February 28, 2003

◆レボリューションスタジオ

http://www.billboard.com/billboard/daily/article_display.jsp?vnu_content_id=1825199
昨日貼っておいたこの記事は、本当はアイスキューブのネタなのですが。

要約すると「レボリューションスタジオがジュリア・ロバーツ、アダム・サンドラー、ブルース・ウィリス、の次に第4のキーパーソンとしてアイスキューブをあげた」
ということです。アイスキューブは、昨年だけでも「Friday」シリーズの続々編や、BoxOfficeナンバーワンを獲得した「バーバーショップ」を含む3作品に主演し、自らもCube Visionという製作会社を持つ、ラッパー兼俳優。

で、注目はもちろん、アダム・サンドラーなわけで、「レボリューションスタジオ」が上げている」3人の核」にジュリア・ロバーツとブルース・ウィリスと並びサンドラーの名前が既に挙がっています。

んじゃ、「レボリューションスタジオ」とは何なのか?主催者のジョー・ロスは20世紀フォックス、ウォルト・ディズニー・スタジオで映画部門のトップを歴任し、いずれも在任中はそれぞれの会社の売上をトップにまで押し上げた敏腕プロデューサー。ふたつの会社で手がけたヒット作は、"Home Alone," "Home Alone 2 Lost in New York," (ホームアローンシリーズ)"Die Hard 2,"(ダイハード2) Sleeping With The Enemy,"(愛がこわれるとき)"Mrs. Doubtfire,"(ミセスダウト) "My Cousin Vinny,"(いとこのビニー) "White Man Can't Jump,"(ハードプレイ)(以上、FX)、”Sixth Sense," (シックスセンス)"Toy Story 2," (トイストーリー2)"Armageddon"(アルマゲドン)(以上WD)と、ヒットしただけではなく、数多くの賞も受賞している。

そのロスが、2000年に立ち上げた会社(ソニーピクチャーズやFoxなどが出資)が、「レボリューションスタジオ」で第一作はジュリア・ロバーツ主演・ビリー・クリスタル脚本・出演の「アメリカンスィートハート(America's Sweet Heart)」で、ロス自身が監督をしている。この作品はアメリカ国内でヒットを収め、その後制作された「ブラックホークダウン」はオスカーにもノミネートされた。
しかし、なんといっても最大のヒット作は昨年夏の「XXX(トリプルX)」。ということで、「レボリューションスタジオ」がより一層注目されるようになった。

サンドラー関連としては、昨年のディナ・カービー「マスターオブディスガイズ」「パンチドランクラブ」に続いて、「アンガーマネージメント」もレボリューションスタジオ制作のもの。
アメリカではすっかり「レボリューションスタジオ」ブランドが確立されていて、スピルバーグの「ドリームワークス」かジョー・ロスの「レボリューション」かといったところ(と言っては言いすぎ?)まあ、「レボリューション」は「面白い娯楽作品」をつくるスタジオとして確立されつつある事は間違いないので、今後も「レボリューション」関連は注目です。

結論;「アンガーマネージメント」は期待。

記事や画像なんかをこのサイトから拾ってるサイト(ABCもサンドラーも)に関してタレコマれたり見つけたりするんですが、あんまり感心したことではないですね。
私のコンタクト先は明記してあるのですから、引用、流用したい時はご一報を。つうか、リンクぐらい貼りましょう。
まるまんま1ページ流用しているサイトもありましたが、そちらはご連絡したら、ご理解いただいて削除していただきました。メールには「ごめんなさい」と書いていただいてましたが、最初から悪いと思ってるなら、やらないことです。
そういうサイト見るたびに更新する気が起きなくなります。「ええっと、ABC振興会のD姐なんですが、貴サイトに使われている‥」ってメールが来ないうちに、心当たりのあるサイトさんは、該当箇所を削除しちゃいましょう。
ちょっとぶっちゃけてみました。

後日談ですが。
上の話はですね、「(私の書いた)コメント、記事と似ている、同じ」という話ではなくて、ページ丸写しなんですよ。1件は「裸ソンブレロ」のページまるまる。もうひとつは、昔使っていたサンドラー最新情報ページのデザイン・レイアウト。

「ふつう、記事パクられるほうが、レイアウトパクられるより、嫌だろう」と思う人もいるかもしれません。つうかですね、今回の場合、レイアウトはソースをそのまま写したようなので、HTMLに埋め込んである”アクセス解析用のタグ”までコピーされちゃっているんですよ。
あたしゃ、パクられたサイトさんのアクセス解析までしたくないっつうの。知りたかないですよ、そんなもん。

でね、「そのページはうちのコピーなんで、やめてください」とお願いしたんですが、「コピーなんてしてません」と。いやいや、うちのアカ用タグが貼ってあるし‥。といっても、話が通じず、四苦八苦したわけです。お察しのように、うちのページのようなたいした事の無いレイアウトをコピーしちゃうわけですから、あんまりHTMLというかその辺に詳しくないようで。詳しきゃ、レイアウトコピーしても、アカ用タグまでコピーしないでしょうけどね。最初から。「裸ソンブレロ」のほうもアカ用タグは貼ってあったのですが、すぐに落としてもらいましたけど。

「XXの○○が似てます!/同じです」とかメールで頂く事があるので、そういう場合は一応見ますけど、どうなんでしょうね。自分でも「同じだなあ。」と思ったときはあんまりいい気分じゃないですけどね。そういう件に関しては自分から先方にメール出した事はありません。今のところ。でも知ってます。

Posted by Dane at 01:18 PM | Comments (1) | TrackBack

February 27, 2003

◇おもろサイト

ええっと、今日はちょっとばたばたしているので、面白いサイトを紹介しますので
そちらで楽しんでください。

イカロード
イカだらけのサイト。「こんなイカはいやだ」「世界のイカ」なんかは特に好きです。つうか、見つけたばかりなので、そこしか見てません。タイトルコピーって大切ですね>自分

芸人リンク
「プラッチック」さんの中のリンク集です。前に「SNLのレギュラーをひょうきん族にたとえたら誰か」という特集を組もうかと思っていたとき(今はやる気なし)に、見つけたような気がします。
青空球児・好児から若井みどりまで東西新旧を問わずの芸人さんが、各個人サイトになぞらえてます。
ちなみにやくさんの Sledge Hammer Webは「ビートたけし」。最高級の賛辞ですね。小学校のころ、ビートたけしの本を授業中回し読みして、説教された思い出を持つ私には、神のような存在です。なんていってますが、なんの本だったか忘れてるのが私のいいところ。
私のABC振興会なんて、所詮、デイブ・スペクターか平野レミでしょう。ふたりとも芸人じゃないけど。
ちなみに、この芸人リンクに挙げられている芸人さんたち、私は半分以上わかりません。もちろん、若い方。だって日本のテレビ見てないんだもん。

ばたばたしているから、といってよそ様のリンクを貼り付けるだけで手を抜くつもりでしたが、また長々と書いてしまいました。ひとまずこの辺で。

Posted by Dane at 08:42 PM | Comments (2) | TrackBack

February 26, 2003

◆父からの手紙2

dad.jpg久しぶりに「父からの手紙」を更新しようかと公式サイトを見たんですが、2002年のサンクスギビング頃に上がっていた、お父さんの動画が見つかりませんでした。テイクダウンしちゃったのでしょうか。
その後にあがっていた手紙のほうは、残っていたのですが。ダウンロードして保存しておけばよかった‥。

ということで、私の記憶を頼りに「サンクスギビングにあてた父から息子アダムへのビデオレター」を書いておきます。

やあ、アダム。元気かい。もうすぐサンクスギビングだね。
母さんもオマエの兄弟も楽しみにオマエが帰って来ることをまってるよ。

ところでだ。サンクスギビングの食事に行く時は、正装だぞ。スーツを着て来い。
父さんは、毎年、オマエのために
レストランのウェイターからスーツを拝借するのは、もう嫌だ。

帰ってきたら母さんに優しくしろ。いくら母さんがオマエを5歳児のように扱ってもだ。
あと、葉巻は一切持ってくるな。あんなもんは腐っとる。

それとな、うちに帰って来るときに、財布ぐらいは持ってこい。
もうオマエにタカられるのは、懲り懲りだ。いい加減、面倒見ていられない。

わかったな。愛してるよ。」

サンクスギビングは日本では「感謝祭」と訳されますが、宗教に関係なく、アメリカでは秋の豊作とみんなの健康を祝って、朝から晩まで食事をするのが慣わしです。
食事はメニューがターキーを初めとして大体決まっているので、日本のおせちのようなものです。毎年、毎年、同じものを同じ時期のみ食べるという点では。
で、この時期はアメリカは休暇になるので、普段離れたところに住む家族の元へ里帰りする季節でもあります。これも日本と同様で、夫婦が「今年はどっちの実家に帰るか」でもめるネタになるようです。食事の際は、レストランはもちろん、家族、知人宅にお呼ばれしての食事会でも正装が基本です。

年収数十億円でも財布を持たず、親のスネをかじり、ウェイトレスのジャケットを着て食事をするアダム・サンドラー36歳、素敵すぎます。

ちなみに、最新のアダムたんのビデオメッセージ動画ではLasikを受けた事が語られていました。私の知人もセレブ御用達という触れ込みの眼科医で近眼治療をしてもらったことがあるんですが、同じ先生かな?医者の名前聞いておけばよかった。

日本に一時帰国した際、思いもよらず長期滞在になってしまったので、コンタクトをつくりに日本の眼科に行ったら、「アメリカに居るなら、Lasikしちゃいなよ〜」と軽いノリで言われてしまって、逆に引いてしまったのですが、アダムたんが受けたなら、私も受けようかと思い始めた自分が怖い。ところで、Lasik受けたから、もうアダムたんの眼鏡くん姿は見れないのかな。

Posted by Dane at 01:43 PM | Comments (6) | TrackBack

February 25, 2003

◆デュース・ビガロウ続編

さっきJ@ppass!を更新していて見つけたのですが、ロブ・シュナイダーの新作が面白そう。

ひとつは、ファレリー兄弟がプロデュースの「No More Mr. Nice Guy」。ロブは、超いかかがわしい弁護士の叔父を持つ世界一ナイスガイを演じる模様。ファレリーっすよ、ファレリー。

もうひとつは、「デュース・ビガロウ」の続編「Deuce Bigelow: Electric Gigolo 」。「The Hot Chick」の監督、脚本のトム・ブレイディ(結構タイプ)が監督・脚本執筆を務める予定。「デュース・ビガロウ」同様、水槽清掃員という設定は変わらないようです。

公開がいつかはまだわかりませんが、楽しみ〜。

Posted by Dane at 01:14 PM | Comments (2) | TrackBack

◆マーキー・マーク

markw.jpg【キャラ名】マーク・ウォルバーグ/Mark Wahlberg
【題名】サッシーズ サシエスト ボーイズ/Sassy's Sassiest Boys
【登場】93/02/06

フィル・ハートマン演じるラッセル・クラークがホストを務める「サッシーマガジン」のテレビ番組で、「今一番ホットな男達」を紹介するコーナーという設定。

アダム・サンドラーの演じるモノマネでも、指折りの似てねーモノマネのひとつ。ホストに話を振られると「イエー!カモン!カモン!フィーレッ!フィーレッ!(feel it)」と立ち上がって腰を振る。もちろんこの頃のマーク・ウォルバーグは、ラッパーの”マーキーマーク”時代。最終的には、マーキーマークお約束で、ジーパンを脱いで、トランクス丸出しで腰を振って「イエー!カモン!カモン!」

同エピソードでは、デビッド・スペイドはクリスチャン・スレイターのモノマネを。オチとしては、登場するセレブたちが何を言っても、ハートマン演じるゲイのホストが「Sassy(小生意気)な坊や達ねん♪」と目を細めるとこ。

私は、アダム・サンドラーもマーキーマーク時代のマーク・ウォルバーグも好きですが、好きな人が好きな人を演じても、決して好きなキャラクターになるとは限らないという罠。

92年2月15日には、アダム・サンドラーはマークの兄、ダニー・ウォルバーグも演じてます。(写真左)

Posted by Dane at 12:58 PM | Comments (2) | TrackBack

February 24, 2003

◆PDLオスカー選考ポスター

1.jpgこの画像は、映画がオスカー選考対象のために、オスカー選考委員を招いて行われる試写会用に作られた「パンチドランクラブ」のポスターのひとつです。この時点でゴールデングローブ賞に既にノミネートされているので、その「ノミニー」された”アダム・サンドラー”も記載されている貴重なものでしょう‥。

通常、このようなオスカー宣伝のためのみに作られる業界向けポスターは、他の映画でも盛んに作られます。私がPDLで見つけたのは7種類ですけど、まあ、多からず少なからず、といったところですか。でもも〜っとお金をかけるところもありますからね。

ただ、「何にノミネートされたいか」がちょっとぼやけてますね。アダムたんの「主演男優賞」はきっぱりあきらめて、全部を「脚本賞」か「監督賞」にターゲットを絞るとかできたはず‥。これがミラマックスだったら‥なんてね。

全7種類、どれを見てもすごく綺麗です。
画像が大きいので、サイト上には載せられませんが、下のリンクからどうぞ。

>>ひとりぼっちアダムたん。ハァハァ
>>立ちすくむアダムたん。ハァハァ
>>憂うアダムたん。ハァハァ(上の画像の大きいサイズ)
>>アップのアダムたん。ハァハァ
>>走るアダムたん。ハァハァ
>>お電話中アダムたん。ハァハァ
>>お手手をつなぐアダムたん。ハァハァ

どのシーンも思い出深いいいシーンのカットなので、つい「このシーンでアダムたんは‥」と書きたくなってしまうのですが、その気持ちをこらえて‥。

Posted by Dane at 09:29 AM | Comments (5) | TrackBack

February 21, 2003

◆PDLチラシ裏!

クリックすると拡大できます!またまた、KEIさんから画像を送っていただきました。今回は先日紹介した「パンチドランクラブ」の裏面です。ありがとうございます。
表面は8種類ですが、裏面はこのビジュアルで統一されているそうです。

それは目が眩むほど、パンチが効いたラブ・ストーリー
やがて衝撃が陶酔にかわる

‥横山のやっさんをなんとなく思い出してしまいました>パンチが効いた

見ればわかる

‥究極の言葉かと。説明しにくい映画につけるコピーで。

な〜んにもアダム・サンドラーのことを知らない人が、この映画を見て、実はこの人コメディアンだったんだよ、っていうのがいいのかもしれませんね。そういう意味の衝撃もありで。そして、「ウォーターボーイ」や「リトルニッキー」を見て陶酔してもらう、と。

「ボーリング・フォー・コロンバイン」の入りが良過ぎて超ロングランになって、PDLの公開が押されまくる‥という事態が発生しないことを祈りつつ。
「ボーリング・フォー・コロンバイン」も面白いですけどね。

ところで、このチラシの表画像ですが、改めて見ると「メルヘン」というより「リビドー」に見えてきます。

Posted by Dane at 09:07 AM

February 20, 2003

◆フィル・ハートマン

PhHa-.jpgSNL時代は、ビル・クリントン大統領やフランク・シナトラなどのものまねや数々のキャラクターで「SNL史上最も使える(いろんな役のこなせる)男」といわれたフィル・ハートマン。惜しくも98年に妻に自宅寝室で射殺され、その後妻も自殺し、フィルは49歳でこの世を去りました。

その彼の兄が、アメリカ時間の2/20のCNN「ラリー・キングライブ」に登場。日本でも放送する(した?)んじゃないかな?

内容は、どうして犯行がおこったか等元々知っていた事ばかりだったので、15分ぐらい見てチャンネルを変えてしまいましたが、CM前に時折流されるSNLなどの映像は、日本では結構貴重かもしれないので、興味のある方はチェックを。

見逃した方のために‥フィルの妻は元モデルで、自分も女優になりたいと思っていた女性で、フィルがSNLを降板した後も次々と映画、テレビの仕事で人気者となり、それをかなり妬んでいたそうです。そのせいか彼女はドラッグに溺れ、犯行時もドラッグとアルコールを服用していたとか。フィルは寝ているところを射殺されています。

あと、これは別のドキュメンタリー番組で言っていた話ですが、妻はフィルが多忙で家に居ない事をいいことに、子供が居るのにもかかわらず自宅で毎夜のようにドラッグパーティーを開いていて、フィルもそれを悩み離婚も考えていた矢先の事件でした。

余談ですが、SNLの裏本(Live from New York)によると、フィルが得意としていたフランク・シナトラのモノマネですが、シナトラ一家はそれを快く思っていなく、かなり圧力をかけていたらしいという噂も。アニメ「シンプソンズ」では声優として多数のキャラクターの声も担当していました。

Posted by Dane at 10:34 PM | Comments (0) | TrackBack

February 19, 2003

◆パンチドランクラブ 日本語チラシ

クリックすると拡大できます!写真は、KEIさんから頂いた「パンチドランクラブ」の日本語
チラシです。ありがとう!全部で8種類もあるそうですが、英語の公式サイトで配布されている壁紙から作られている模様。プリチイです。しかも、8種類も用意しているところに、東宝東和の意気込みが感じられます。(2/20に新しい8種類の画像と差し替えました。KEIさん重ねてありがとうございます。)

だ・け・ど、写真にアダムたんの顔写真は入ってない!アメリカではあくまでも、予告編やCMのインサーションで使われていただけなのに‥。(本編のタイトルでも使われているけど)アメリカで使われていたポスター(このポスターを見るといつも、この写真のロケーションに使われていたところに行きたくなります)は、全部右のものです。
アダムたんの顔は、画像に負けたって事っすか。

でも、このほうがラブストーリーというか、PTアンダーソン流メルヘンって感じがして確かにふさわしいかも。
このチラシだけじゃ、従来のアダム・サンドラー・ファンは気がつかないだろうな。アダムたんが主演してるって。つうか、従来のアダムファンが日本にどれだ(以下略

画像はクリックすると拡大して見れます。

Posted by Dane at 01:34 PM | Comments (11) | TrackBack

February 18, 2003

◆Mr.ディーズ 4位発進!

先週日本で公開されたMr.Deedsですが、先週末の映画興行成績が発表されました。(KIKIさん情報サンクス)

4位です。アメリカでは、2002年のトータルで見て、ピアニストとレッドドラゴンより、総興収はよかったんですけどね。大入り袋が出るほどではないですが、なかなかの健闘ということでほっとしました。

今週 先週 タイトル 配給 公開劇場 上映週 上映館数
1 初 戦場のピアニスト アミューズ 日劇1ほか東宝系 1 20
2 1 レッド・ドラゴン UIP 日比谷スカラ座1ほか東宝系 2 22
3 2 ハリー・ポッターと秘密の部屋 ワーナー 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系13 20
4 初 Mr.ディーズ ソニー ニュー東宝シネマほか東宝系 1 11
5 3 ボーン・アイデンティティー UIP 日劇3ほか東宝系 4 19

実は日本で公開される映画って、どこで公開されるかで成績ってだいたい決まっちゃうので、公開前に順位が決まってるも同然という罠。

見てない人は、急いで見に行きましょう!

Posted by Dane at 08:04 AM | Comments (27) | TrackBack

February 17, 2003

◆出演予定作品 全一覧!

現在交渉段階で、正式な契約が済んでいない映画も含めて、今後アダム・サンドラーが出演するとされている映画9本の情報をまとめました。「Mr.Deeds」を見て、消化不良を起こした人もこの映画リストを見て、わくわくしましょう。

タランティーノ映画やジュリア・ロバーツ共演など、凄まじいです。”どこ行っちゃうの〜?アダム。”という気もしなくはないですが。
つうかね、ジュリアとの共演作品が日本で公開されても知名度があがらなかったら、怒るよ!まじで!!んもぅ〜!!もう擁護してあげないからね!って、別に頼まれたわけじゃないですけど。

本当は、もう一本昨年のオスカー外国語映画賞を獲った作品のアメリカ版リメイクの主演、という話もあるのですが、現実性が乏しそうなので、今回リストには入れませんでした。

▼出演予定作品 全一覧!

Posted by Dane at 02:48 AM | Comments (4) | TrackBack

February 15, 2003

◆ブライアン

【キャラ名】ブライアン/Brian
【題名】デニスショウ/Denise Show SNL
【登場】93/10/02、93/11/20、94/11/20

別れたガールフレンド・デニス(シャノン・ドハーティ)に未練がたらたらの男・ブライアンが「デニスショウ」というテレビ番組をつくり、デニス情報を募ったり、デニスの思い出話を語る。

第2回目の「デニスショウ」でデニスの友人として、サラ(ニコール・キッドマン)が登場。実はサラはブライアンに思いを寄せていてるが、まったくブライアンは気がつかず、電話で父親(フィル・ハートマン)に指摘される。

ブライアンの友人として、デビッド・スペイドやクリス・ファーレイも登場。声の出演で、デニスの現在の彼氏でマイク・マイヤーズも登場。

サイコまがいの粘着振りとぶち切れぶりが素敵。

Posted by Dane at 05:09 PM | Comments (5) | TrackBack

February 14, 2003

◇疲れた‥

ABC振興会のリニューアルと、新サイトの立ち上げが終わりました。ABCの土台は日本に帰国した時にちょっとはやっていたんだけど、10日から本格的に作り始めて‥ちょっと仕事が入ったので、帰国を2週間早めたのですが、バカにも程があるというか。エンジョイ暇!です。(仕事はそれなりで)

Jappass!は、英語で作ってますが、ネタは日本のことなんで、気が向いたら見てみてくださいませ。私の義務教育レベルの英語ですから、いい加減だし、難しい表現なんて使っておりませんので、読んでいただけると思います。Jappass!はネタがあり次第、というか一週間に一回ぐらい更新すればいいほうだと思います。
スペルミスとか表現間違いとかあったら教えてください。いっぱいあると思うけど。

そんな感じで、ちょっと燃え尽き感がありまして、アダムたんの情報漁りとか滞り気味ですが、今後ともよろしくです。

あ、でもこのJappass!を今あげたかったのは、BoxOfficeで「Mr.Deeds」が公開する前にあげたかったというのが、真実。Top5に入ってなかったら、どーしよー。ま、アダムたん映画は10位でも20位でも書くけど。

Posted by Dane at 04:24 AM | Comments (3) | TrackBack

February 11, 2003

◆オスカーとラジー

オスカーのノミネートが今日発表されましたが、ご存知のように一縷の望みをかけたものの、アダムたんはノミネートされませんでした。残念。今後、タランティーノ監督作品なんかに出演の噂もあるので、それに期待しましょう。(懲りない私)

ラジー賞は誰の期待を裏切る事もなく、ノミネート。96年の「ハッピーギルモア」以降、主演映画が公開された年は全てノミネートされてます。皆勤賞ものですね。(「ウェディングシンガー」はノミネート対象になっていないけど、同年公開された「ウォーターボーイ」でノミネート。)
ラジー賞は、駄作でも知名度が無いとノミネートされないので、名誉なこってす。それが証拠に、最初の主演映画「ビリーマジソン」ではノミネートされてないですから。

ところで、前にWOWOWでアダムたんのインタビューが放送っていう情報を頂きましたが、そのインタビュー全文がサイトに上がっていました。
インタビューは【日本語】と【英語】がありますので、チェックしてみてください。

Posted by Dane at 08:53 PM

February 10, 2003

◇Foo Fighters!

FF.jpgアメリカに帰国する為に、成田空港に行ったのですが、ボーっとしていたら、目の前を見た顔のアメリカ人が通りました。どっかで会った人かな?と思ったのですが、数分後また見た顔の人が‥。「あ!Foo Fightersのドラムの奴だ!」と気がついた時には居なくなってました。最初に見た人は、Foo Fightersのベースの奴だったのです。でも、自信がなかったのですが、それからまた数分後、今度はボーカル/ギターのデイブが!で、彼等がFoo Fightersであることに確信しました。即効でアメリカに居るダンナに電話すると「サイン貰え!」との指令があり、追っかけていきましたが、デイブはファーストクラス専用ラウンジへ。

Foo fighters は、「ABCな人」のジャック・ブラック特集でブラックが出演しているビデオということでFoo Fightersの「Learn to Fly」の動画を紹介した事がありますが、それよりデイブはニルヴァーナでドラムを担当していた頃からのファンなので、恥ずかしいことなんてお構いなしですが、さすがにラウンジに乗り込むことはできませんでした。そんなことしたら、飛行機乗せてくれなくなるだろうし。

やっぱりダメかと思って、搭乗手続きのために並んでいると、エコノミークラス待ちの長い貧乏行列の横を、あのベーシストが通り過ぎました。デイブもやってくるはず!と思い、ペンを用意して待っていると、デイブとドラマーがやって来ました。

思い切って「Foo Fightersのデイブですか?サインください」というと「そうだよ」と言ってサインをくれました。いい奴だ。「どうもありがとう」と言ったら、「you're welcome, baby doll」だって。baby dollって「お嬢ちゃん」ぐらいの意味なんだけど、「お嬢ちゃんって言われるほど、私若くないのよね。つうか、サインなんて貰うのはガキの仕業だと思われても仕方ないか」と思って顔が真っ赤になったのが自分でもわかりますた。(まさに気分は「「Learn to Fly」に出てくるおさげのファンの子(デイブ)だったし)

ところで、このデイブ。いつもはヒゲをはやしているのに飛行機に乗り込む時は、すっきりつるつるフェイスでした。でも、またLAの空港で見かけたときは、いつものヒゲ面デイブでした。ヒゲ生えるの早すぎ。

ところで、ライブが福岡であるのは知っていたのですが、もう終わってアメリカに帰国したんだろうとおもったのですが、さっき調べてみたら、福岡のライブは2/10だって。ん?日本時間2/10には彼等は揃ってLAに居たんですが。ライブはどうなっちゃったの?ていうか、わたしがサインを貰ったFoo Fightersは影武者???私は誰のサイン貰ったの???

Posted by Dane at 12:59 AM

February 08, 2003

◆チュウ♪してない人は誰?

JSR1.gif【問題】次に挙げる女優でアダム・サンドラーとキスシーンをしていない人は誰でしょう
(難易度)★☆☆☆☆

1.ウィノナ・ライダー
2.リース・ウェザースプーン
3.ニコール・キッドマン
4.ドリュー・バリモア

今回の正解発表は、ちょっと引っ張ろうかと思ってたりして。

Posted by Dane at 04:50 AM | Comments (0) | TrackBack

February 06, 2003

◆「Mr★ディーズ」日本語版ポスター

deesjp.jpgなんか足りないな〜と思っていたら、日本語版のポスターをあげませんでしたね。ウィノナギャラリーに加えなくちゃ。画像をクリックすると大きくなります。

このポスターの★も嫌いですが、フォントも最悪です。この★とフォントが「本当はコメディ」という隠れた主張なのかな。
「ウィノナ・ライダーの狙いは億万長者!ベイブのニューヨーク玉の輿物語」とか邦題がつかなかっただけでもよしとしますが。(このエセ邦題は、実際のストーリーと異なります。つうか、公式の「彼女の狙いは400億ドル」ってのも激しく間違いだと思いまつ。)

私はアメリカの劇場と機内上映で見ましたが、機内上映はお下品な言葉がカットされて別の言葉に替えられてました。(字幕ではなくてアダムたんが喋るせりふで。日本語吹き替えじゃないです。)
日本の上映ではどうなんでしょうね?覚えているのは火事のシーンの「Holy Shit!」なんですが、多分他にもあったと思います。PG13以上の映画を、子供だけでも見られるレイティングにするために機内用に特別に調整されたものだと思うのですが。

Posted by Dane at 06:48 AM | Comments (19) | TrackBack

February 05, 2003

◆ガーラ湯沢試写会

メールやらなんやらで色々と皆さんから教えていただいた「Mr.Deeds」試写会inガーラ湯沢。念のために言っておきますが、ハッテン場ではありません。ナウなヤングが集うスキー場です。

私もJRの駅や構内で、この「Mr.Deeds」試写会inガーラ湯沢のポスターを見るたびに、なんだか恥ずかしい気持ちがしてしまうのですが、ネットで検索したところ、こんなのが見つかりました。

[会  場] 勤労青少年体育センター   ‥ですって。

>ちゃんと200名集まるのかしら。結局集まらなくて、
>無理にGALA湯沢にたまたま来ていた、アニキにまったく興味なしのスキヤー、
>スノーボーダをかき集めて、ヤンキー兄ちゃんに”だれだよこれ”とかいわれそうな気が。

と、いうメールを頂きましたが(一応匿名にさせていただきます)
ヤンキー兄ちゃんどころか、地元の青年団(ドウテイ率高し)のアニキたちも集まりそうです。

とりあえず、「Mr.Deeds」には雪山シーンも出てくるので、無理やりこじつけで宣伝会社の方々がタイアップゲットしたのだと思います。ご苦労様です。

しかし、公開10日を切ったのに、全然CMスポット見ませんね。2・13からちょこっとやるぐらいでしょうか。
私は公開日には日本に居ないので、テレビでどんな紹介をされていたか、教えていただけると嬉しいです。特に、めざまし&王様のブランチ。アニキの紹介の仕方とかお願いします。

Posted by Dane at 09:15 AM | Comments (2) | TrackBack

February 03, 2003

◆似てる‥かな?

lucyalanis.JPG
【問題】写真の左、SNLでアダム・サンドラーが演じたキャラクターの名前はなんでしょう?
(難易度)★★★★★(苗字もね)

【ヒント】写真の右は、アラニス・モリセット。似てる?映画「ドグマ」や「Sex and the city」のゲストに出てましたが、歌手です。元は子役出身でアイドルもやってたカナダ人ですが。

Posted by Dane at 05:14 PM | Comments (0) | TrackBack

◇追加リンク

リンクを追加しました。

●アニキ系
▼わしの部屋(by わしさん フィリップ・シーモア・ホフマンアニキを愛するわしさんのサイトです。フィル君は、『パンチドランクラブ』でアダムたんと共演してます。)

●ポエマー系
▼diary of petitfeminist(by いとさん まわし→ふんどしつながりでアニキ系にリンクしようかと悩んだ末、やっぱり面白い日記メインなので、テキスト系で)

●コスポリ系
いまだ募集中!「きょうのお買い物」や「おいしいお店メモ」、「上司との不倫記録アリのOLサイト」なんかをお持ちのサイトさん、リンクするです!うちからのリンクが役に立つかは疑問ですけど。

Posted by Dane at 05:03 PM | Comments (5) | TrackBack
Navigation
トップ掲示板
Sponsored Link
カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ
Amazon.co.jp アソシエイト
Search/サイト内検索