March 24, 2004

ダーティ・ボーイズDVD発売記念 感想

アダム・サンドラー幻の作品「ダーティ・ボーイズ(96)」が4/2にDVD発売(しかも1枚買ってもう一枚キャンペーンみたいですよ!奥さん)されるらしいので、感想なんか書いちゃおうかと思います。

というのもアダム・サンドラー擁護委員会で、主演映画で唯一、私が感想を書いていないのが「Bulletproof/ダーティ・ボーイズ」なのです。それはなぜか?・・・感想らしい感想がないから。といってしまっては元も粉もないんですが、感想はなくてもおすすめの見所はありますよ!

まずはストーリー紹介。デイモン・ウェイアンズ扮するFBIの覆面捜査官が、麻薬王の捜査・逮捕のためにその手下アーチー(アダム・サンドラー)に近づき、ふたりの珍道中が始まるという犯罪アクションコメディー。

そして、この映画には実は3つの意外性が隠されているんですよ。

【意外性1】共演者の意外性
アダム・サンドラーはサタデーナイトライブ(SNL)のトップスター、その裏番組で放送されていた「In Living' Color」(ILC)という番組の看板スターのデイモン・ウェインズというライバルの共演という意外性。

【意外性2】キャスティングの意外性
アホっぽいキャラで有名なサンドラーがマフィアの手下という”悪役”で、毒の強いキャラが売りのデイモン・デイモン・ウェインズがFBI捜査官の”ヒーロー”という逆転キャスティングの意外性。

【意外性3】題材の意外性
コメディアンふたりが主演でアクション系映画という設定の意外性。

【意外性1】共演者の意外性に関してなのですが、ILCは90年から始まった”対SNL(75年スタート)”見え見えの裏番組。そして出演者の中心が黒人のコメディアンという番組でした(ジム・キャリーもレギュラーだったことがあるけど)。中でもウェイアンズは兄弟5人のうち4人が出演していてただけあって、デーモンは看板スター。

そのデイモン・ウェイアンズとサンドラーの共演ともなれば、日本で言えばタモリとみのもんたの共演みたいなもので・・・。結局、ふたりのコンビは、水と油とまではいわないけど、どうも交じり合わず、お互い遠慮しているような共演だったのかなあ、と思います。

【意外性2】キャスティングの意外性に関して、このときすでにサンドラーは「ビリー・マジソン」と「ハッピー・ギルモア」の二つの主演映画で成功していました。もちろん、SNLでもオペラマンなどのキャラで有名。馬鹿で品がないけど、憎めない・・・といったようなキャラで。しかし、この「ダーティボーイズ」では、とにかくぼーっとしたバカ。とにかくボケというか普通にバカな男の役。同じバカでも「ビリー・マジソン」のような毒はないので、どうも物足りない。というかキャラがよくわからないキャラで中途半端。意外性なんか求めないで、デイモンをマフィアの手下にして、おっちょこちょいなFBI捜査官がデイモンに助けられながら、捜査をしていく・・・といったほうが面白かったんじゃないかと思います。

マフィアの親分役に「ゴッドファーザー」のジェイムス・カーンが出演していますが、申し訳なくて申し訳なくて。

【意外性3】題材の意外性に関して、当時人気急上昇で若手のコメディアン二人を使っているにも関わらず、コメディアンらしい掛け合いというか、笑いの化学反応みたいな場面がまったくなし。もったいないことに、緩々のアクションシーンが妙に多い。まだウェイアンズのほうが、気軽に演じている感じがはするけど、サンドラーはせりふ言うのが精一杯で、コメディアンとしてのよさが全然生かされていない。誰もふたりにストーリー性のある手に汗なアクションなんか期待してないんだから、もっと「笑い部分」に力を入れるべきかと。

・・・と厳ちいこと言うとりますが、ちゃんとサンドラー擁護委員がチェックしなければならない、見所・萌えシーンも押さえておきましょう。チェックは2つ。

ひとつめは、シャワーシーン。なぜか「ボディガード(92)」で大ヒットしたホイットニー・ヒューストンの I Will Always Love You を熱唱してのシャワーシーン。全然脈絡がなく、しかも中途半端に長いシーンで、数少ないサンドラー萌えの女子に向けたサービスショットに間違いありません。
そしてもうひとつは、ラストシーンでの闘牛士スタイル。今からは信じられない細身です。一瞬ですので見逃さないよう。。。。

・・・以上です。それだけ。「意外性」なんて狙わないで、王道を行ったほうがいいということですね。サンドラー主演で巨匠フランク・キャプラがアカデミー賞監督賞を獲得した『オペラハット』のリメイクとか。ベタ礼賛。

Posted by Dane at 08:44 PM

March 21, 2004

エレン・デジェネレス・ショウ出演記

awards_thum.JPG前日に書いた「めけった最近の画像」でも触れましたが、NBC「エレン・デジェネレス・ショウ」に出演したときの話を。

まず、「エレン・デジェネレス・ショウ」なんですが、昨年スタートした昼間の3時からスタートするトークショウ。昼間ながら、ゲストも毎回豪華だし、何よりエレンが面白い。エレンはスタンダップコメディアンで、数年前はコメディドラマ(シットコム)にも主演していたり。昨年の大ヒット作「ファインディング・ニモ」でドリーの声を演じた人。今年のデイタイム・エミー賞でも確か最多のノミネートを受けていて、早くもNBCの看板番組のひとつ。

で、その人気番組のしかも国民の休日という最高の日に登場したのが、「50 First Dates」の面々。アダム、ロブ、ドリューが出演ということで番組宣伝がかかりまくっていたけれど、最終的には、いつものサンドラー組のアレン・コバート(「50 First Dates」のエグゼクティブ・プロデュサーでもある。)とブレイク・クラーク(「Mr.Deeds」でフットボール選手のお父さん役だったりのいつもはチョイ役だけど、今回はかなり重要な役)も出演して総勢5人参加とゴージャス。

で、最初はドリューがインタビューを受け、そこにアダムたんが追加、さらにロブが追加、というかんじで番組はすすんだわけですが、ロブが出てきた途端、アダムたんの態度が急変。それまでは、おそらくテレビに出演して、インタビューを受ける覚悟というのはあったと思うんだけど、ロブが出てきて、話の方向がロブ中心になると、ロブの話に笑いっぱなし。お茶の間の人かよってくらいで、緊張感ゼロ。

ロブは何かキャラをやらせれば面白いけど、正直言って、あんまりロブのフリートークって面白くない。それはこの日もおなじことで、それなのに「あひゃひゃ」ってず〜っと笑ってる。笑いすぎて、ロブの話に被って、アダムたんの笑い声でロブが何言ってんだかわかんないほど。笑いっぱなし。でも、わざと盛り上げるために笑ってる風じゃなくて、ふつうにいつものように笑っているというか、「ああ、この人バックステージとか打ち合わせでいつもこうなんだろうな」って感じでリラックスして、体とかポリポリ掻いてるし。(この日は格別汚いTシャツ着てた)

とはいっても、主役はやはりアダムたんなので、頭のいいエレンはなんとかアダムたんにもしゃべらせようと話を振るんだけど、すでにオフモードに入っているアダムたんにいくら話しかけてもオフ→オンの切り替えが遅くって「あ〜」という前置きばっかり長くて、エレンにいつ「おめー、テレビ出てんだよ」と一喝されてもおかしくない。多分画面に映ってないところで、鼻ほじってたりしてたと思う。

かねてから、私はアダムたんの”プロデューサー”ぶりってどうなのよ、結局は”アダム・サンドラー”って名前だけじゃないの?、と勘ぐったりしていたんだけど、打ち合わせとか企画会議とかもこんなかんじで人の話し聞いて笑って「いいね〜」みたいに緩々で仕事進めてるんだろうな、周りの人は一緒に仕事すると楽しい(というか「あひゃあひゃ」笑ってくれるから気持ちいい)から、一度共演するとまた2度3度、ということになるんだろうな、と思ってみました。

・・・なんて書くと、結局は仕事らしい仕事してないじゃん!と勘違いする人も居そうなので、書いておくと、前にディナ・カービーが心臓病を患って、しばらく一線から退いてそろそろ復帰したいなあと思いながら、映画の脚本を書いているときに、噂をききつけたアダムたんがやってきて「僕にできることはある?僕、いま映画制作プロダクション持ってるけど、手伝えることはある?」と言って来てくれて、カービーはすごく嬉しかったそうです。

芸歴という面では、アダムたんがSNLに加入したときは、カービーはすでにSNLの看板コメディアンで当時は月とスッポンみたいな違いがあったわけなんですけど。その後、カービーは、トークショウを司会したりして視聴率がよかったにも関わらずスポンサーから嫌われて番組が打ち切りになったり、心臓のバイパス手術を受けたら、バイパスを違う血管に繋がれて死に掛けたり、と散々で芸能界復帰も危うかったんですが。結局、この映画はMaster of Disguiseとしてソニー配給で公開されそこそこヒットしました。多分、アダムたんが声をかけなかったら大手配給なんていう日の目をみなかったろうなあ、という作品ですが。私は変に好きですけど。

Posted by Dane at 03:14 PM

March 20, 2004

めっけた最近の画像

映画俳優(!)のファンサイトにとっては、年に一度の新作映画公開は一番の力のいれどころなわけです。

それなのに。それなのに!


アメリカでは「Fifty First Dates」が2週連続で興行成績1位でトータルでも100億円(100ミリオンドル)突破

という大ヒットなのに、なのに!

【アダム・サンドラー擁護委員会】はどうしたんだ。と、思いませんか?

私は自分自身そう思いますよ。ほぼ一ヶ月も更新がないじゃないですか。


・・・・なぜか。

実は着々とネタ拾いはしているわけです。

しかし、アダムたんに対する深すぎる愛ゆえに、

更新できないのです。

だって、画像が











クリックして拡大すると、ドリューのアバズレ振りがよくわかるよ♪

こんなんばっか。

ぶっ殺しますよ?>ドリュー

上の画像はクリックすると拡大できるので、一緒にはらわた煮えくり返しましょうよ。若人よ。

私は、勘弁して欲しいくらいドリュー・バリモアが苦手なんです。何度も言ってるけど。
別に「ウェディングシンガー」で共演したから・・・という理由ではなくって、もう昔っから。
多分ETのときから。もう生理的に駄目なんで許してください。
彼女がティーンのころにとったヌード写真見て完璧にダメになりましたよ。
そしてトム・グリーンと結婚してダメ度がピーク。

そんな女がですよ。
どれ見てもアダムたんと必要以上にくっついいている!

いや、むしろいちゃついている!


mtv2004sb-preshow.JPG
(MTV/スーパーボール2004プレショウ)

どーゆーことですかっ!!誰か私に説明してください!!!え〜ん!!!

本当にこういう画像ばっかりなんですよっ

なんでこんなにべったりしなきゃいけないのか、意味がわかりません。

こういう手の繋ぎ方ってありえんでしょうが!!!(MTV・TRL)

ええ。確かにジェラスィかもしれませんよ。んでもね、

みたいな写真って、ある意味バッカじゃないの?とも思うわけです。意味ないでしょ。
そう思いませんか?そこのお姉さん!

ちなみにこの番組は、スーパーボールの直前にMTVで放送したプレショウで、
色んな芸能人がゲームなんかをしてスーパーボールを盛り上げる・・・みたいな番組で、
アダムたんはパンツ(ズボンのほうね)を脱いで芸人根性出して、がんばってたわけですよ。
でもね、ドリューが出てくると、ずっとこんな感じでべたべた。
頭イカレてんじゃないですか、この女。
と、正直思うわけです。

「エレン・デジェネレス・ショウ」というトーク番組に
アダムたん、ロブ・シュナイダー、ドリューの3人で出演したときのこと。
エレンもコメディアンなので、昔は3人(エレン、アダム、ロブ)でよくコメディクラブで一緒にライブしたね♪もう20年近く前になるかな、なんて懐かし話してると、
ドリューがアダムたんの手握って、「私にもわかる話して〜」みたいな態度とるわけですよ。
こっちは、そのときの昔話が聞きたいっつうのに!

で、番組の最後にロデオマシーンをサーフィンに改造したもので、しょぼい耐久ゲームなんかしたりして。
ドリューがそのサーフィンマシーンから、下のマットに落ちると、あの女、自力で起き上がらないんですよ。
「アダム、助けて〜」って手伸ばして。
んで、アダムたんはどうしたと思います?
お姫様だっこですよ。テレビぶっ壊そうかと思いました。

私はそんなアダム・サンドラー37歳に問いかけたい。
「アンタ、結婚したばかりでしょうが」

ちょっと奥さん
かわいそうになりました。いろんな意味で。

当の本人、あの女に抱きつかれても内心

こんな感じかと妄想するのが精一杯です。

ドリューはね、「チャリエン」でもそうなんですが、「私たち、大のなかよしなの♪」オーラというか、
そういう態度を物凄い勢いで出すのが得意というか、
「私があのキャメロンと仲のよいドリューなのよ。ね?親友がキャメロンなのよ。
みんなでいっしょに、ラスベガスのローリングストーンズのライブ入っちゃったの。うふ。
共演者とすぐに仲良くなっちゃうあたしって天使みたい〜。」的な寄生をよくする奴で。

「もう、あたしってばこんなにルーシー・リューとも仲がいいのお。あたしってこう見えても性格いいのよお。あたしってば気さくなのお。だからお友達たくさんいるのお。」って。
人気が出るとすぐに「親戚顔」するおばちゃんみたいなもんですか。

あ〜もういや。

このままでは悲しすぎるので、最後にオトコマエな3連発

three.JPG

(スーパーボール前日NBA観戦、「50First Dates」プレミア試写会、NBAレイカーズ観戦)

ああ、ついでに書いておくと、アダムたんが当時婚約者だった奥さんに関して次のようなコメントを。

「彼女のように、やきもちを焼かない人は初めてだ。
僕が撮影(PDLのとき)で、キスシーンがあっても、ベッドシーンがあっても、
彼女は全然平気で撮影現場に居た。
こんなガールフレンドは初めて。
いつも、「あんなシーンはするのやめて!」というガールフレンドばかりだった。
彼女は逆に”だって撮影でしょ?なんで嫉妬しなきゃいけないの”って言っているくらいだ。」

ということなんで、やきもちをやいちゃいけないよ!>D姐
涙を拭いなよ!>D姐
と自分で自分に言い聞かせてみるんですが。


失礼いたしました。

Posted by Dane at 12:31 PM

March 19, 2004

パンチ・ドランク・ラブの元ネタ


以前にもどっかで「パンチドランク・ラブ」のストーリーは元ネタがある、と書いたかと思いますが、写真はそのご当人、アダムたん演ずるバリーのモデルになった人です。

プリン1万2000個で125万マイル!の記事を読んでもらえれば、わかると思いますが、商品についているバーコードを集めてマイレージを獲得したという話の元です。

上の記事に補足すると、125万マイルは金額にすれば25万ドル相当(約3000万円)で、これを3140ドル(35万円)の商品購入でゲットしたと言う話。

このキャンペーンの落とし穴は、ヘルシーチョイス社の商品であればどれでもバーコード10個で500マイルが獲得でき、しかも早期応募はさらに倍、というキャンペーンで、安売りの一個30円のプリンからひとつ500円の冷凍ディナーセットまで同じ扱いをされていたということ。

・・・なんかアダムたんが演じた映画の中の人より、写真だけみるとクレバーな印象の人ですね。

Posted by Dane at 04:02 PM
Navigation
トップ掲示板
Sponsored Link
カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ
Amazon.co.jp アソシエイト
Search/サイト内検索