March 24, 2004

ダーティ・ボーイズDVD発売記念 感想

アダム・サンドラー幻の作品「ダーティ・ボーイズ(96)」が4/2にDVD発売(しかも1枚買ってもう一枚キャンペーンみたいですよ!奥さん)されるらしいので、感想なんか書いちゃおうかと思います。

というのもアダム・サンドラー擁護委員会で、主演映画で唯一、私が感想を書いていないのが「Bulletproof/ダーティ・ボーイズ」なのです。それはなぜか?・・・感想らしい感想がないから。といってしまっては元も粉もないんですが、感想はなくてもおすすめの見所はありますよ!

まずはストーリー紹介。デイモン・ウェイアンズ扮するFBIの覆面捜査官が、麻薬王の捜査・逮捕のためにその手下アーチー(アダム・サンドラー)に近づき、ふたりの珍道中が始まるという犯罪アクションコメディー。

そして、この映画には実は3つの意外性が隠されているんですよ。

【意外性1】共演者の意外性
アダム・サンドラーはサタデーナイトライブ(SNL)のトップスター、その裏番組で放送されていた「In Living' Color」(ILC)という番組の看板スターのデイモン・ウェインズというライバルの共演という意外性。

【意外性2】キャスティングの意外性
アホっぽいキャラで有名なサンドラーがマフィアの手下という”悪役”で、毒の強いキャラが売りのデイモン・デイモン・ウェインズがFBI捜査官の”ヒーロー”という逆転キャスティングの意外性。

【意外性3】題材の意外性
コメディアンふたりが主演でアクション系映画という設定の意外性。

【意外性1】共演者の意外性に関してなのですが、ILCは90年から始まった”対SNL(75年スタート)”見え見えの裏番組。そして出演者の中心が黒人のコメディアンという番組でした(ジム・キャリーもレギュラーだったことがあるけど)。中でもウェイアンズは兄弟5人のうち4人が出演していてただけあって、デーモンは看板スター。

そのデイモン・ウェイアンズとサンドラーの共演ともなれば、日本で言えばタモリとみのもんたの共演みたいなもので・・・。結局、ふたりのコンビは、水と油とまではいわないけど、どうも交じり合わず、お互い遠慮しているような共演だったのかなあ、と思います。

【意外性2】キャスティングの意外性に関して、このときすでにサンドラーは「ビリー・マジソン」と「ハッピー・ギルモア」の二つの主演映画で成功していました。もちろん、SNLでもオペラマンなどのキャラで有名。馬鹿で品がないけど、憎めない・・・といったようなキャラで。しかし、この「ダーティボーイズ」では、とにかくぼーっとしたバカ。とにかくボケというか普通にバカな男の役。同じバカでも「ビリー・マジソン」のような毒はないので、どうも物足りない。というかキャラがよくわからないキャラで中途半端。意外性なんか求めないで、デイモンをマフィアの手下にして、おっちょこちょいなFBI捜査官がデイモンに助けられながら、捜査をしていく・・・といったほうが面白かったんじゃないかと思います。

マフィアの親分役に「ゴッドファーザー」のジェイムス・カーンが出演していますが、申し訳なくて申し訳なくて。

【意外性3】題材の意外性に関して、当時人気急上昇で若手のコメディアン二人を使っているにも関わらず、コメディアンらしい掛け合いというか、笑いの化学反応みたいな場面がまったくなし。もったいないことに、緩々のアクションシーンが妙に多い。まだウェイアンズのほうが、気軽に演じている感じがはするけど、サンドラーはせりふ言うのが精一杯で、コメディアンとしてのよさが全然生かされていない。誰もふたりにストーリー性のある手に汗なアクションなんか期待してないんだから、もっと「笑い部分」に力を入れるべきかと。

・・・と厳ちいこと言うとりますが、ちゃんとサンドラー擁護委員がチェックしなければならない、見所・萌えシーンも押さえておきましょう。チェックは2つ。

ひとつめは、シャワーシーン。なぜか「ボディガード(92)」で大ヒットしたホイットニー・ヒューストンの I Will Always Love You を熱唱してのシャワーシーン。全然脈絡がなく、しかも中途半端に長いシーンで、数少ないサンドラー萌えの女子に向けたサービスショットに間違いありません。
そしてもうひとつは、ラストシーンでの闘牛士スタイル。今からは信じられない細身です。一瞬ですので見逃さないよう。。。。

・・・以上です。それだけ。「意外性」なんて狙わないで、王道を行ったほうがいいということですね。サンドラー主演で巨匠フランク・キャプラがアカデミー賞監督賞を獲得した『オペラハット』のリメイクとか。ベタ礼賛。

Posted by Dane at 08:44 PM

March 19, 2004

パンチ・ドランク・ラブの元ネタ


以前にもどっかで「パンチドランク・ラブ」のストーリーは元ネタがある、と書いたかと思いますが、写真はそのご当人、アダムたん演ずるバリーのモデルになった人です。

プリン1万2000個で125万マイル!の記事を読んでもらえれば、わかると思いますが、商品についているバーコードを集めてマイレージを獲得したという話の元です。

上の記事に補足すると、125万マイルは金額にすれば25万ドル相当(約3000万円)で、これを3140ドル(35万円)の商品購入でゲットしたと言う話。

このキャンペーンの落とし穴は、ヘルシーチョイス社の商品であればどれでもバーコード10個で500マイルが獲得でき、しかも早期応募はさらに倍、というキャンペーンで、安売りの一個30円のプリンからひとつ500円の冷凍ディナーセットまで同じ扱いをされていたということ。

・・・なんかアダムたんが演じた映画の中の人より、写真だけみるとクレバーな印象の人ですね。

Posted by Dane at 04:02 PM

September 24, 2003

N.Y式ハッピー・セラピーポスター

NYHappy0309.jpg
「アンガーマネージメント」の日本公開が今秋からさらに来春に伸びたそうです。日本では「N.Y式ハッピー・セラピー」として公開されるでしょうから、年を越しても忘れないようにしましょう。

で、左はそのポスター。アダムたん、ちっせー!私が書いた映画感想で、「日本で売れるためには、ポスターの変更を」と呼びかけましたが、こうじゃないだろうが(いや、こうなるとは思っていたが)。画像をクリックすると拡大して見れますが、アダムたんはスクロールしないと見えないかもしれません・・・。

教えてくれたKEIさんThanks!

Posted by Dane at 09:51 PM

September 16, 2003

NY式ハッピーセラピー・アンガーマネージメントDVD発売!

angaedvd.jpgAnger Managementアンガーマネージメント(邦題「NY式ハッピーセラピー」DVDがアメリカで明日9月16日発売!でございます。

明日発売なのでまだ買ってませんが、ダンナががんばって底値調査をしてくれたので明日張り切って買いに行ってくれると思います!(他力本願)
定価は$27.94なんですけどね、「LOTR TTT」でさえ、発売日から3日間は14ドルで売っていたのに、アンガマンはどこを探しても18ドルが精一杯。先週発売された「Bulletproof Monk 」なんか既に叩き売り状態なのに。・・・と主婦のつぶやきでした。

★★★★追記★★★★
DVDに収録の劇場予告編未公開シーン。特に未公開シーンは、演技力15UPしたアダムっつのがわかりやすいので必見です。シチュエーションとしては、おとなしくてうじうじしているアダムたんが、アグレッシブな精神科医のジャックに翻弄されつつ、性格が次第に・・・・というところかな。

アメリカ版の主なDVD特典は以下の通り。(前に書いたかもしれないけど)
Commentary by Adam Sandler and director Peter Segal
Theatrical trailer(s)
Four Deleted Scenes
Blooper Reel
"My Buddy, Jack" Featurette
"Skull Session" Featurette
"Do You Have Anger Problems?" set-top game

Posted by Dane at 12:21 AM

August 17, 2003

スペイド最新映画「Dickie Roberts」

Spademovie.jpg左の写真は誰でしょう?って名前書いてありますが。9月に全米公開されるアダムたんエグゼクティブプロデューサー、ハッピーマジソン制作の「Dickie Roberts - Former Child Star」の主演・脚本で、”全米唯一のアンニュイ路線コメディアン”のデビッド・スペイドです。

タイトルの通り、スペイドは元・超有名子役ディッキーで、今は俳優としては仕事がない駐車場の管理人をする35歳。しかし、どうしても勝ち取りたい大役のオーディションを受けることになり、復活をかけて挑戦しようとする。しかし、その役はとにかく”普通の男”であることが条件。子供時代は”大スター”だったディッキーが”普通のオトナ"であるわけがなく、ある家族を雇って、"普通”の子供時代を再現してもらい、そして普通のオトナに成長しようと・・・・。

dickie.gifちっちゃいデビッド・スペイドが元・子役、という設定は納得。公式サイトに載っているトレイラーはなかなかなんですが、前にTVでスニークプレヴューという事で見せたティーザーが、酷いわ、子供向けだわ、でも子供でも笑わんだろう、という出来だったので、あまり期待はしてません。でも、スペイドの顔好きだし、ジョン・ラビッツも出るし、見に行くと思いますけどね。つうか、プレミア試写会やったらアダムたんも行くのかな。だったら・・・・。

で、デビッド・スペイドを知らん!という人にオススメなのは「Lost and Found」という映画なのですが、調べてみたらライラ/フレンチKISSをあなたとなんちゅう邦題になってますた。ライラってのは共演のソフィー・マルソーの役名なんですが。まあ、とにかくちょっとだけ出てくるジョン・ラビッツとの掛け合いは笑えますので、レンタルでもしてみてください。

もちろん、クリス・ファーレイと共演している「トミーボーイ」と「Black Sheep(邦題・プロブレムでぶ/何でそうなるの?!)」(←この邦題のほうが”何でそうなるの?!”じゃ!)と主演の「Joe Dirt」(邦題わからない。ビデオスルーもしてないの?)も面白いですよん。アニメ「ラマになった王様」の主人公のラマ/王様クスコの声もスペイドです。

デビッド・スペイドって、主演のシットコムNBC「Just Shoot Me」が、新エピソード・再放送を含めて週に3回以上は放送されているし(もちろんネットワークの全国放送)、コメセンでSNLは毎日放送されているし、テレビに限って言えば、アダムたんより全然露出が多いし人気があるのかどうかよくわかんないけど、超有名なのに。

あと、念のため「Dick」は男性の名前ですが、もちろん「男性自身」(アレ)のことを意味したり、Dick Headで”大バカ”(ち●ぽ脳ってことね)を意味したりします。ちなみに、Richard(リチャード)のニックネームです。なぜか。

Posted by Dane at 12:03 AM

August 16, 2003

PDL パンフレット

タジさんから送っていただいた日本で発売されている「パンチドランクラブ」のパンフレット画像です。(画像をクリックすると拡大できます)
箱に入っていて、なかなか凝ったつくりですね。かわいいのはいいのですが、アダムたんの顔もなんもついていないのが、悲しいですけど。アメリカではパンフレットやチラシの類は全く売ってなくポスターしかないので、日本のこういったプレミアム商品が懐かしいです。アメリカのポスターは、バス停なんかに貼ってもOKなように、両面刷りなんですけどね。
タジさん、どうもありがとうございました!

ところで、PDLで共演し、N.Y式ハッピー・セラピー(「Anger Management」)でも共演しているハリウッドの丹古母鬼馬二ことルイス・ガズマンが9月からFOX TVで「Luis」というシットコムに主演します。そしてついでに、SNLでアダムたんの共演者で、「ビリー・マジソン」でアダムたんのアホ友達として出演していたノーム・マクドナルドが久々に復活。SNLをクビになり、主演のシットコムがぱっとせず、でもってSNLでホストを任されたはいいが、オープニングトークでこれまた悪態をついて表舞台から見放されたノームが、これまたFOX TVでシットコム「A Minute With Stan Hooper」で登場。これは、ノームが元ニュースキャスターのStan Hooperを演じていて、これはSNL時代の「Weekend Update」のアンカーマンを降ろされた不遇を彷彿とさせる設定で、見逃せませんです。放送は10月から。

Posted by Dane at 11:16 PM

August 10, 2003

ロブたん「ホットチック」発売

RastAdam.jpgロブ・シュナイダー主演の「ホット・チック」はどうやら日本ではビデオスルーのようですね。10月16日発売のようですが、詳細がわかったらまたお伝えします。日本未公開作品となってしまった「デュースビガロウ」と同じ会社が扱ってるから「ホットチック」ももしや・・・と思った悪寒が当たってしまいました。残念。アニマルマンよりおもろいのになあ。変な邦題はつかないのかな?

アダムたんも、写真のようなスタイルで登場してるのでお楽しみに。カメオの割にはちゃんと登場していてけっこうオイシイ役です。

8月11日追記)さっきテレビでロビン・ウィリアムズの「ミセスダウト」をやっていたので気がついたんですが、ヒロインのボーイフレンド役の男の子、この映画でロビン・ウィリアムスの息子役の子ですた。最近のTV「ボーイ・ミーツ・ワールド」のほうしか気がつかなかったわ。今はこんな感じです。

Posted by Dane at 09:59 PM

April 01, 2003

Going Overboard

実はわたくし、アダム・サンドラー出演の映画で1本だけ、見たことがない映画がありまして。それがこの1989年の「Going Overboard 」キャラクター紹介の「Stud Boy」時代の映画で、そこにも書いてあるように「MTVスプリンブレイク」のイメージのサンドラーのような映画です。しかも公開された当時のタイトルは「Babes Ahoy」(「ちょっと!そこの彼女!」みたいな感じ)

ストーリーは、ニューオーリンズからカンクンまでミスユニバースコンテストを豪華客船でクルーズしてコンテストをするストーリーのようなんですが、見たら嫌いになっちゃうんじゃないかと思うほど、評判が悪くて‥。今更言う事じゃないか。

R指定なので、相当エロギャグが満載らしいし、海パン姿は見れそうだし‥。ということで、買ってはみたものの、未だに見ていない‥という映画です。
Going Overboard で、アンガマンを見る気が失せると困るので、アンガマンを見た後にコソーリ見ようかと思っております。

Posted by Dane at 09:00 AM | Comments (2) | TrackBack

March 10, 2003

ウォーターボーイの予告編

「ウォーターボーイ」の予告編動画が見れるサイトをメールで教えていただきました。(まろーんさん、ありがとうございます!)
PCが今ちょっと調子が悪くて、私は見れていないのですが↓のURLでどうぞ。(コピペして頭にhを付けてください)

ttp://www.movies.co.jp/lineup/index.php3?code=VWRS4249&subcode=0

あと、同じメールで「ウォーターボーイの髪は地毛なの?」という質問も頂きましたが、どうなんでしょう?私はヅラだと思うんですけど。「ウォーターボーイ」撮影風景で、普段はいつもの髪型のサンドラーを見た気がするんですが。気のせいかな。地毛かもしれないですね。

Posted by Dane at 11:50 AM | Comments (1) | TrackBack

March 06, 2003

◆エイトクレイジーナイツ

今更ですが、昨年の11月に全米公開された映画「エイトクレイジーナイツ」の感想です。

アダム・たんが1人3役と鹿の声をつとめたアニメーションミュージカル映画です。日本で公開するのかな?しないに5000ハヌカ!

▼エイトクレイジーナイツ感想

Posted by Dane at 04:25 PM | Comments (3) | TrackBack

February 06, 2003

◆「Mr★ディーズ」日本語版ポスター

deesjp.jpgなんか足りないな〜と思っていたら、日本語版のポスターをあげませんでしたね。ウィノナギャラリーに加えなくちゃ。画像をクリックすると大きくなります。

このポスターの★も嫌いですが、フォントも最悪です。この★とフォントが「本当はコメディ」という隠れた主張なのかな。
「ウィノナ・ライダーの狙いは億万長者!ベイブのニューヨーク玉の輿物語」とか邦題がつかなかっただけでもよしとしますが。(このエセ邦題は、実際のストーリーと異なります。つうか、公式の「彼女の狙いは400億ドル」ってのも激しく間違いだと思いまつ。)

私はアメリカの劇場と機内上映で見ましたが、機内上映はお下品な言葉がカットされて別の言葉に替えられてました。(字幕ではなくてアダムたんが喋るせりふで。日本語吹き替えじゃないです。)
日本の上映ではどうなんでしょうね?覚えているのは火事のシーンの「Holy Shit!」なんですが、多分他にもあったと思います。PG13以上の映画を、子供だけでも見られるレイティングにするために機内用に特別に調整されたものだと思うのですが。

Posted by Dane at 06:48 AM | Comments (23) | TrackBack

January 23, 2003

◆アンガーマネージメント・ポスター

公式に「アンガーマネージメント」のワンシートがあがってたので、貼っておきます。クリックすると大きめの画像が見れます。いいアートワークですね。いいな、ジャック。アダムたんと鼻くっつけてて。

私の映画感想はコチラ

ストーリーは、臆病者のビジネスマン(アダムたん)が、「アンガーマネージメント」(怒りを抑える治療)を受けることを裁判所から宣告され、スーパーアグレッシブなカウンセラー(ジャック・ニコルソン)から、泊り込みで指導され‥といった話のようです。共演はマリサ・トメイなど。

この画像をみると、公開日は4月11日になってるので、当初よりかなり前倒しになったみたいですね。オスカー発表直後の勢いに乗ってしまおうという魂胆でしょうか。

Posted by Dane at 04:16 AM

January 03, 2003

◆パンチドランク・ラブ(Punch-drunk Love)/2002

Punch-Drunk Love ポール・トーマス・アンダーソン監督映画にアダムたんが俳優として出演してしましました。ゴールデングローブの最優秀主演男優賞候補にも。なんとも不思議で妙にどきどきする映画です。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください
▼パンチドランク・ラブ(Punch-drunk Love)

Posted by Dane at 09:02 AM | Comments (20)

◆Mr. ディーズ(Mr. Deeds)/2002

MD.jpgアメリカでも大ヒットしたこの映画、日本では2003年2月15日公開。笑えます・・・サンドラーとウィノナ以外は。いいのかなあ、こんな生ぬるい役ばっかりやって。昔ながらのサンドラーファンの方は、開き直って「いい人」な彼を堪能しましょう。プロポーズシーンのノーネクタイでスーツ姿はちょっと萌えです。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼Mr. ディーズ(Mr. Deeds)

Posted by Dane at 08:47 AM | Comments (23)

◆リトル★ニッキー(LITTLE NICKY)/2000

LITTLE NICKYこの2003年初頭にかなり旬なオジー・オズボーンとリース・ウェザースプーンが出演。おまけに大御所ハーヴィー・カイテルまで父親役で相当なボケ役を担当しています。
個人的には星飛雄馬みたいながっしり眉毛のメイクのアダムたん、好き。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼リトル★ニッキー(LITTLE NICKY)

Posted by Dane at 08:37 AM | Comments (20)

◆ビッグダディ(Big Daddy)/1999

BD.jpgアダム・サンドラーを俳優としてプロデューサーとして、不動のものにしてしまった作品。映画としては面白いのですが、萌えポイントを探すとなると・・・子供をみつめる笑顔とか?ぷ>自分
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ビッグダディ(Big Daddy)

Posted by Dane at 07:51 AM | Comments (20)

◆ウォーターボーイ(The Waterboy)/1998

WB.gif往年のSNLの名キャラクター「カントゥーンボーイ」を思い起こさせるこの映画の主人公ボビー。こんなバカキャラをもうアダムは映画でやってくれないのでしょうか?
お母さん役のキャシー・ベイツも強烈で最高です。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ウォーターボーイ(The Waterboy)

Posted by Dane at 07:40 AM | Comments (21)

◆ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)/1998

WS.jpg日本で劇場公開されたアダム・サンドラーの最初の映画なのかな?それにしても「アメリカで公開した時、大好きな人と観ると幸せになれるという<噂>があったことをご存じですか?」
ってコピーはさぁ。ウェディング・シンガーとしてのライバルがジョン・ロビッツである事は、二日酔いから覚めた朝のビーチク同様、見逃さないでください。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)

Posted by Dane at 07:31 AM | Comments (0)

◆プロゴルファー・ギル(Happy Gilmore)/1996

HG.jpg "ハッピー・ギルモア"といえばアダム・サンドラー映画の代表作であるとともに、アメリカでは"アホなアメリカ人"の代名詞としても使われます。いや、これも本当だってば。
ヤマ場のビッグショット・シーンでスウェットパンツ越しにサイズが確認できるという噂はここだけの話で。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼プロゴルファー・ギル(Happy Gilmore)

Posted by Dane at 07:15 AM

◆ビリー・マジソン(Billy Madison)/1995

bm.jpg 初主演映画にして最高傑作、とまでは言わないけれど、アダム・サンドラーらしいアメリカン・バカ・コメディ。現代アメリカコメディのマスターピースでもあります。いや、まじで。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ビリー・マジソン(Billy Madison)

Posted by Dane at 06:58 AM | Comments (2)

◆ハードロックハイジャック(Airhead)/1994

AH.jpg私の萌えポイントは、当然の如く若かりし頃の肉体(タンニング済と思われ)とブシェミとの二人強盗コント。
アダムたんは、ダチョウ倶楽部で言えば竜ちゃん、ネプチューンで言えばホリケンのような役回りです。ブシュエミは、肥後と名倉みたいなもんでしょうか。(本当はリーダーは、ブレンダンだと思うけど)私、竜ちゃんとか行ってますが、別にファンじゃないですから。
みなさんの萌えポイントや感想があればcommentで教えてください。
▼ハードロックハイジャック(Airhead)

Posted by Dane at 06:48 AM | Comments (0)

◆出演・プロデュース映画一覧

主演映画と、プロデュース映画の一覧。

出演・プロデュース映画一覧

Posted by Dane at 06:41 AM | Comments (1)
Navigation
トップ掲示板

since November 5, 2002
Sponsored Link

カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ