January 28, 2003

◆F・ウルフ said...C・ファーレイ

farley.jpg「Live from New York」からクリス・ファーレイに関してのお話です。

フレッド・ウルフ(脚本家)
クリス・ファーレイはSNL関係者のある女性と付き合っていた。彼女は、本当に賢くてかわいく、ファーレイは相当彼女に惚れていた。でも、彼女はファーレイの行動に我慢できなくなって、別れてしまった。それから彼女は、スティーブ・マーティンとデートをし始めた。

ある日ファーレイが、僕のところにやってきて、「フレッド、彼女が誰か別の奴と付き合っていると聞いたんだ。何か知っていることを教えてくれないか?」と聞いてきた。誰もクリス・ファーレイに他の誰かと元彼女が付き合ってるなんて、言いたくないだろう。ましてや相手はスティーブ・マーティンだ。だから、こう言った。「ええっと、聞いたことが無いな。知らないよ。」するとファーレイは、「彼女には別の男が居るって知ってるんだ。誰なんだか教えろよ。」と言った。僕は答えた。「僕はそういう問題の中に巻き込まれたくないんだ。」

ファーレイが言った。「彼女は、僕よりかっこいい人と出会ったのかもしれない。僕より、お金持ちの奴と出会ったのかもしれない。(それならしょうがないが)彼女が、僕より面白い奴と付き合うことは許せない。」だから僕は、彼に真実を伝えることができなかった。フォーレイの失恋はハットトリックだった。スティーブ・マーティンは、お金持ちでかっこよく、その上ファーレイより面白かった。

いい話だなあ‥。「お笑いバカ一代」なクリスらしいエピソードで。
ファーレイの行動、というのは多分ドラッグ関係のことだと思います。この脚本家F・ウルフは、クリス・ファーレイと親しかった人物なので、”その上ファーレイより面白かった”と言っても悪口を言っているわけではありませんので。
ちなみに、F・ウルフはSNLを去った後、ファーレイ主演「ブラックシープ」、N・マクドナルド主演「ダーティワーク」、デイビッド・スペイド主演「ジョー・ダート」の脚本を執筆し、「リトル・ニッキー」でもチョイ役で出演しています。

フレッド・ウルフ
ファーレイは、(スタジオのある)ロックフェラーセンターの17階の窓からケツを出して、うんこをしたことがある。別のときは、女性脚本家も居た20〜25人の脚本家が会議している部屋に裸でやってきた。彼はチ○コを太ももではさんで隠しながら、「羊たちの沈黙」のバッファロー・ビルをやっていた。またある時は、ケツの穴にゴルフクラブを7,8センチ無理やり突っ込んで、ゴルフクラブを引き抜いたかと思ったら、それを舐めまわし始めた

ドラッグだけじゃなくて、こういう行動も嫌だったのかも。笑えるけど、自分の彼氏だったら、普通は引くよね。

Posted by Dane at 05:26 PM | Comments (0) | TrackBack

◆Live From New York

cover.jpg
昨年の秋頃、アメリカで「Live From New York 〜An Unccensored History of Saturday Night Live as Told by its Stars, Writers and Guests〜」なるおよそ600ページにも及ぶ本が発売されました。
この「LFNY」は、副題(出演者、脚本家、ゲスト達が語る”無修正・無検閲”のサタデー・ナイト・ライブの歴史)にもあるように、75年から放送が始まったNBC「サタデーナイトライブ」の赤裸々な歴史が語られています。

二人の筆者トム・シェイルズ(ワシントンポストに掲載されたテレビ批評でピュリツァー賞受賞者)とジェイムズ・アンドリュー・ミラー(ベイカー上院議員の秘書を長年務め、現在は映画・テレビのプロジェクトに携わったり、コラムニストとしても活躍。オックスフォード大卒、ハーバード大学院でMBA取得)により編集されたキャスト達の回語録で、当時の「Sex, Drug and Comedy」な様子がナマ生しく書かれている部分や、出演者同士の確執、人気プレイヤーへの妬み、カリスマ的存在のエグゼクティブ・プロデューサー・ローン・マイケルズへの思い、恨みを含めたどろどろの人間模様が事細かに記載されています。

確かに、「サタデーナイトライブ」にレギュラーになることは、現在ではそれだけで成功したコメディアンの一員になったといえるかもしれませんが、放送28年の歴史の中には、消えていったり、その後成功してもSNLではパッとしなかった(ベン・ステイラーのような)人もいるし、そういった当時のSNLの人気度や存在感などを考慮に入れながら読むと、なおさらその時の様子が目に浮かんでくるようです。

とはいえ、このLFNYは"Uncensored"(無修正・無検閲)と銘打っているものの、インタビューをされたキャスト自身がさすがに"Censored"(検閲済み=全てを語っていない)しながら語っているのでは?といった書評もあったりするのですが、まあ、これ以上喋ったら、今後の芸能活動に差し障りがあるだろうから、この程度のトークで当然、と思わせるほど、壮絶な楽屋話満載です。確かに、SNLに関しては25周年で特集番組が組まれたり、いろいろと情報も流れているので、「こんなに凄いとは思わなかった!」とまではいきませんが。
ただ、現在は生存していないスター達、ジョン・ベルーシ(オーバードーズ)、ジルダ・ランダー(癌で死亡)、フィル・ハートマン(妻に射殺される)、クリス・ファーレイ(オーバードーズ)に関しては、周りの人々も饒舌だったりします。

では、この本のカバーにもある内容の一部をちょっと紹介。

クリス・ロック
クリスという名前の男が二人、同じ日にSNLに雇われて、同じ楽屋を共有した。いいかい?一人は黒人でBed-Stuyの出身。もう一人は、白人で、ウィスコンシン州のマジソン出身。では‥どっちの男がこの後オーバードーズ(ドラッグの過剰摂取)になると思う?

トム・ハンクス
(本番直前は)発射されるドでかいロケットに乗りこむように、それは本当にわくわくした気分になる瞬間だ。月に行けるのか、木っ端微塵になるかわからない発射のカウントダウンを待つようなものだ。

ダン・エイクロイド
俺がレギュラーだった頃の着替え部屋は、性的目的のためによくつかわれていたよ。でも、みんな真剣な付き合いなんかじゃなかった。

チェビー・チェイス
なにか面白いことを言わなきゃいけないってわかっていた。そこで口をついて出てきたのが「Good Evening. I'm Chevy Chase, and you're not.」さ。

アダム・サンドラー
未だに自分がレギュラーをクビになったのかどうかもわからない。ある日突然、番組に出ないことになったんだ。

チェリ・オッテリ(Female・90年代後半の出演者)
ある時、脚本家と口論になった。もう取っ組み合いの喧嘩という感じだった。その後部屋を出ると、ビル・マーレイが立っていた。翌日のリハーサルでビルの横に座って「本当にごめんなさい。みっともないところを聞かせてしまって」と言ったら、「チェリ、僕は里帰りした気分になったよ」とビルは言った。

‥といった具合です。なんせ600ページもあるので、85年から95年の私が一番馴染み深い時代を拾い読みしている程度ですが、ちょっとばっかり面白いところは紹介して行こうかなあ、と思っております。

Posted by Dane at 06:08 AM | Comments (2) | TrackBack

January 24, 2003

◆GGの席順

日本に先日のゴールデングローブ賞の放送を録画したものを持ってきたので、席順を確認しました。

アダムアニキが座っていたのは、U2の二人、エルトン・ジョン、ジュード・ロウ(プレゼンター)というヨーロッパ勢と、これまたプレゼンターで参加しためちゃめちゃハイテンションのシャロン・ストーンと同じテーブルですた。

シャロン・ストーンが居なければジュード・ロウも「ヘイ・ジュード」ということでミュージシャンとして分類されたと納得したのですが、やっぱりその他大勢席ですね。

どうでもいいこと書いてすみません。ちなみに、「Mr.Deeds」ではU2の曲も挿入歌として使われてたような気がする。

Posted by Dane at 04:51 AM | Comments (0) | TrackBack

January 23, 2003

◆アンガーマネージメント・ポスター

公式に「アンガーマネージメント」のワンシートがあがってたので、貼っておきます。クリックすると大きめの画像が見れます。いいアートワークですね。いいな、ジャック。アダムたんと鼻くっつけてて。

私の映画感想はコチラ

ストーリーは、臆病者のビジネスマン(アダムたん)が、「アンガーマネージメント」(怒りを抑える治療)を受けることを裁判所から宣告され、スーパーアグレッシブなカウンセラー(ジャック・ニコルソン)から、泊り込みで指導され‥といった話のようです。共演はマリサ・トメイなど。

この画像をみると、公開日は4月11日になってるので、当初よりかなり前倒しになったみたいですね。オスカー発表直後の勢いに乗ってしまおうという魂胆でしょうか。

Posted by Dane at 04:16 AM

◆オペラマン

ハイ、では第2問目。SNLの有名なキャラクターで、NY同時テロ復興チャリティでもこのキャラクターでマジソンスクエアガーデン(確か)に登場した「オペラマン」に関する問題。

【質問】SNLのオペラマンで、オペラマンの兄役の俳優は誰?その兄の妻役は誰?(難易度)★★★☆☆

<ヒント>兄役は元SNLのレギュラーでアダム・サンドラーの映画でもおなじみの人。妻役はブロードウェイでも活躍する女優。兄役は簡単っすね。
ちなみに、この画像を今わたしの携帯の待ち受けにしてます。恥ずかしいので、死んでも置き忘れとかしたくない。http://abcdane.net/AS/BBS/ope.gif

Posted by Dane at 02:15 AM | Comments (0) | TrackBack

January 20, 2003

◆セレブリティ・デスマッチ

toronto2.gif思いつきで新コーナーを作ってみました。その名は「クイズ!カルト・アニキ」。アニキのマニアックな問題に答えてください。解答は、commentの中に書いておきます。今までの「アダム・サンドラー擁護委員会」に掲載した復習問題から、未掲載の新情報まで。果たして、こんなことまでして、私に何のメリットがあるというのでしょうか?そして、答える人のメリットは?
---そういうこと考えちゃダメです。
では、記念すべき第一問目。

【質問】MTVセレブリティ・デスマッチでアダム・サンドラーと戦ったのは誰(難易度)★★★★☆

ま、第一問目で難易度も何もないのですが。

Posted by Dane at 06:49 PM

◆ゴールデングローブ報告

tux.jpg日本在住のアニキ擁護委員の皆さん、日本ではゴールデングローブ賞は放送されないし、ファッションポリスも翌日以降の放送だと思うし(アメリカでもGGの翌日放送)、Yahoo!のフォトギャラリーにもアニキの姿は載ってないし‥ということで、「本当にアニキはGG会場に現れていたのか?」とやきもきされていた方もいらっしゃるでしょう。‥アニキは会場に来ていました
ええ、居ましたとも。しかし、テレビ中継を見ている限り、放送時間の3時間の間にアニキが移ったのは6回ほど。時間にして8秒程度です。うえ〜ん。

GGはホテルの披露宴会場のようなところで、まさに披露宴のように円卓を囲んで各映画、テレビのキャスト、スタッフが同じテーブルに着く中、授賞式が行われます。しかし、映画「パンチドランクラブ」からのノミネートはアニキ一人。作品賞関連にもノミネートされていないので、制作側も招待されていないでしょう。私の不安は「アニキは誰と座っているのだろう?その他大勢席?まさか厨房?(厨房なら、もちろん丸イス)」という事でした。

アニキが淋しい思い、居心地が悪い思いをしているのではないかと心配する中、放送から1時間半経ってアニキのアップは2回で2秒。アップなので、隣に誰が座っているのかも確認できず。そして主題歌賞の発表。ウィナーはU2。受賞の為、ステージへ向かうボーノとエッジ。その横に映ったのが、我等がアニキ、アダム・サンドラー!しかも、座席が詰まっているため、受賞者でもないのに席を立ってエッジに通り道を作るアニキ!心の中で「アニキ!優しすぎるよ!つうか、邪魔なのか?!」って叫びましたよ。

坂本龍一がオスカーを受賞した時に、同時受賞した別の人に思わず道譲っちゃったのを思い出しました。「アダム兄さんは、もっとビッグなはず。嫌、ビッグだからこそ道を譲るんだ」って自分に言い聞かせましたよ。ただ坂本龍一と違うのは、アダム兄さんは受賞しちゃいないって事なんですけどね。

そしてCMへ。なごやかなムードの中、出席者を映し出すカメラ。「こういう髪型の時こそ、無精ヒゲだろ!」って感じのロン毛の今日に限ってヒゲを剃っているブラッド・ピットがプロデューサーと談笑。‥と、思ったらアニキの後姿でした。「後でサインくれ」とかお願いしてないよね?アニキ。

アニキが今回最長、といっても2.3秒程度アップになったのは、ジャック・ニコルソンが最優秀主演男優賞を獲った時の喜ぶアニキのはじける笑顔でした。輝いてたぜ、アニキ。来年はプレゼンター狙おうよ。500万相当の記念品もらえるらしいし。それも厳しいな。

ちなみに上の画像は、カンヌの時のもので、今日のGGの姿ではありません。探しても画像なかったし。まあ、こんな感じです。やっぱりタキシードに眼鏡クンだったし。ビデオ撮ったんで、いつか上げます。E!のファッション投票の候補にもなってないから、組織票もできやしない。

常にアニキに注目していた3時間の放送でしたが、それでも気になったのはルネー・セルヴィガーの立ち居振る舞いというか挙動不審というか。元々変わったコでしたが、今日は特に。ハイ、もしくは医学的治療が必要そうとも見受けられ、シャリー・マクレーンと会話している風景も放送されていましたが、乗移った時の体験談でも話していたのでしょうか。

受賞後のトークがかっこよかったのは、クリス・クーパーリチャード・ギア、sex and the cityアマンダ役のキム・キャトラル。「私がこの賞を撮る為に、どれだけの男と寝たのか想像できないでしょう」って。もちろん、ジャック・ニコルソンジーン・ハックマンドナルド・サザーランドも。この辺の人達はもらいなれてるしね。メリル・ストリープは「まさかアタシが」がわざとらしくて、ちょっとがっくししたけど、今思えばニコール・キッドマンの「またアタシか」顔に比べれば、可愛かったかも。

あと、レッド・カーペットでコリン・ファレルと受賞式でボーノが「ふわっきん」って言っとりました。しょうがないねえ、アイリッシュ。リチャード・ギアも「がっでむ」ゆうて、音声消されてましたが。ガンドルフィーニは熊五郎通り越して「だまし絵」みたいになってましたね。それと、ロビン・ウィリアムスの娘さんはかわいい!是非モー娘。に入って欲しい。それにしても、お父さんがロビン・ウィリアムスっていいなあ。

Posted by Dane at 12:21 AM | Comments (4) | TrackBack

January 18, 2003

◇こうなりゃ上半身も!

pip.jpgテストも受かったし、明日はアニキの晴れ舞台=ゴールデングローブの授賞式があるので、お祝いに「ビーチク画像」を。クリックして、右ビーチクに注目!

明日のGGは出席するよね?やっぱり、タキシードかね?アニキのタキシード姿は、俳優というよりも映画会社の重役さんorプロデューサーに見えるので、あんまり好きじゃないけど。特に眼鏡かけてるとね。

一応、日本語のゴールデングローブノミネートリストのリンクを張っておきます。「Flix」です。えっと、アダムたんは顔写真も載ってません。謹んで「ふぁっく」って言葉を捧げます。くそ〜、ここの編集やってる奴、きっとパンチドランク見てないくせに!(勝手な予想)

ここのページの写真で、「熊五郎賞ノミネート」かと思ったら「監督賞」でした。いつのまに、スパイク・ジョーンズってば、熊五郎になったんだか。

Posted by Dane at 12:37 PM | Comments (5) | TrackBack

◆アニキのアニキ

happy.jpgいつもお世話になっているWhatfatのhachiさん(1/16参照)から、お年玉をもらっちゃいました♪そのブツとは、左の画像。

極一部でアングラ的に話題になっていた「”ハッピーギルモア”で、アニキのアニキが一緒にスゥイングしている」噂の証拠写真であります。いや〜ん♪あえて、ここでは画像をちっさくしてますので、さらにご確認されたい方は、画像をクリックしてねん。

「左派」ということを見届けた上で、あなたのPCの壁紙にするもよし、心の眼で透視するもよし、ビデオ屋に駆け込んでさらにスロー再生で確認するもよし、ご自由にお楽しみください。hachiさん、ありがと〜!

▼プロゴルファー・ギル(Happy Gilmore)

Posted by Dane at 12:07 AM | Comments (7)

January 17, 2003

◆SNLの動画集

jeopardy.jpg以前ジミー・ファロンがアダムアニキの真似をしているということで紹介した▼SNLのジャパディ(クイズ番組)のパロディの動画集です。このシリーズを全部私は見ていますが、あんまりにも動画が重くて、このサイト上の動画は確認してません。

リンク先の小さい画像から判断できるのは、上一番左は、トビー・マグワイヤがマトリックスのキアヌ・リーブスの真似をしてる回(ヒラリー・スワンク by ジミー・ファロン)、2番目が、ロビン・ウィリアムスの真似をしているジミー・ファロン。3番目がジェリー・ルイス by マーティン・ショート。4番目がジョン・グッドマン扮するマーロン・ブランドー。

中段が左から、マシュー・ペリー扮するマイケル・キートン、デビッド・デュカプニー扮するジェフ・ゴールドブラム、3番目がトム・クルーズ by ベン・ステイラー(アニキ by ジミー)、4番目がカリスタ・フロックハート扮するドリュー・バリモアとジミーのニコラス・ケイジ。(間違えてたらごめん)

デビッド・デュカプニーが一番面白いかな?ベンのトムちんも似てるけど、あまり受けてない。トビーは見ていて辛くなります。

他にレギュラーで、革ジャンの人が、ノーム・マクドナルド扮するバート・レイノルズ、白髪がダレル・ハモンド扮するショーン・コネリー。ゲストのモノマネがつまらなくても、この二人はいつも笑える。レイノルズもコネリーも大して似ていないんだけど、「バカキャラ」と「エロおやじキャラ」が出来上がっていて。

「ジャパティ」も面白いのですが、元ネタの司会者アレックスを知らないと、ブチキレするウィル・フェレルが面白くないので、同じページの下にあるスケッチもオススメです。

まあ、画像をみればわかりますが、ザ・ロックも出てますね。ブッシュとゴアの大統領選ディベートも傑作だけど、ジミー・ファロンの人気キャラクターだったコンピュータオタク(会社のIT担当)「ニック・バーンズ」も面白いですよ。ジミーにはこの路線でずっと行って欲しかった。

英語が苦手な人には、青いシャツ着てるスケッチがおすすめ。キャメロン・ディアズ出演で子供番組のパロディです。彼女はこういうのやらせると、本当うまいね。

▼SNLジャパディ動画集
▼SNL出演者(現在のレギュラーではないですが、この動画に登場している出演者は、ノーム・マクドナルドとモリー・シャノン以外は掲載されていると思いますのでご参考まで)

Posted by Dane at 01:32 AM

January 16, 2003

◆アニキ戦略追跡レポ1

JSG1.gif掲示板でがるさんにタレこんでいただいた「Allabout Japan」のアニキ・マーケティングがらみの記事です。掲示板のほうで、いろいろ突っ込んでおいたので、そちらも参照していただければ。

この記事の中に〜ジョージアのCM「ナンデーモ・カンパニー」の浜田社長を演じるダウンタウンの浜ちゃんとかサッカーの中山(ゴン)雅史選手が、まさに日本のアニキ代表といえるでしょう。〜という記述がありますが、それは間違いです。本当のニッポンのアニキ代表はこの人達です。(こつ氏タレコミ)
つうかね、ウィノナがアニキの心をゲットする手段ってのはネタバレだと思うんだよ>Allabout2ページ目

画像は「アニキ戦略ってのは、いかがなものかと。」と悩ましげな表情のアニキでした。。

Posted by Dane at 11:43 AM | Comments (7)

◇相互リンク第1号

芋 in Empire
R指定の鬼・ジョン・レグイザモのファンサイトを運営されていた芋子さんが、サイトを復活されました。
タイトルは「ムダイテキスト」です。今回のサイトは、芋を愛しつつもテキスト系のサイトのようで今後ますます楽しみです。(「こまわり」の画像、笑った)

芋といえば、「ハリウッドのVシネ」と賞賛された(←褒めてる)映画「エンパイア」に主演。Vシネといえば、竹内力アニキです。(そのへんの詳細は「ムダイテキスト」で)
ということで、無理やり感はありますが、「相互リンク・アニキ部門」にカテゴライズさせていただきました。うちのアニキより、芋のほうがよっぽどフンドシ似合うと思うしさ。

▼ムダイテキスト
みんなで芋アニキのところに、あいさつ回りに行こー!!!

Posted by Dane at 11:22 AM | Comments (4)

January 15, 2003

◆トップタイトルバナーの写真

pip.JPG
まずこのIMDBにある写真をごらんください。

私が「アダム・サンドラー擁護委員会」のトップタイトルに使ってる画像と同じですが、反転してますよね?
実はIMDBのほうが間違ってるんですよ。これは「Airheads(ハードロックハイジャック)」という映画のピップ役のアダム・サンドラーですが、映画の中では、ピップは右手に白いリストバンド、左手に黒いブレスレットをしているんです。このIMDBの画像だと、逆でしょう?まあ、こういう間違いはたまにありますが。

しかし!私がこの間違いに気がついたのは、リストバンドの所為ではありません!アダムたんのホクロの位置です!彼は左頬のにホクロが2つあるんです。それがIMDBの画像だと右頬についてるじゃ〜ありませんか。なんとまあ!

・・・と、自分のヲタっぷりを告白してみますた。自分でも嫌になります。
私もこのトップタイトルを作る為に、画像を拡大加工してIMDBの画像が間違えていることに初めて気がついたんですけどね。「擁護の辞」では、反転したままで気がつかなかったし。あと、彼は左右の耳の形も激しく違うので、それでも見分けられます。役に立たない一口メモですが。

左上の写真も「ハードロックハイジャック」から。約9年前、28歳のときのアニキ。
それにしても若っ!一番ワルイことしてた頃かね。

Posted by Dane at 12:30 PM | Comments (10)

◇もしも私がタモリ・ファンだったら

toronto1.gifいやね、最近アダム・サンドラーのファンで本当よかったなあ、と思うんですよ。今年はたまたま主演映画が3本公開されたけど、基本的には年に映画1本とその前後でプロモーション活動でテレビ出るぐらいの人ですから。

これがもし、私がタモリファンで「タモさん擁護委員会」なんてサイト作ってたら大変でしたよ、今頃。
「タモリ倶楽部」はもちろん、毎日毎日「いいとも」チェックしなきゃいけないし、見たくも無い「Mステ」見て、「またタモさん、ゲストの話聞いてない〜。でもそれがキュート♪」とか言うてただろうし。

サンドラーつながりで、ロブ・シュナイダーやデビッド・スペイドなんかをチェックしているように、「タモさん擁護委員会」だったら、赤塚不二夫、坂田明とかチェックしだして、ミジンコとか買い始めてたかもしれないし、和田誠つながりで、「平野レミがつくる料理は本当においしいのか?」って試食コーナー作ってたかもしれない。そうなりゃ息子のトライセラトップス・ファンにもなってたかもしれない。

それに「タモさん擁護委員会」だとしたら「4ヶ国語麻雀」全日本語訳とかやらなきゃいけないだろうし。掲示板には「タモリってなんだかんだ言って、ハゲだろ?」って荒らしが大量に押し寄せて、泣きながら「タモさんはハゲてないもん!被ってるだけだもん!」とかレスしなきゃいけないんだろうな。
で、ちょっとした楽しみが「いつかタモさんに会ったら、前に一度も会った事も無いし髪切ってもいなのに”あれ?髪切った?”って言われたい。ハァハァ」と妄想することぐらい。

私がタモさんのファンだったら、ファン・サイトなんか作ってらんなかったね。体もたないよ。
本当、アダムたんファンでよかった。アニキに一生ついていくわ。

Posted by Dane at 11:40 AM | Comments (9)

January 14, 2003

◆相互リンク大募集中!

white.jpgピーター・パーカーが「This is my gift, this is my curse... I'm Spider-man!」と悟ったように、私にも「アダム・サンドラー擁護委員」として、なにか使命があるのではないか、と考えた。自分のHPだけで、ぶつくさと擁護をしているだけではいけない、ファンサイトを運営している以上、ファンを増やす事が私の使命だ。否、それは擁護委員長としての呪い(Curse)でもある。

‥と思い、手っ取り早くファンを増やす方法→サイトの閲覧者を増やす→う〜んっと、相互リンクをする!と考え付きました。
ということで、「アダム・サンドラー擁護委員会★相互リンク大募集開始!!」のお知らせです。

といっても、条件がございます。ここはやはり、擁護委員長として、アダム・サンドラーファン増加にメリットがあることが条件にしたいと思います。次にあげる条件を1つでも満たすサイトをお持ちの管理人様、是非ともご連絡ください。

1. アニキなサイト
アダム・サンドラーが日本でのマーケティング戦略を「アニキ路線」に変更した以上、わたくしもこの新戦略推進にお役に立てればこれ幸いです。”ハリウッド一のアニキ”の呼び声高いアダム・サンドラー36歳。青田買いをするなら、今しかありません。田中邦衛を彷彿とさせる髪型のアダムたんを是非とも貴方のモノにして下さい。
また、「激しくフンドシ」なサイトを運営されている方も相互リンクをご検討いただければと存じます。「アダムたんフンドシアイコラwithみなぎる汗」のような企画をされるようであれば、画像探しのお手伝いもいたします。

2.ポエマーなサイト
新作「Mr.Deeds」でアダムの役どころは、「ホールマーク」のグリーティングカードの詩を書くことを夢見るロマンツック(ロマンティックではない)な独身中年男性です。ご自分のサイトで、ロマンツックなポエムをお書きの貴方、「アダム・サンドラー擁護委員会」と相互リンクしてみませんか?35歳以上独身でポエムをお書きの方、または自称ロマンツック・ポエマーな方(詩人=Poetではない)、今がチャンスです。川越街道沿い「ハンサムラーメン」でのオフ会もご招待させていただきます。妄想気味なポエムであればあるほど、歓迎いたします。
”36歳でマ○○ー○ー○ョ○にも厭きたので、他の趣味を持とうかと思って、サーフィンを始めた”というアダム・サンドラーのような素敵な貴方との出会いを心よりお待ちしています。

3.「コスモポリタン」読者の多い女性サイト
一応ファッション誌のカテゴリーに属し、相当な発行部数がある人気雑誌にもかかわらず、自己紹介で「私が愛読している雑誌は”コスモポリンタン”でっす♪」ということを聞いた事がない奇妙な雑誌「コスモポリタン」。ハリウッドスターが表紙を飾ったりしてオサレなつくりにもかかわらず、かならずエロ特集がある不思議な雑誌「コスモポリタン」。
そんな「コスモポリタン」を購読している後ろめたさって、「アダム・サンドラーファン」と共通していませんか?一緒に後ろめたさを謳歌しましょう。ウチはエロネタ大歓迎です。私は「コスモポリタン」読者じゃないですけどね。ええ、決して。

4.アクセス数の多いサイト
「数打ちゃ、当たる」は古から言い伝えられる普遍の論理。「アダム・サンドラー擁護委員会」のアクセス数の100倍以上のサイトを運営されている方、ご連絡ください。喜んで相互リンクいたします。そりゃもう、喜んで。

以上です。
これら1〜4までのいずれかの条件を満たすサイトをお持ちの方、当サイトとの相互リンクを今すぐご検討願います。

サイトを持っていない方でも、「こんなサイトと相互リンクしたらいいのでは?」というアイデアがあれば、是非お聞かせください。
また、上記の条件を満たしてないサイトでも、「ウチのサイトなら、アダム・サンドラーファン増加にこんなメリットがある」というこじつけ理由がございましたら、その旨明記していただければ、検討後ご連絡申し上げます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

---アダム・サンドラー擁護委員会 D姐

P.S.
これはあくまでも「アダム・サンドラー擁護委員会」サイトの話です。「ABC振興会」は募集してませんので。ご連絡お待ちしてます〜♪
私って本当、アダムたん思いのいい奴だな。

追記)無駄に『相互』っちゅー文字がビカビカしたアイコンを作ってくださる方も募集します。ビカビカ具合は貴方のセンス次第!採用させていただいた場合は、これまたハンサムラーメン・オフ会ご招待のビッグチャ〜ンス!!

Posted by Dane at 12:26 AM | Comments (12) | TrackBack

January 13, 2003

◆The People's Choice Awards

doyo.jpg昨日CBSで「The People's Choice Awards」の授賞式の模様が放送されました。
今年は、Yahoo!のスライドショーを見てもわかるように「My Big Fat Greek Wedding」が主役という感じですね。まあ、トム・ハンクスがプロデュースしていなかったら、ここまで華はなかったでしょうけど。

‥と、なぜこの話が「アダム・サンドラー擁護委員会」に?「グリーク」が大活躍のように見えますが、結局獲った賞は「コメディ映画」のひとつだけ。その「コメディ映画部門」の候補に「Mr.Deeds」がなっていたからです。もうひとつの候補作品は「バーバーショップ」でした。「バーバーショップ」と「グリーク」なんて面白い映画と肩を並べられただけでもよかったというか。

ちなみに「The People's Choice Awards 2000」の最優秀コメディ映画は「Big Daddy」で"Favorite Motion Picture Star in a Comedy"は、アダム・サンドラーだったんだけどね。(今年からこのカテゴリーはなくなった模様)

▼The People's Choice Awards 候補作と受賞作一覧

Posted by Dane at 10:54 AM | Comments (4)

January 12, 2003

◆インタビュー@WOWOW&コメセン

SKIPさんに「WOWOW」でアダムたんのインタビュー放送中!とタレこんでもらいましたので、その情報を。

再放送が結構あるみたいなので見逃した方はコチラの番組表で放送日時を確認できます。動画も来月5日にはWOWであがりそうなので、WOWOWのこのページをチェックしましょう。私はアメリカ在住なんでWOWOW見れないんで動画があがるまで待つ事にします。楽しみ。

待ちきれない人はコチラのコメディセントラルのインタビューを。前にアメリカで「MR.Deeds」が公開されたときのインタビューを紹介しましたが、こちらはもっと古くて、「リトル・ニッキー」の頃のものです。相手が古くからの知り合いのジョン・スチュワートなので、インタビューというよりは雑談になっちゃってますけどね。

Posted by Dane at 02:41 PM | Comments (4)

◇GO! GO! JETS

NFLプレーオフのNY JETS VS. OAKLAND RAIDERSの試合が間もなく始まります。
ウチの地元にはNFLとMLBのチームがあるのですが、野球は糞チームで応援する気にもならなかったけど、フットボールは凄く応援していて、後少しでだったのにこのRAIDERSに負けてプレーオフ進出はなりませんでした。(負けたのはこの試合を観戦に行った私のせいかも)

で、今日からにわかJETSファンになりますた。JETSはアダムたんのごひいきチームでもあるしね。愛情の裏返しで「Mr.Deeds」ではギャグに使っているけど。

ところで、さっきSF 49ers vs Tampa Bay Buccaneers の試合も終わりました。こちらは応援していたチームが勝ったのでいい感じ。
あ〜まじで、JETSに勝って欲しい。(本当はウチの地元NFLチームは、JETSにも負けたから応援したくないけど、RAIDERSよりマシ)

・・・というわけで、今日はテレビ観戦で忙しいです。(結局は更新しない言い訳)

Posted by Dane at 01:46 PM | Comments (4)

January 11, 2003

◆「Mr.ディーズ」でアニキ路線へ!

tongue.jpg配給元のソニーピクチャーズエンタテーメントのニュースレターにあった「Mr.ディーズ」に関する記述を紹介

☆2月公開「Mr.ディーズ」の賑やかサイトオープン!僕らのアニキ、アダム・サンドラーが帰って来た!ハートフルなコメディはお手のもの。またもアメリカで初登場第1位を記録した堂々の自信作が日本上陸。映画の賑やかさが新オープンの公式サイトに炸裂!ジョン・タトゥーロ扮する執事がしょっちゅう顔を出します。映画に詳しい方はご存知だと思いますが、往年のフランク・キャプラ監督の名作「オペラハット」(主演ゲイリー・クーパー、ジーン・アーサー)の、これはリメイク作品なのです。ヒロインには最近ちょっとお騒がせ、でも女優として素晴らしい個性を毎回発揮するウィノナ・ライダー。極上のハートフル・エンタテインメントをご覧頂けるのももうすぐです。公開まではこちらのサイトでお楽しみ下さい。
http://www.mrdeeds.jp/

いつから僕らのアニキになったんでしょうか。教えてください。「僕ら」で「アニキ」なんて弁解の余地なく花園系じゃないですか。もう、アダムたんがふんどし姿になってる絵しか想像できないっす。んっと、アメリカでは確かに男のファンが多いと思うけど、日本じゃ映画館に女性客がこないと当たらないでしょう。過去の日本公開主演作4本で、もう「アダム・サンドラーに女ファンはできない」と悟ったのか。・・それ、正解

それなのに「ハートフル」が2回も使われていて「アニキ路線」と「ハートフル路線」の共存をさせなければいけないパブリシティ担当者の苦悩が伺えます。

果たしてこの「アニキ・マーケティング」、吉と出るか凶と出るか

▼映画「Mr.Deeds」感想へのリンク

Posted by Dane at 08:35 AM | Comments (19)

January 10, 2003

◇祝・一週間

1月3日に「アダム・サンドラー擁護委員会」をリニューアルしてから、一週間がたちました。その間、毎日更新したですよ。自分で自分を褒めてあげたいね。

この「アダム・サンドラー擁護委員会」って、一応ABC振興会とは別サイトっぽい作りになっているのに、ABCのトップで更新情報も載せちゃったりしてるわけです。それに関しては、「アダム・サンドラーなんかどうでもいいよ。つうか、糞」とか思ってる人もいるんだろうな、と自分のHPなのに肩身が狭い思いをしながら、ABCのトップに更新情報を書いているんです。

だけど、気がつきました。私がよくいくニュースサイトとかでも、私には、必要ないエロゲーとか萌え絵とかファミコンなんかの情報が載ってるわけだし。私も、好きなこと堂々と更新しよう!っと思ったわけです。ていうか「アダム・サンドラー擁護委員会」はエロゲー/萌え絵的存在なのか。ま、当たらずも遠からず。

ということで、このページは、ABCトップに更新情報を書いてなくても更新されている可能性が高いので、こまめにチェックしてもらえると嬉しいです。って、やっぱりABCトップに更新情報書くのが気が引けるようだ。

Posted by Dane at 09:34 AM

◆マイカーは改造車?

アメリカ発三面記事でお伝えした「SUVはテロ支援の意見広告」の記事関連で見つけたのですが、Becker Automotive Designによると、この会社で自分の車をよりパワフルに改造したセレブリティの一人にアダム・サンドラーの名前が挙がっています。

サンドラーの他には、バーブラ・ストライサンド、ウーピー・ゴールドバーグ、ジェーン・フォンダ、ジェリー・サインフィールド、チャーリー・シーン、ウィル・スミス、デンゼル・ワシントン、シェール、シルベスター・スタローン、ベン・アフレック、マイケル・ジャクソン、マイケル・ダグラス、エディ・マーフィー。

自分の車、といってもSUVに限らず、リムジンも含まれているようですが。
なんかこうなってくると「赤狩り」ですね。いいじゃん、好きな車乗れば。乗らしてあげようよ。みんなセレブなんだから。

前にキャディラック乗ってるっていうのをどっかで見た記憶があるんだけどね。(しかもリース。税金対策か)

Posted by Dane at 09:23 AM | Comments (5)

January 09, 2003

◇究極の紅茶

アメリカ発三面記事のネタを漁っていたら、「英国人科学者、≪究極の紅茶≫を探求」という記事を見つけ、急に紅茶が飲みたくなり朝6時から紅茶づくりにいそしんだわけです。(ダンナは出勤前にスポーツジムに行くので、既にお出かけ済み)

敵(英国人科学者=山岡士郎)はシンプルイズベストな紅茶で臨むと予想されたので(完全に脳内バトルモード)、「んじゃ、私はスパイシーで薫り高い「チャイ」を作るべ」と芸術至上主義のプチ海原雄山を目指したわけです。(「チャイ」なんて、私オサレ)

しかし、実はウチにはやかんが無く、ホーローの小鍋でお湯を沸かすというのが「美味しんぼ」のそれと違うところ。本当は銅製のやかんに備長炭でお湯を沸かしたかったけど。

やかんは無くても一応スパイスだけは30種類以上持っているので、ネットでどんなスパイスのブレンドがいいか探したんだけど、うまく見つからない。しょうがないのでインスタントのチャイの裏面に書いてある成分表示を見ながら調合を始めてみた。気分は中村屋のラーメン

と、突然、けたたましいサイレンの音が!戦争勃発か!防空壕に隠れなきゃ!と思って慌てて部屋を飛び出すと、キッチンから焦げた臭いが。火災報知機の音だ!小鍋を火にかけてたの忘れてた!
あやうくウチを燃やすところでした。前日、揚げ物を作ってたので、その残りの油をそのままにして、小鍋のそばに置いておいてあったら・・・

で、さっきゴミ出しに家を出たら、近所の人に「朝っぱらから、サイレンが鳴ってなかった?お陰で目が覚めちゃったわよ」と話しかけられた。ま、私も「そうよね~。なんの音だったのかしら」と、とぼけたのは言うまでもないですが。

Posted by Dane at 07:24 AM

◆「サブウェイ」でクーポン使う

cigger.gifあるタブロイド誌で「アダム・サンドラーがLAにある"サブウェイ"に来店。サンドイッチを1つ買うともう1つ無料サービスの"クーポン"で、ツナサンドイッチを買った。

・・という記事が掲載され、その件に関して「クレイグ・キルボーン・ショウ」でことの真相をインタビューされた。アダムは、「目の前でサンドイッチを作るのを見るのが好きなのでサブウェイには良く行くよ」と答えたが、「本当にクーポンを使ったのか」に関しては、「ひとつ間違いがある。僕が買ったのは、ツナサンドイッチじゃなくて"テリヤキチキン"サンドだよ」

アダムファンじゃない人にはどうでもいい話でしょうが、私にとってもどうでもいい話です。ただですね、昨年(2001/6から2002/6)のセレブの長者番付で、この人11位ですよ。5位にU2.9位にデイブ・マシューズバンドが入っているので、実質9位でしょう。ベストセラー作家トム・クランシーの次ですよ。クーポン使わないでよ。41ミリオンドル(50億円)稼いでんだから。

まあ、実際に使ったかどうかは定かではないとして、「いかにも使ってそー」なところがオチなんでしょうが。ファッションはBUM Look(浮浪者ファッション)だし。

▼Fobes/100 Top Celebrities (長者番付編)

Posted by Dane at 06:48 AM

January 08, 2003

◇あの時聞いていれば‥

ジャック・ブラックがホストのMTV「ムービーアワード2002」が再放送されていたので、見たのですがやっぱり面白いよ、ジャック・ブラック。「パニックルーム」(そういえば共演者がウィル・フェレルだった)もばかくさかったけど、秀逸なのはやっぱり「ロード・オブ・ザ・リングス The Fellowship of the Ring」のパロディの「Lord of the Piercing」だったな。

みんなが集まって、この指輪、どうするべ?と会議するシーンのパロディなんだけど、その指輪を持っているのがジャック。しかも、アソコにピアスで。そうなのよ、この場面で「プリンス・アルバート」って言葉が出てきているのよ。このMTV「ムービーアワード2002」を最初に見たときに、気がついていれば見知らぬ人に、「初めまして。プリンス・アルバートさん♪」なんて言う恥かかなくてすんだのに。

「コナン・ショウ」にサム役のショーン・アスティンが出演して話していましたが、彼等ホビット役はそれぞれスケール・ダブルと呼ばれるボディ・ダブル(代役)が居るそうです。もちろん、身長が1メートルぐらいのミニ・ミーな人達で、アラゴルンなんかと同じシーンに登場する時、バックショットで代役をする俳優さん。ショーン・アスティンのスケール・ダブルの人は、首がふらふらするくせがあって、映画の中でもしょっちゅうふらつかせているらしい。CGか代役か見極める時は、サムの首に注目だな

「The Two Towers」見た後に「The Fellowship of the Ring」をDVDで見直したら、「The Fellowship of the Ring」でさえ、ちょっとかすんで見えてしまうほど「The Two Towers」は凄いんで、本編を見だしたらサムの首のことなんか忘れてしまうと思うけど。

Posted by Dane at 10:50 AM

January 07, 2003

◆ゴールデングローブ候補・新聞広告

PDL_GG.jpgちょっと古いですが、機内で見た12/23付けの「ニューヨークタイムス」新聞広告です。「パンチドランクラブ」で、ゴールデン・グローブ/コメディ・ミュージカル部門の最優秀主演男優賞候補になった直後のもの。

こんな事は一生アダムたんのキャリアの中で無いと思い、機内からかっぱらってきた新聞の画像です。(画像をクリックすると拡大して見れます。)

そういえば、さっきネットでニュースを探していたら、昨日行われたNCAAのカレッジバスケで、うちの地元大学の試合にアダムたんが観戦に来ていたそうです。なんでだ?まあ、確かに車で2時間弱でLAから来れるけど。

Posted by Dane at 08:48 AM

◇AP3のカメオ

きのう「オースティンパワーズ3」のDVDを買ったのでさっそく鑑賞しました。
で、新しく気がついたカメオなんですが、Dr.Evilが刑務所で面会している時に出てくる女性看守、Katie Couric っていうニュースキャスターだったですよ。
この人、今一番ギャラの高い女性ニュースキャスターらしいんですが、日本じゃ小宮悦子みたいな感じでしょうか。ちょっとバラエティ寄りでニュースも読むっていうタイプで。Katieの番組は朝の情報番組ですが。
後ひとり、怪しい日本企業の社長、Mr.Robotoもどっかで見たことあると思ったら、ジャパニーズレストラン「NOBU」のNobuさんだったのね。「NOBU」の共同経営者のロバート・デ・デニーロに無理やり引っ張り出されて映画「カジノ」に出た時は「もう懲り懲り」みたいなことを語っていたような気がしたんだけど。

ところで、カジノといえば、大晦日にラスベガスに行った友達に聞いたら、MGMグランドのカジノの中にあるライブスペースで、「どっかで見たことある奴が歌ってるな」と思ったら、U2のボーノだったそうです。私もそこに昔行った事がありますが、すごく小さなライブスペースで、決してコンサートホールのような会場ではないところ。行けばよかったなあ。

Posted by Dane at 07:02 AM

January 06, 2003

◇昨日のランチ

きのうは、ランチにメキシコ料理をテイクアウトで食べました。
私が行く店の店員はもちろん、メキシコ人。
ちょっと英語がおぼつかなくて注文に苦労するけど、うちの近所じゃ一番おいしい店。

注文に並んでいると、前に居たアメリカ人も英語が通じなくて四苦八苦している様子。
すると、「フィッシュタコ!シンコ!シンコ!To Go!」と、そいつが叫んだ。
シンコは、メキシコの言葉で「5」という意味なんだけど、
私のエロ耳が「○ンコ!、◎ンコ!、◎ンコ!お持ち帰り!」と空耳してしまったのは、言うまでもありません。

フィッシュタコの意味をご存知無い方は、コチラをご覧ください。

Posted by Dane at 06:29 AM

January 05, 2003

◆ハヌカソング3

「エイト・クレイジー・ナイツ」のために書き下ろされた新曲「ハヌカソング3」の紹介です。今回は、ロブ・シュナイダーとの共演で、ベン・ステイラーやグィネス・パルトロゥ等が歌詞に登場します。ライブの画像キャプチャ付き。
▼ハヌカソング3

Posted by Dane at 04:51 PM

◇懺悔

昨年末に日本の実家に帰ったとき、「高島易断」の本がありました。それを見て、2003年のダンナの運勢よりも先に、アダムたんの運勢を見てしまったのは私です。ごめんなさい。

その上、ダンナと私の相性よりもアダムたんと私の相性も先に見ました。ごめんなさい。

そんでもってダンナと私の相性が「大凶」で、アダムたんと私の相性が「小吉」という結果を見て、ほくそえんでしまったのも私です。ごめんなさい。

アダムたんは「丙午(ひのえうま)」の生まれでした。

Posted by Dane at 04:49 AM

◆2002年/17位/93位/105位

2002年の映画興行成績は全体でみても昨シーズンを大きく上回り、過去最高の9ビリオン市場だったとか。

「Mr. Deeds」はその中でも健闘し、123ミリオン(140億円)の興行成績で17位。そのほかの作品は、11月公開の「Eight Crazy Nights」が93位、「Punch-drunk Love」が105位とまずまずってトコかしら。

掲示板でakoさんに「水野晴郎がMr.Deedsのことを<ハートウォーミング・コメディ>と紹介している」と教えてもらいましたが、私は<ハートウォーミング・コメディ>ではなくて≪生温かい・生ぬるいコメディ≫だと思います。ハルヲに≪生ぬるい≫とか言われるのもシャクだけど。ジョン・タtゥーロとアレン・コバート、スティーブ・ブシェミといった周りの人達は面白いけどね。

▼YEAR-TO-DATE BOX OFFICE 2002 Totals (as of Dec. 29)
このサイト、(かなりPOPUP広告うざいです)

Posted by Dane at 04:16 AM | Comments (4)

January 04, 2003

◆アダムたんサーフィンを始める

surf.gifアダム・サンドラー36歳にしてサーフィンを始めたらしいです。マリブあたりで乗ってるんでしょうか。「コナン・オブライエン・ショウ」に出演した時、「スノーボードより難しいよ。スノボーは、転がったら転がったまでだけど、サーフィンは落ちて波に飲まれて、ほっとしたのもつかの間、また次の波に襲われるから」

と、私が書くとつまらないですが、これをアダムたんが身振り手振りをつけて話すとおかしいんですよ。「サーフィンは、うぎゃーってなって、びゃーとなって、HELP MEで、ふううって思ったら、また波が来て、"oh shit!"うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!って感じよ。」って。余計分かりにくい?

あと、レターマン・ショウに出演した時は、「もう36歳でマ○○ー○ー○ョ○にも厭きたので、他の趣味を持とうかと思って、サーフィンを始めた」と言ってました。バカですか?この人。しかも、CBSの看板テレビ番組で。

このパンツの柄、どういうセンスなのかしら。おばあちゃんちのカーテンみたいです。

Posted by Dane at 05:01 AM

January 03, 2003

◆はじめに

11月5日にトップページを新しく作りったばかり「アダム・サンドラー擁護委員会」ですが、ワタクシ、管理人・Daneのちょっとした気まぐれで、サイトをリニューアルしてしまいました。何日も徹夜しながらがんばってつくったので、見てやってください。(何日も・・・というのは大げさかも)

今回のリニューアルでは、以前からの過去ログを生かしながら、今後私のページ管理が楽になるようになってます。って凄いわがままですが。でも、そのおかげで、おそらく更新作業が楽になるので、ネタさえあれば更新頻度も増えると思います。

とはいうものの、このサイトリニューアルで一度にアダム、アダムとタイプし続け、画像を見続けていたら、多少私も気持ち悪くなってきましたので、気分転換の意味も含めて、このサイトの中に「超個人的アタシ日記」も唐突ではありますが、くわえて行きたいと思いますので、よろしくどうぞ。

後、大きく変わった点は、各記事に関して、みなさんが「コメント」を書き込んでいただけるようになった事です。各記事の下にある"comments"をクリックしてください。お名前とコメントを記入して、POST(送信)をポチッとしていただければOKです。感想でも、ツッコミでも、お気軽にどうぞ。

この機能があると、いままでつかっていた掲示板の存在意義が、よくわかりませんが、当面とっておきます。アイコンもせっかくあるし。
▼旧アダム・サンドラー専用掲示板/BBS

旧トップページも、がんばってFLASH入れたりとか、愛着があるのでとっておきます。
▼旧アダム・サンドラー擁護委員会トップページ

私へのメールは、asinfo@abcdane.net でよろしくお願いします。

Posted by Dane at 10:54 AM | Comments (12)

◆パンチドランク・ラブ(Punch-drunk Love)/2002

Punch-Drunk Love ポール・トーマス・アンダーソン監督映画にアダムたんが俳優として出演してしましました。ゴールデングローブの最優秀主演男優賞候補にも。なんとも不思議で妙にどきどきする映画です。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください
▼パンチドランク・ラブ(Punch-drunk Love)

Posted by Dane at 09:02 AM | Comments (20)

◆Mr. ディーズ(Mr. Deeds)/2002

MD.jpgアメリカでも大ヒットしたこの映画、日本では2003年2月15日公開。笑えます・・・サンドラーとウィノナ以外は。いいのかなあ、こんな生ぬるい役ばっかりやって。昔ながらのサンドラーファンの方は、開き直って「いい人」な彼を堪能しましょう。プロポーズシーンのノーネクタイでスーツ姿はちょっと萌えです。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼Mr. ディーズ(Mr. Deeds)

Posted by Dane at 08:47 AM | Comments (23)

◆リトル★ニッキー(LITTLE NICKY)/2000

LITTLE NICKYこの2003年初頭にかなり旬なオジー・オズボーンとリース・ウェザースプーンが出演。おまけに大御所ハーヴィー・カイテルまで父親役で相当なボケ役を担当しています。
個人的には星飛雄馬みたいながっしり眉毛のメイクのアダムたん、好き。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼リトル★ニッキー(LITTLE NICKY)

Posted by Dane at 08:37 AM | Comments (0)

◆ビッグダディ(Big Daddy)/1999

BD.jpgアダム・サンドラーを俳優としてプロデューサーとして、不動のものにしてしまった作品。映画としては面白いのですが、萌えポイントを探すとなると・・・子供をみつめる笑顔とか?ぷ>自分
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ビッグダディ(Big Daddy)

Posted by Dane at 07:51 AM | Comments (20)

◆ウォーターボーイ(The Waterboy)/1998

WB.gif往年のSNLの名キャラクター「カントゥーンボーイ」を思い起こさせるこの映画の主人公ボビー。こんなバカキャラをもうアダムは映画でやってくれないのでしょうか?
お母さん役のキャシー・ベイツも強烈で最高です。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ウォーターボーイ(The Waterboy)

Posted by Dane at 07:40 AM | Comments (0)

◆ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)/1998

WS.jpg日本で劇場公開されたアダム・サンドラーの最初の映画なのかな?それにしても「アメリカで公開した時、大好きな人と観ると幸せになれるという<噂>があったことをご存じですか?」
ってコピーはさぁ。ウェディング・シンガーとしてのライバルがジョン・ロビッツである事は、二日酔いから覚めた朝のビーチク同様、見逃さないでください。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)

Posted by Dane at 07:31 AM | Comments (0)

◆プロゴルファー・ギル(Happy Gilmore)/1996

HG.jpg "ハッピー・ギルモア"といえばアダム・サンドラー映画の代表作であるとともに、アメリカでは"アホなアメリカ人"の代名詞としても使われます。いや、これも本当だってば。
ヤマ場のビッグショット・シーンでスウェットパンツ越しにサイズが確認できるという噂はここだけの話で。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼プロゴルファー・ギル(Happy Gilmore)

Posted by Dane at 07:15 AM

◆ビリー・マジソン(Billy Madison)/1995

bm.jpg 初主演映画にして最高傑作、とまでは言わないけれど、アダム・サンドラーらしいアメリカン・バカ・コメディ。現代アメリカコメディのマスターピースでもあります。いや、まじで。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ビリー・マジソン(Billy Madison)

Posted by Dane at 06:58 AM | Comments (2)

◆ハードロックハイジャック(Airhead)/1994

AH.jpg私の萌えポイントは、当然の如く若かりし頃の肉体(タンニング済と思われ)とブシェミとの二人強盗コント。
アダムたんは、ダチョウ倶楽部で言えば竜ちゃん、ネプチューンで言えばホリケンのような役回りです。ブシュエミは、肥後と名倉みたいなもんでしょうか。(本当はリーダーは、ブレンダンだと思うけど)私、竜ちゃんとか行ってますが、別にファンじゃないですから。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ハードロックハイジャック(Airhead)

Posted by Dane at 06:48 AM | Comments (0)

◆出演・プロデュース映画一覧

主演映画と、プロデュース映画の一覧。

出演・プロデュース映画一覧

Posted by Dane at 06:41 AM | Comments (1)

January 02, 2003

◆ウィノナ有罪記念/Mr.Deedsポスター集

アメリカでは「Mr.Deeds」のPR告知宣材から、主演女優「ウィノナ・ライダー」が消えてしまったという話。理由は、・・・おわかりかと思いますが。まあ、「タシロ現象」と申しますか・・・
▼ウィノナ有罪記念/Mr.Deedsポスター集

Posted by Dane at 09:54 AM | Comments (4)

◆父親からの手紙1

adam_dad.jpgインタビューなんかでもよく話題に上る父親から、アダムにあてた説教メモです。この回は、「葉巻」についての説教。
普段から「今日はどこでランチを食べた」とかのどうでもいい報告が、父親から毎日のようにメール(ページャー)があるそうです。アダムは返信したことがないそうですけど。
▼父親からの手紙1

Posted by Dane at 09:46 AM | Comments (2)

◆ショービズ・パワーリストの10位に

1036397215.jpg「アメリカのショウビズ界で最もパワー(影響力)のある人物」をランキングしたもので、アダム・サンドラーが10位になったという記事の翻訳。
ちなみに1位はトム・ハンクス。
▼ショービズ・パワーリストの10位に

Posted by Dane at 09:33 AM | Comments (0)

◆ハヌカソング2

99年に「ハヌカソング2」として発表された曲の訳詩。ウィノナやレニー・クラビッツ、ラルフ・ローレン等が登場します。
▼ハヌカソング2

Posted by Dane at 09:31 AM

◆ハヌカソング1

アダム・サンドラーの名曲、アメリカ人なら誰もが知っている「ハヌカソング」のパート1の訳詩とマメ知識。
▼ハヌカソング1

Posted by Dane at 09:30 AM

◆インタビュー1/マスコミ嫌い@PDL

雑誌のインタビュー/マスコミ嫌いのアダムが、なぜインタビューが嫌いか、などマスコミに語るという矛盾したインタビュー。テレビにはよく出演しますが、この手のインタビューは本当にめずらしい。「2」が今後あるのか?と言われれば、私にもわかりません。
▼インタビュー1/マスコミ嫌い

Posted by Dane at 09:29 AM

◆スラッピージョー

映画「ビリーマジソン」でも給食で食べているスラッピージョーはアダム・サンドラーの代表曲でもあります。
▼スラッピージョー(アメリカ食事情)

Posted by Dane at 09:25 AM | Comments (0)

SNL

アダム・サンドラーが91年から出演していたテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に関する情報。
更新はぼちぼちしてます。

SNL

Posted by Dane at 06:39 AM

アダム・サンドラープロフィール

生年月日とかのFACT事項が書いてあります。
主演映画のBOX OFFICE REPORT(興行成績一覧)も。

アダム・サンドラープロフィール

Posted by Dane at 06:35 AM | Comments (0)

擁護の辞

アダム・サンドラーって誰よ?、という方はお読みください。
HP立ち上げ当初に書いた一番最初の記事なんで、今読むと顔から火がでそうです。

擁護の辞

Posted by Dane at 06:21 AM | Comments (0)

January 01, 2003

2002年11月のニュース

主なニュースは以下。
●「HOT CHICK」の個人的アダムたん萌え画像。
●「Adam Sandler's Eight Crazy Nights」公開
●NBCのコナン・オブライエンショウにゲスト出演
●「Adam Sandler's Eight Crazy Nights」でミートボールの短編映画も
●本当にオスカーにノミネートされちゃうかも!
●SNLオープニングに登場(ハヌカソング3)/動画URL
●「Mr.Deeds」ビデオ・DVDも一位。
●NBAのCMキャンペーン動画
●「クレイグ・キルボーン ショウ」報告
●「Anger Management」撮影風景の画像
▼2002年11月のニュース

Posted by Dane at 10:13 AM

2002年10月のニュース

主なニュースは以下。
●婚約者との2ショット画像
●アダム・サンドラーSNL出演予定!
●アダム・サンドラー11/1にトークショウ出演予定!
●名作の予感‥「Punch-drunk Love(パンチ・ドランク・ラブ)」が5館で公開
●テレビでコメディのレギュラー番組制作決定
▼2002年10月のニュース

Posted by Dane at 10:05 AM | Comments (4)

2002年9月のニュース

主なニュースは以下。
●アダム・サンドラープロデュース、ロブ・シュナイダー主演第3弾の「HOT CHICKS」
●最新作「Punch-drunk Love」公式サイト、いい感じです。
●アダム・サンドラー、「Punch-drunk Love」でトロント映画祭に登場
●アダム・サンドラーNBAのCMに出演!
●「デイリーショウwith ジョン・スチュワート」に出演
▼2002年9月のニュース

Posted by Dane at 10:03 AM | Comments (0)

◆2002年8月以前のニュース

主な記事は以下。
●アダム・サンドラー、ジャック・ニコルソンを語る。
●アダム・サンドラー主演「Mr.Deeds」が公開!全米興行成績1位!
●アダム・サンドラー主演「Punch-drunk Love」がカンヌ映画祭で監督賞受賞!
●アダム・サンドラー制作アニメーション「eight CRAZY nights」サイトができた模様。
●2003年公開「Anger Management」(アンガーマネージメント)にジャック・ニコルソン共演!
●ディナ・カービー主演「Master of Disguise」もうすぐ全米公開
●ロブ・シュナイダー、デイビット・スペイド次回作始動。
▼2002年8月以前のニュース

Posted by Dane at 10:00 AM
Navigation
トップ掲示板
Sponsored Link
カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ
Amazon.co.jp アソシエイト
Search/サイト内検索