委員会】はどうしたんだ。と、思いませんか?

私は自分自身そう思いますよ。ほぼ一ヶ月も更新がないじゃないですか。


・・・・なぜか。

実は着々とネタ拾いはしているわけです。

しかし、アダムたんに対する深すぎる愛ゆえに、

更新できないのです。

だって、画像が











クリックして拡大すると、ドリューのアバズレ振りがよくわかるよ♪

こんなんばっか。

ぶっ殺しますよ?>ドリュー

上の画像はクリックすると拡大できるので、一緒にはらわた煮えくり返しましょうよ。若人よ。

私は、勘弁して欲しいくらいドリュー・バリモアが苦手なんです。何度も言ってるけど。
別に「ウェディングシンガー」で共演したから・・・という理由ではなくって、もう昔っから。
多分ETのときから。もう生理的に駄目なんで許してください。
彼女がティーンのころにとったヌード写真見て完璧にダメになりましたよ。
そしてトム・グリーンと結婚してダメ度がピーク。

そんな女がですよ。
どれ見てもアダムたんと必要以上にくっついいている!

いや、むしろいちゃついている!


mtv2004sb-preshow.JPG
(MTV/スーパーボール2004プレショウ)

どーゆーことですかっ!!誰か私に説明してください!!!え〜ん!!!

本当にこういう画像ばっかりなんですよっ

なんでこんなにべったりしなきゃいけないのか、意味がわかりません。

こういう手の繋ぎ方ってありえんでしょうが!!!(MTV・TRL)

ええ。確かにジェラスィかもしれませんよ。んでもね、

みたいな写真って、ある意味バッカじゃないの?とも思うわけです。意味ないでしょ。
そう思いませんか?そこのお姉さん!

ちなみにこの番組は、スーパーボールの直前にMTVで放送したプレショウで、
色んな芸能人がゲームなんかをしてスーパーボールを盛り上げる・・・みたいな番組で、
アダムたんはパンツ(ズボンのほうね)を脱いで芸人根性出して、がんばってたわけですよ。
でもね、ドリューが出てくると、ずっとこんな感じでべたべた。
頭イカレてんじゃないですか、この女。
と、正直思うわけです。

「エレン・デジェネレス・ショウ」というトーク番組に
アダムたん、ロブ・シュナイダー、ドリューの3人で出演したときのこと。
エレンもコメディアンなので、昔は3人(エレン、アダム、ロブ)でよくコメディクラブで一緒にライブしたね♪もう20年近く前になるかな、なんて懐かし話してると、
ドリューがアダムたんの手握って、「私にもわかる話して〜」みたいな態度とるわけですよ。
こっちは、そのときの昔話が聞きたいっつうのに!

で、番組の最後にロデオマシーンをサーフィンに改造したもので、しょぼい耐久ゲームなんかしたりして。
ドリューがそのサーフィンマシーンから、下のマットに落ちると、あの女、自力で起き上がらないんですよ。
「アダム、助けて〜」って手伸ばして。
んで、アダムたんはどうしたと思います?
お姫様だっこですよ。テレビぶっ壊そうかと思いました。

私はそんなアダム・サンドラー37歳に問いかけたい。
「アンタ、結婚したばかりでしょうが」

ちょっと奥さん
かわいそうになりました。いろんな意味で。

当の本人、あの女に抱きつかれても内心

こんな感じかと妄想するのが精一杯です。

ドリューはね、「チャリエン」でもそうなんですが、「私たち、大のなかよしなの♪」オーラというか、
そういう態度を物凄い勢いで出すのが得意というか、
「私があのキャメロンと仲のよいドリューなのよ。ね?親友がキャメロンなのよ。
みんなでいっしょに、ラスベガスのローリングストーンズのライブ入っちゃったの。うふ。
共演者とすぐに仲良くなっちゃうあたしって天使みたい〜。」的な寄生をよくする奴で。

「もう、あたしってばこんなにルーシー・リューとも仲がいいのお。あたしってこう見えても性格いいのよお。あたしってば気さくなのお。だからお友達たくさんいるのお。」って。
人気が出るとすぐに「親戚顔」するおばちゃんみたいなもんですか。

あ〜もういや。

このままでは悲しすぎるので、最後にオトコマエな3連発

three.JPG

(スーパーボール前日NBA観戦、「50First Dates」プレミア試写会、NBAレイカーズ観戦)

ああ、ついでに書いておくと、アダムたんが当時婚約者だった奥さんに関して次のようなコメントを。

「彼女のように、やきもちを焼かない人は初めてだ。
僕が撮影(PDLのとき)で、キスシーンがあっても、ベッドシーンがあっても、
彼女は全然平気で撮影現場に居た。
こんなガールフレンドは初めて。
いつも、「あんなシーンはするのやめて!」というガールフレンドばかりだった。
彼女は逆に”だって撮影でしょ?なんで嫉妬しなきゃいけないの”って言っているくらいだ。」

ということなんで、やきもちをやいちゃいけないよ!>D姐
涙を拭いなよ!>D姐
と自分で自分に言い聞かせてみるんですが。


失礼いたしました。

Posted by Dane at March 20, 2004 12:31 PM
Navigation
トップ掲示板
Sponsored Link
カテゴリー別記事

月別過去ログ


Amazon.co.jp アソシエイト