March 21, 2004

エレン・デジェネレス・ショウ出演記

awards_thum.JPG前日に書いた「めけった最近の画像」でも触れましたが、NBC「エレン・デジェネレス・ショウ」に出演したときの話を。

まず、「エレン・デジェネレス・ショウ」なんですが、昨年スタートした昼間の3時からスタートするトークショウ。昼間ながら、ゲストも毎回豪華だし、何よりエレンが面白い。エレンはスタンダップコメディアンで、数年前はコメディドラマ(シットコム)にも主演していたり。昨年の大ヒット作「ファインディング・ニモ」でドリーの声を演じた人。今年のデイタイム・エミー賞でも確か最多のノミネートを受けていて、早くもNBCの看板番組のひとつ。

で、その人気番組のしかも国民の休日という最高の日に登場したのが、「50 First Dates」の面々。アダム、ロブ、ドリューが出演ということで番組宣伝がかかりまくっていたけれど、最終的には、いつものサンドラー組のアレン・コバート(「50 First Dates」のエグゼクティブ・プロデュサーでもある。)とブレイク・クラーク(「Mr.Deeds」でフットボール選手のお父さん役だったりのいつもはチョイ役だけど、今回はかなり重要な役)も出演して総勢5人参加とゴージャス。

で、最初はドリューがインタビューを受け、そこにアダムたんが追加、さらにロブが追加、というかんじで番組はすすんだわけですが、ロブが出てきた途端、アダムたんの態度が急変。それまでは、おそらくテレビに出演して、インタビューを受ける覚悟というのはあったと思うんだけど、ロブが出てきて、話の方向がロブ中心になると、ロブの話に笑いっぱなし。お茶の間の人かよってくらいで、緊張感ゼロ。

ロブは何かキャラをやらせれば面白いけど、正直言って、あんまりロブのフリートークって面白くない。それはこの日もおなじことで、それなのに「あひゃひゃ」ってず〜っと笑ってる。笑いすぎて、ロブの話に被って、アダムたんの笑い声でロブが何言ってんだかわかんないほど。笑いっぱなし。でも、わざと盛り上げるために笑ってる風じゃなくて、ふつうにいつものように笑っているというか、「ああ、この人バックステージとか打ち合わせでいつもこうなんだろうな」って感じでリラックスして、体とかポリポリ掻いてるし。(この日は格別汚いTシャツ着てた)

とはいっても、主役はやはりアダムたんなので、頭のいいエレンはなんとかアダムたんにもしゃべらせようと話を振るんだけど、すでにオフモードに入っているアダムたんにいくら話しかけてもオフ→オンの切り替えが遅くって「あ〜」という前置きばっかり長くて、エレンにいつ「おめー、テレビ出てんだよ」と一喝されてもおかしくない。多分画面に映ってないところで、鼻ほじってたりしてたと思う。

かねてから、私はアダムたんの”プロデューサー”ぶりってどうなのよ、結局は”アダム・サンドラー”って名前だけじゃないの?、と勘ぐったりしていたんだけど、打ち合わせとか企画会議とかもこんなかんじで人の話し聞いて笑って「いいね〜」みたいに緩々で仕事進めてるんだろうな、周りの人は一緒に仕事すると楽しい(というか「あひゃあひゃ」笑ってくれるから気持ちいい)から、一度共演するとまた2度3度、ということになるんだろうな、と思ってみました。

・・・なんて書くと、結局は仕事らしい仕事してないじゃん!と勘違いする人も居そうなので、書いておくと、前にディナ・カービーが心臓病を患って、しばらく一線から退いてそろそろ復帰したいなあと思いながら、映画の脚本を書いているときに、噂をききつけたアダムたんがやってきて「僕にできることはある?僕、いま映画制作プロダクション持ってるけど、手伝えることはある?」と言って来てくれて、カービーはすごく嬉しかったそうです。

芸歴という面では、アダムたんがSNLに加入したときは、カービーはすでにSNLの看板コメディアンで当時は月とスッポンみたいな違いがあったわけなんですけど。その後、カービーは、トークショウを司会したりして視聴率がよかったにも関わらずスポンサーから嫌われて番組が打ち切りになったり、心臓のバイパス手術を受けたら、バイパスを違う血管に繋がれて死に掛けたり、と散々で芸能界復帰も危うかったんですが。結局、この映画はMaster of Disguiseとしてソニー配給で公開されそこそこヒットしました。多分、アダムたんが声をかけなかったら大手配給なんていう日の目をみなかったろうなあ、という作品ですが。私は変に好きですけど。

Posted by Dane at 03:14 PM

February 25, 2004

映画「50 First Dates (フィフティ・ファースト・デート)」感想

公開から2週目になってしまいましたが、「50 First Dates (フィフティ・ファースト・デート)」の感想を書きました。

コチラからどうぞ。

公開から2週間の成績は
Feb 13–16 1 $45,107,871 3,591(上映館) $12,561 $45,107,871
Feb 20–22 1 $20,427,325 3,612(上映館) $5,655 $71,738,493
Total as of Feb. 24, 2004: $74,103,287 です。ちなみにバジェットは75ミリオン。

でも、今日公開された「The Passion of the Christ」が水曜日にもかかわらず、初日で20ミリオンドル超えらしいので、3週連続は無理ぽです。

Posted by Dane at 04:48 PM

February 15, 2004

「50 FIRST DATES」初登場1位!

今週末に公開された「50 FIRST DATES」が、見事41ミリオンドル(45億円)の興行成績で、ブッチギリの1位をゲットしました!(2位は「バーバーショップ2」で15ミリオンぐらい)。よかったですね〜。

最初はこの映画「50First Kisses(フィフティ・ファースト・キッシズ)」というタイトルで、その語感の悪さが返って「イルハン・マンスズ」みたいな、声に出して読みたいタイトルでよかったのになあ〜、とか思ってたのですが、とにかく1位ゲットでよかったです。

まあ、なんでこういう事書いているかというと、まだ映画見ていないからなんですけど。サンドラーの映画で公開日に見に行ってない映画はコレが始めてかも。いろいろ理由はあるのですが。

ところで、公式サイト(英語)にあった「50」の壁紙なんですけど、アダムたんのよりロブのがいいです。コレ

Posted by Dane at 11:22 PM

February 13, 2004

コナン・ショー@カナダ報告

パンチ・ドランク・ラブ」のDVDも持っていない青二才(衣装が青いだけにね)な奴らばかりの日本在住者の皆さん、こんにちわ。

もう、これだけ「アメリカのヒュー・グラント」とか「21世紀のロマンチック・コメディの貴公子」とか「次世代の耽美系」とか人のことあおらせておきながら・・・アレは幻でしたよ。本当に儚い。木曜日のコナンショウでは、ギネスブック乞食に逆戻りです。でもって、屋内なのにダウンジャケット。いくら外は雪だからって。礼儀もなにもありゃしないですよ?帽子は先日UPしたテキサスでバスケを観戦したときのと一緒だし、パンツは前日のレターマンと一緒ですよ。ついでに言えば、翌金曜日朝の放送の「リッジス&ケリー」のゲストの時も同じパンツ&革靴ですよ。3連投です。

いや、そんな否定的なことばっかり言ってはいけませんでした。ワタシはアダム・サンドラー擁護委員だったのです。いくら他人様が「こんなクソみたいな映画」とかおっしゃっても「いや、そんなことありませんよ。コレはまだ乾いてないトリュフですから。ほら、独特のいい匂い・・・」と言って、笑顔でクソでも食べなきゃならん、むしろ食べてなんぼの人間であることを忘れていました。申し訳ありません。

ところで、昨日のトークなんですが、「ミートボール」「お父さん」「結婚」の3大話ばかりで、コレといって新鮮はことは言ってなかったような・・・。「リッジス&ケリー」でも同じテーマで話してましたし。「リッジス&ケリー」には「モッツァボール」ちゃん(ペットでメスのブルドッグ)がスタジオに来てましたけどね。

あ、そういえば思い出した。コナンに「子供は作らないの?」と聞かれて「作る工程には勤しんでるけど・・・」というと、観客から「You Can Do it!」の声が。これはもちろん、「ウォーターボーイ」のロブ・シュナイダーの台詞ね。(「アニマルマン」でサンドラーがパロディしてるけど)
カナダ人、のりイイあるね。で、サンドラーもそれに答えて「I can do it all night long!」と。それから、観客でわざわざ亡くなったミートボールの写真をプリントした自家製Tシャツを持ってきてた人が居て、サンドラーにプレゼントして、サンドラーも感謝してましたよ。Tシャツには「1999-2004」って書いてあってね。

ところで、ABC振興会で書いた例の「トライアンフ・カナダ政府から非難される」がアダムたんのゲスト日でした。ま、この週はすべてカナダ出身のゲストだったので、『俺もカナダ人だ』と言い張ってました。が、コナンに「カナダの初代首相は?」と聞かれると「カナディアン・ベーコン」と。ボケが中途半端すぎ。つうか、同じパンツ&革靴ばっかり履いてるおまいのほうこそ、トライアンフに「股が臭い」と突っ込まれるべき。

Posted by Dane at 10:17 PM

February 12, 2004

レターマン出演報告

「アンガーマネージメント(NY式ハッピーセラピー)」ですら見ていないという憐れな日本在住者のみなさん、こんにちわ。

昨日は「50 First Dates」のPRでCBSのデビッド・レターマンショウにアダムたんが出演していました。

やばいですよ。

確実にヒュー・グラント化が進行してますよ。着々と。

いつもはテレビ出演のときは、野球帽・Tシャツ(冬場はパーカーね♪)・ジャージにスニーカーで、”乞食ルック”とまで称されたギネスブック入りの億万長者、アダム・サンドラーが遂に本気出しましたよ。シャツですよ、シャツ。襟付き。その上、パンツはシルク混(当社調べ)で革靴ですよ、あーた。

もう、サンドラーが「アメリカのヒュー・グラント」と呼ばれる日も近いですね。つうか、来てます。既に。ロマンチック・コメディの貴公子なんて呼ばれて(私だけですが。しかも今急に)満足している場合じゃないっすよ。来ますよ、「モーリス」のリメイクオファー。もう、ガス・ヴァンサントも黙っちゃいないですよ。或いは、トム・クルーズスチュワート・タウンゼントときた次のレスタト役、やっちゃうかもしれないですよ。お耽美系に走っちゃうかもですよ。

「革靴履いてんのに、ソックスはいまだに白いスポーツソックス(3足7ドル88セント)かよ。プ。」とかツッコミ入れることもできませんね。もう、今までのアダムたんとは違うから。「アメリカのヒュー様」だから。お耽美クンだから。

・・・ということで、久々の生サンドラーに興奮してみましたが、昨日のトーク内容も書いておかなきゃ。

常に「いつ結婚するんだ」と事あるごとに聞いていたレターマンなので、最初の話は新婚旅行の話。
「新婚旅行はハワイに行ったんだけど、楽しかったよ。新婚初夜に妻が急に着飾っちゃって。ほら、(セクシーな)下着なんか着て。新婚旅行で舞い上がっちゃってたと思うよ。だから”おいおいどうしたんだ、落ち着いて。まあまあ、ジャージにでも着替えてリラックスしてよ”となだめたよ」
・・・こういうネタのされ方したら、私、舌噛みます。いくらアダムたんの妻でも。あ〜よかった妻じゃなくて(負け惜しみ)

それと、話題は昨年亡くなったお父さんと数日前に亡くなった愛犬・ミートボール君の話。とは言っても泣きが入るようなトークではなく、そこはロマンチック・コメディの貴公子らしく観客を笑いの渦に巻き込みつつ。さすがスタンダップコメディアン出身。

で、ミートボールくんはが心臓発作で亡くなったのは、アメリカでは結構大きく報道されていて、かなり有名な話。おそらく結婚式でも「介添え犬」をやったりして写真がよく出てたし、「リトルニッキー」のビーフィー本犬だと勘違いする人も多いからでしょう。(本当はビーフィーの息子)で、そのお葬式は、盛大にユダヤ式でやったそうな。

「ミートボールのお葬式には100人ぐらい友人が来てくれたよ。だからユダヤ式で盛大にね。いや、あの時父が居なくてよかったね。父はミートのことをすごくかわいがっていたけど、あのお葬式みたいら”いいから犬なんだから、とっとと埋めろ!”って叫んでたと思うよ」
とのこと。そしてトークの後にはアコースティックギターで笑ってちょっとホロリとさせる新曲「父に捧げるバラード」を熱唱。

ああ、アダムたんは「アメリカのヒュー様」じゃなくて「アメリカの武田鉄矢」なのかな、って正直思いました。ぐすん。

★私の能書きはいいんで、レターマンのサイトから見れる動画を楽しんじゃってください。画像はクリックすると拡大できます。

Posted by Dane at 05:43 PM

衣装オークション

明日全米では「50 First Dates」の公開ということで、これでもかというほどCMが流れ、街角にはビルボードが立ちまくりなのですが、ネットではE-bayで出演者が着たコスチュームのオークションが始まってます。コチラ

写真の左はサンドラーの着用したもので、ケネス・コールのものです。サイズは
Size: Shirt - XXL; Shorts - 36
Bust: Shirt - 48"
Waist: Shorts - 37"
だそうで。太!

右は女の子着っぽく見えますが、ロブ・シュイナイダーのもの
Size: Shirt - no label; Shorts - 28
Bust: Shirt - 32"
Waist: Shorts - 27"

サイズみると、余計男物には見えないですが。

なんか、サンドラーとロブのサイズを比べると歴然ですね・・・。こういうのでサイズがわかっちゃうのもね。ちなみにこの衣装によるとドリューのバストは35です。なんかもっと大きく見えるような。縮小手術のおかげでしょうかね。

今のところ、ロブの衣装のほうが高値ついてるのが複雑なんですけど。

Posted by Dane at 04:39 PM

January 28, 2004

アダムたん目撃情報!!!

50FD040128.jpgハワイ在住のさくらさんから、「アダムたん目撃!」という羨ましい情報を頂いたので、掲載させていただきます。

先日、Sony Openの前夜祭で映画を一足先に見ました。超、いい
です!!!毎日アダムたんがあんなことをしてくれるのか〜幸せ〜って感じ。
Anger Managementよりも確実に惚れ度アップです!!
登場する場所も私にとってはローカルな場所ばかりで、楽しめました。

なんでもSony Openのプロアマにアダムたんが参加するからこの映画になったらし
いよ、ふーん、とかいっていたら翌日、クラブハウスで一緒になりました。意外
と華奢でびっくり。しかも髪が長くてキャップをかぶってたので前日に見てなか
ったら気がつかなかったかも。

とのこと。「Sony Open」は前に掲示板で書いた「Anger Management」のDVD発売記念でハワイでの接待ゴルフご招待プレゼント!とやっていたキャンペーンですね。

>Anger Managementよりも確実に惚れ度アップ
とは!!!私としては、予告編もパッとしないしなあ、とか、最近巨大ビルボードをよくみかけるようになったのはいいですが、アダムたんの名前がドリューより右にきているものがたまにあったりして憤慨したり(歌舞伎じゃないんだから)、ポスターもあの一種類で、スティールも全然出回らないし、どうなってんだ!と不安になってたのですが、「確実に惚れ度アップ」とは楽しみです。

>毎日アダムたんがあんなことをしてくれるのか〜
ドリューが毎日記憶が無くなって、それを甲斐甲斐しくアダムたんが・・・という感じですよね。
「あんなこと」って、どんなことなんだろう〜。うくく

頂いたメールには、いつOpenがあったのかは書いてなかったので、この週末あたりだったのかしら?と思いながらさっきテレビを見ていたら、アダムたん&ドリューのインタビュー@ワイハーが流れてました。確かに、その映像を見ると、やせてますね。うちのダンナが2.3ヶ月まえに見かけたときは「俺より重そうだった」と断言してましたが、お父さんのことやらで、スリムになったのでしょうか。その時もキャップ姿だったので、一瞬気が付かなかったらしいですが、声でわかったそうです。

日本だと、ゴルフの後クラブハウスのお風呂で裸とハダカのつきあい・・・があったりしますが、ハワイですよね。せいぜいサウナかしら。さくらさんが殿方でなかったのが残念です。

ということで、コレ以上脳内で色々想像しすぎないうちに・・・どうもありがとうございました!

Posted by Dane at 08:25 PM

January 20, 2004

50 First Dates 試写会招待プレゼント

アメリカで2月13日公開の「50First Dates」ですが、この公開プレゼントキャンペーンがアメリカでは行われています。なんと十代むけファッション雑誌「ELLE Girls」とのタイアップで”プレミア試写会のレッドカーペットご招待!”らしいです。もちろん”足代つき&レッドカーペットにはリムジンでお出迎え”の待遇。その上Wet Sieldという水着メーカーの500ドルギフト券つき!という豪華だかなんだかよくわからないプレゼント。

もちろん、私は応募しましたよ。プレミア試写会の場所まで●●分かからないところに住んでますが。もしSONYが「足代をケチるにはこの住所最高!」と思ってくれればいいのですが。しかし、問題は十代むけファッション雑誌とのタイアップという事。年齢ではじかれる可能性大でございます。ははは。

応募はコチラから。SONYが太っ腹といっても、いくらなんでも日本からの足代はでないでしょうから、アメリカ在住の方は応募してみては?

ところで、「50First Dates」はドリューが苦手なのでいまひとつ乗り切れない(ええ、ドリューかわいいじゃん!という人が居たりするのもわかってますよ、すみませんねえ。)のですが、「50First Dates」のアダムたんは元プレイボーイなのに、ドリュー役の女の子に出会って・・・みたいな話も。なぬぅ!プレイボーイとは!俄然たのしみになってきましたよ!もしかしたらプレイボーイじゃなくて、単に気の多いやつかもしれないが!

Posted by Dane at 04:36 PM

December 03, 2003

50公式サイトとポスター

先日正式タイトルが『50 First Dates』に決まったとお伝えしましたが、公式サイトとポスター(左画像。画像をクリックすると拡大できます)ができたようです。

ポスターなんですが、アダムたん、左向いてまたもや横向きですね。左派だからでしょうか。しかし、なんか変?と思ってよくみたんですが、私が思うにバリモア修正しすぎ!顔のトーンとかそういうの以上に、顔の大きさ!!!これではアダムたんと遠近感なし。不思議絵状態。エッシャーもびつくり。リアルではアダムたんとバリモアでここまで顔の大きさの違いがないはず!!

で、当のアダムたん。ハワイが舞台だけあって、ウクレレ抱えてますが。コレが日本で公開されたら、『高木ブー』がこの映画の応援団長とかに任命される悪寒。いや、まじで高木ブーさんが宣伝キャラになったら、このサイト閉鎖します。

ところで、邦題はどうなるんでしょうね?「50回目の初デート」とか「50回目の初恋」とかになるんでしょうか。37歳で初恋・・・キモ。あ、こんな邦題になったら、高木ブーさんどころでなくって、武田鉄(以下自粛
サイト閉鎖どころの話じゃないな。

Posted by Dane at 10:58 PM

November 01, 2003

50 First Dates 50ファーストデート

50_fd.gifかねてから「50 First Kisses」というタイトルで紹介されてきた来年公開のドリュー・バリモア共演映画のタイトルが「50 First Dates」に正式に決まった模様。もうこうなりゃ、キスでもデート、セ・・・でも何でもいいけどさ。

内容は、ドリュー扮する女性が朝目覚めると前日までのことをすっかり記憶喪失症で、そんな女に惚れたサンドラーが毎日、彼女に告白するという話。いい話ですね、相手がドリューじゃなければ。ビル・マーレイの「恋はデジャブ」っぽいですね。「アンガマン」は”おつむてんてんクリニック”っぽいかと思ったけど。ビル・マーレイ映画モチーフで相手役っぽい役をやるというのが、最近のサンドラー映画の傾向になりつつあるような。擁護委員のワタシがそゆこと指摘しちゃ、ダメっすか。

本当に申し訳ないんですが、ワタシ、ドリューが大苦手でして。ダメなんです、ああいう犬っぽい顔。本当は「50」のスチールとかも結構出回ってるので、サイトに載せようかと思ったんですが、どうもアノ顔がサイトに載ってると、ワタシ自身自分のサイトにアクセスしなくなっちゃうのではないかと思って。ドリューは、10月に公開された主演映画「Duplex」がベン・ステイラー共演にもかかわらず大コケ。アメリカでは「ジーリ」(ベン&JLo)以来の失敗作といわれてますが。さりげに「チャーリーズ・エンジェルフルスロットル」も興行的に失敗の部類に入るし。「50」が万が一コケたら、ドリューのせいですね。早く気がついたほうがいいです。自分が「カワイイ路線」ではないことを。自分がプロデューサーという力を利用して、本来の姿以上の綺麗どころ役をやるのは、もう辞めましょう。関係ないけど、ヒラリー・ダフも5年後にはドリュー顔になると思います。
この予告編は、昨日アメリカのテレビでも"初公開!!”と大々的に放送されてましたが、予告編はこちら(公式)からも見れます。二人がベッドから起き上がるシーンから始まるので、ドリューがジャック・ニコルソンかと思いました。公式はURLがkissesのままですね。ははは。

ダン・エイクロイド、ロブ・シュナイダー、ショーン・アスティンも出演。

Posted by Dane at 12:10 PM
Navigation
トップ掲示板

since November 5, 2002
PR

カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ