February 03, 2004

名作コメディリメイク決定!

出演作の決定が目白押しで嬉しい限りなのですが、またまた新作映画の内容が発表されました。

今回は1974年の名作アクション・スポーツ・コメディ「ロンゲスト・ヤード」のリメイク!この映画は、フットボールで囚人とイヤな看守たちが男の意地をかけてフットボールで戦う名作です。アダムたんはもちろん主演のバート・レイノルがやった役。

バート・レイノルズといえば、かなり男くさい(元)セクシー系な俳優さんだと思うのですが、アダムたんバージョンになったら大丈夫なんでしょうか。共演は現在、スヌープ・ドギー・ドッグ(きゃははは)やクリス・ロック(仲良しさん、ついに映画で共演か?!)ということなので、その配役だけでもかなり楽しみです!!!

で、撮影は今年4月からなので、現在「Spanglish」が進行中だと思うので、2005「Click」(人生をリモコンで自由に巻き戻しだりできる・・・という役)との間に行われそう。他にもいろいろと噂されている映画出演もあるし、今年後半から来年にかけてアダムファンは忙しくなりそうです。

ところで、今日は「50First Dates」のプレミア試写会だったのですが、私は行ってません。でも、掲示板で模様を報告してくださった方がいるので、そちらをチェックしてください。

Posted by Dane at 09:43 PM

December 19, 2003

ユニセフ画像と「クリック」のライバル?

unicef_0312.JPG画像は、先日行われたユニセフの貢献者に対するイベントでの写真。この話は掲示板でも書いたと思いますけど、結局パーティに出席したみたいですね。写真に一緒に写っているのは、ティア・レオーニとデイヴィッド・デュカプニー夫妻。レオーニと映っているときの顔のほうが満面の笑みですが。レオーニとはこれから撮影する「Spanglish」という映画で共演する予定です。

TheButterflyEffect.jpgそして、もうひとつのコレから撮影する映画「クリック」なんですが、なんかモチーフが微妙に被っている映画が・・・。

「クリック」は、アダムたん扮する主人公が人生を自在に早送りしたり・巻き戻したりできてしまい、今までワーカホリックだった人生を反省して家族愛に目覚める・・・といった映画のようです。脚本はジム・キャリー「ブルースオールマイティ」のチームが担当するとのこと。

しかし、来年1月から全米で公開される「The Butterfly Effect」という映画の予告を見て、いや
な予感。これまた主人公が人生を早送りしたり・巻き戻したりして、自分の恋人を助ける・・・・といった話のよう。しかし、「クリック」との大きな違いは、"自在"ではなさそう、ということと、"スリラー"ということ。そして主演が、今一番人気の若手・アシュトン・クッチャーという二枚目さんであること。

被ってる、被ってないは別として、主演テレビ・映画はコメディばかりだったアシュトン・クッチャーが初の本格スリラーというのは楽しみだったりするので、それはそれでいいんですけどね。アシュトンの額の後退具合が、個人的に目が話せなくって。いや、これだけ男前の髪がイッちゃうと、どうなっちゃうんでしょうかね。

ま、こういった映画のモチーフは「やったもんがち」の感じがするので、新鮮なうちに撮影して早いところ公開して欲しいです。

バタフライ・エフェクト公式サイト共演は、「ラットレース」のエイミー・スマート。本当はコメディなのか・・・?

Posted by Dane at 07:36 PM

December 05, 2003

お笑い賞のなんかを受賞したらしい

commie03_1.jpgアメリカのコメディ専門テレビ局が主催する「The Commie」。今週の日曜日にアメリカで放送されますが、コレは「アメリカン・コメディ・アワード」というか「全米お笑い大賞」のようなもののよう。毎年行われる(はず)で、今回が一回目。確かに、コメディアワードというのは今まであったけど、"コメセン"で今までどうしてなかったのか不思議。

で、その収録が11月22日に既に行われていて、写真はアダムたん!すごくヘアスタイルがジューアフローしてますが。ボンバボンで。なんか願掛けでもしているんでしょうか?それとも役作り?アダムたんは、功労賞のロドニー・デンジャーフィールド(「リトルニッキー」のおじいさん役。超重鎮コメディアン)のプレゼンターと、自らは「最優秀吹き替え賞(多分8crazy nightsで)」というどうでもいい、アダムたんのためにつくったような賞を受賞したみたい。

で、この番組の放送の番宣CMでは出演者に、クリス・ロック、R・デンジャーフィールド、ウィル・スミス等々の出演は告知されているんだけど、アダムのアの字も出てこないんですが。サプライズなんでしょうか?それとも・・・・。

詳しい内容は、番組が放送されたあとで、コチラかABCでアップする予定なので、お楽しみに。(多分)

Posted by Dane at 03:16 PM

November 26, 2003

青スーツを検証する。

MLS_koizumi.JPG掲示板でさざえさんからタレ込みしていただいた「あの青スーツの元ネタはアダムたんでは?」を検証してみようかと。

あの青スーツとは、日本のTBSで放送されているドラマ『マンハッタン・ラブ・ストーリー』でタクシー運転手役の小泉今日子さんが着ているもの。公式サイトには「見た映画の主人公がこんなスーツを着ていて、それがいいなぁと思った」みたいな事を小泉さんが語っているようで。
しかし、公式サイトには他に”「今度の役の制服がすっごくダサいの(笑)」とみんなを笑わせてくれるおちゃめな一面も!”だと。その程度で笑うとはド素人ですね。(悔し紛れ)


・・・間違いないっすね。「パンチドランク・ラブ」のアダムたんのパクリだ。ありゃ。

しかし、二昔前であれば、あのコイズミキョーコが目をつけたとなれば、オサレに敏感なヤングはこぞってマネをしていたところでしょう。アンアンではもちろん巻頭特集、渋谷(ファイヤー通り中心で)は、あの青ジャケギャルであふれかえり、数ヵ月後にはNon-noでも「これでバッチリ!青ジャケの30日間着まわし術」なるスペシャルも組まれ、ラフォーレ原宿、109では青ジャケ売り切れ店続出・・・・。そしておすピーが「コイズミより先に青ジャケに目をつけたのは本当はアタシたちよ!」と歯軋りをしていたことでしょう。

まあ、彼女にもそんな魔力は残っていないでしょうから、青ジャケブームが来ることは絶対に無いとおもいますが。

そんで、青ジャケをコイズミさんが着用しているもので、もっといい写真はないかと探したりして発見したのですが、コイズミさんってば66年2月生まれで、サンドラー(66年9月生まれ)より、オネエサンなのですね。ビツクリ。魔力もなくなって当然か。

ところで、これも掲示板にちょっと書いた話のつづき。
私がアメリカを離れている間に、ウチのダンナさんが生アダムに遭遇したのですが。

彼が語るに「ほろ、オマエもサンドラーの服ってわかってんだろ?なんちゅうか・・清潔感のある浮浪者スタイル?あのまんまだよ。」だそうです。別に近所のスーパーに行ってる最中を見かけたわけでく、むしろちょっとお洒落というか仕事モードの服を着ているはずなのに、ヨレヨレのアディダスのスェットに野球帽、といういでたちだったようです。シャイそうで早口で声は小さいけど、愛想がいい、とも。・・・ふ〜〜ん。いいなあ。

Posted by Dane at 08:21 PM

November 04, 2003

使いッパですか、そうですか。

今週アメリカで発売されている週刊誌のセレブのプライベート隠し撮り(パパラッチ)コーナーで、ちろっとアダムたんの写真が載ってました。

内容は・・・・。愛車から降りて家に入る途中らしく、手にはクリーニング済み服を抱えて。しかし、そのクリーニング服、よく見ると黒地に白の水玉スカート。つまり、妻のクリーニングをピックアップして帰ってきたっつうことですね。記事にも「あれ?いくらなんでもアダム・サンドラーはスカート履かないよね?」と書いてありますた。

この写真を見て、「新妻思いの優しいダンナ様なのね!アダムたんったら!」ととるか、「あの女、変な顔のくせに天下のサンドラーさまを使いっぱにするとは何事!100万光年早い!」ととるか「金持ってるんだから、クリーニングは宅配してもらえよ。」ととるかはアナタ次第!

ワタクシ、この画像をみてかなり凹んでしまいましたので、画像をキャプチャして載せるか思案中です。

Posted by Dane at 01:15 PM

プレミア試写会写真

Dickie_premere_akaji.jpg

全米興行成績1位に輝いたアダム・サンドラー制作・デビッド・スペイド主演「Dickie Robertsデッィキー・ロバーツ - Former Child Star」ですが、そのプレミア試写会に、かのサンドラーも見に来る予定!ということだったので、行って見ました。上の写真は全然わかりにくいですが、その時の写真。肉眼ではもっとはっきり見えたのよん。

といってももう2ヶ月近く前の話なので、結論からいうと、サンドラーは来ませんでした。ぐす。そのかわり、ロブ・シュナイダーがきてましたよ。前に生ロブは見た事があるし、やっぱり目的はアダム・サンドラーだったので、ちと喜びは半減。
で、この映画は「元子役スター」を題材にしていて、映画にも本物の元子役(エマニエル坊ややコリー・フェルドマン等)が出演してるので、プレミアにも大勢元子役(全員がちっちゃい!)が来場。そのため、ロブが見つけにくかったこと!

ロブ・シュナイダー  426619と426616がこのプレミアの時。どうでもいいけど、その隣の水ペットボトル持ってる写真は、NYで大停電があったときにホテルを出るロブの図のようです。

で、やはり主役はデビッド・スペイド最後に登場して長々と愛想よく、久しぶりの主演映画公開で本当、嬉しそうにインタビューを受けてました。

デビッド・スペイド、プレミア試写会・ギャラリー  同じページに載っている変な帽子被った人は、80年代のアイドルロックスター・レイフ・ギャレットですね。今でもロックやってるそうです。

噂では、オズボーン一家やアシュトン・カッチャー、ジョン・ロビッツも来る、と言う話でしたが来ておらず、ま、ロブやトム・アーノルドといった”いつもの面々”がご来場ってかんじでしたね。

プレミア&SNLつながりでウィル・フェレル主演の「エルフ」のプレミアの模様。今週末公開ですが、テレビCMの予告だけでこれだけ笑えるものもめずらしいといった感じで楽しみです。子供むきだけど、ウィルが喋るだけで笑えそう。ワタシ的にはエルフ>>>>>>>>>>>Cat in the hat(マイク・マイヤーズ)(スーパーの商品に顔乗りすぎでキモイ)ですね。

Posted by Dane at 10:59 AM

October 23, 2003

Eight Crazy Nights DVD発売

昨年の11月に公開された初アニメ映画「Adam Sandler's Eight Crazy Nights」(エイトクレイジーナイツ)のDVDがアメリカで11月4日に発売されます。私の映画感想はコチラ

11月4日と言えば・・・・今年5月に公開されて史上最高のヒットになったアニメ「ファインディング・ニモ」のDVD発売日と同日。「アンガーマネージメント」のDVDは発売1週目はダントツ1位、翌週は「ライオンキング」DVDに1位を譲るも、さらに3週目は「アンガーマネージメント」が1位に返り咲き、とサンドラーvsデズニの戦いはサンドラーが勝ったのですが、今回はそうもいかないでしょう。

しかし、サンドラーファンのとしては、「ハヌカソング3」のミュージックビデオや全米で放送されていたNBAキャンペーンCM(11月4日付け記事)などの特典画像もついてるのでMust HaveなDVDには間違いないのですが、これがまた、日本での発売は未定のようで・・・・。VHSもレンタル用にしか生産していないようなので、100ドル以上もするし。

DVDに関する公式ページはコチラから(英語)

ココのページで書いたけど、次のタランティーノ映画(タイトルは”Inglorious Bastards”に変わった模様。)の政策が正式に決まり、マイケル・マドセン、ティム・ロスのほかに、やはりアダムたんの出演が有力のよう。

ストーリーは67年のロバート・オルドリッチ監督「特攻大作戦!The Dirty Dozen」にヒントを得た戦争映画。ノルマンディ上陸前夜、集められた極悪人たちが少佐によって叩きなおされ、奇襲に出る、と言う話。
この映画でのサンドラーの位置づけは「ジャッキー・ブラウン」におけるロバート・デ・ニーロと同等と解釈していますが、文句がある奴はかかってきなさい。

なにはともあれ、サンドラーのニホンでの知名度アップもタラにかかっているので(最後の砦状態)、是非とも「キルビル」はコケ無いで欲しい・・・。ちなみに、サンドラーの結婚式にもタラは出席したとか。

Posted by Dane at 09:46 AM

October 14, 2003

ジョナサン・ラフラン「キルビル」に出演

JLoughran.jpgサンドラー映画を見ているひとにはおなじみだと思いますが、この写真の人、ジョナサン・ラフランです。「ウォーターボーイ」で寄った目のチーム・メイト、「リトルニッキー」でニッキーを慕うバカ若者コンビのひとり、「ビッグダディ」の弁護士仲間、そして「アンガーマネージメント」(NY式ハッピーセラピー)では、サンドラーのセラピー仲間のひとりとして出演してる脇役ながらサンドラー映画には欠かせない人です。基本的にこのひとは、俳優兼サンドラーの付き人のようなことをやってるみたいなので、他の映画にはほとんど出演してません。(サンドラー公式にはしょっちゅうでてますが)

で、ABC振興会でも紹介した「キルビル」になんと!このジョナサン・ラフランが出演していました。出演した、と断言しちゃってますが、Imdbをみても出演者リストが完全ではないので、彼の名前はImdbにクレジットされてません。エンドクレジットで確認すればよかったのですが、他の出演者の名前に気をとられてしまって・・・。

登場するのは病室のシーンで、出演時間は長く無いけど、彼の顔に見覚えがある人ならすぐわかるはず。そしてあの独特なしゃがれ声で私はジョナサン・ラフランと確信しましたっっっ!

タランティーノ監督とは「リトルニッキー」で共演しているし、彼が「キルビル」に出てもおかしくないし、なによりジョナサン・ラフランのイメージにぴったりの役だし!

ということで、見つけてちょっと嬉しくなりました。

Posted by Dane at 04:19 PM

October 10, 2003

キルビル・プレミアパーティ

kibill_premere.JPG先月末にハリウッドで行われたクエンティン・タランティーノ監督「キルビル」プレミア試写会のアフターパーティに出席した写真。

もちろんピンクの服はウマ・サーマン、横に張り付いて目が据わっているのが監督タランティーノ。おそらく深夜近い時間だと思うのですが、太陽がまだ高く昇っているうちからジェイレノの番組で既にべろべろに酔っ払っていたタランティーノ、ウマと他の人との2ショットはサンドラーですら許せん!という必死さが伝わってくるような気がしますが。

いつも擁護委員会をチェックしてくださってる方は、うすうす感じていると思いますが、サンドラーが着ているジャケットがクリス・ロックと会っている時(2月)ラスベガスでのコンベンション(3月)、とまた同じ白いジャケット!着まわしすぎて、襟が丸まっちゃってますが。本当にこの1着しかよそ行き服がないんでしょうか。こんなんがよそ行き、というのもどうかと思いますが。
いっそのこと擁護してるより『アダムたんによそ行き服を買ってあげる会』を発足したほうがいいんでしょうか。

タランティーノはサンドラー映画の「リトル★ニッキーLittle Nicky
」にイカれた宣教師役で出演してますね。(イカれたようにみえて、本当に”見えてる”わけだけど)。タランティーノ監督の第二次大戦を題材にした次回作にもサンドラーが出演という噂もあります。軍服姿が楽しみ♪(髪はそのままでGIカットだから問題ないし)

Posted by Dane at 07:08 AM

September 24, 2003

愛車がオークションに

car_auction.jpg現在、アダムたんの愛車(つっても乗ってないと思うけど)がE−bayでオークションにかかってます。終了は10月3日。もちろん売り上げは、チャリティのようで。

現時点ではUS $3,250(40万円ぐらい)だけど、コノ車(キャディラックBrougham Fleetwood 1979)は、調べたら、市場価値は1000ドル以下の模様。しかも167,142 マイル(26万キロ)も乗ってるし。メンテも必要みたい。ホイールとかカッコいいんだけど、ハンドルにこーゆーの被せてる人最悪・・・。古いのに内装も綺麗で、シートのレザーも歪んでないし。でも、このカエルみたいな色はなんとかなんないか。

えっと、私の薄い記憶力では、キャディラックに乗っていた、と5.6年前に語っていたことがあると思いますが、この車かどうか。Ebayでは、「お父さんが乗っていたのに似ている車」とされてますが。5.6年前の話では「おじいさんが乗っていたのよりは、ちょっと新しい」と言ってたと思います。で、最近は、多分キャディラックのSUVは持っていると思うけど、おそらく他にもあるはず。テレビで当時彼女(現・妻)が白いメルセデスベンツのコンバーチブル(CLK500か?)を運転して助手席にアダムたんが乗っているのを見て殺意を覚えたことがありますが。AMG仕様だったら許ちません。

関係ないですが、前回書いたAFI芸能人ゴルフ大会の写真で、左胸についてるのはなんでしょうね?黒いリボン?喪章?

Posted by Dane at 09:25 PM

September 23, 2003

AFI芸能人ゴルフ大会

AFI_golf.jpg
スカート?

AFI_Golf_Jack.jpg
後ろのティガー・・・・誰のよ!

画像は、昨日9月22日に行われたAFI主催の芸能人ゴルフトーナメント。アメリカン・フィルム・インスティチュート主催なだけあって、日本とは違い「芸能人」とはいってもメンバーは豪華だしょ。石田ズン一とかいません。2枚目の写真は、アダムたんとジャック・ニコルソン。他に参加者は、シルベスター・スタローンなど。

注目は前日のエミー賞でコメディ部門最優秀主演男優賞ノミニーのレイ・ロマーノだったんだけど、かろうじてテレビの芸能ニュースでもアダムたんのティーショット姿は放送されてて、ホっ。場所はLAのRivieraカントリークラブ。

Posted by Dane at 06:42 PM

September 19, 2003

Tクルーズと共演ならず

ABCで「NBCのSNLキャラがスロットで復活!」という記事を書きましたが、その関連のニュースを2,3読んで気がついたのは「オペラマン(TM)」らしいんですよ。「ウェインズワールド」もTM扱いなんですけど、アレは映画化もされたし、わかるんですけどね。つまり、「オペラマン」ちゅうのは登録はされてはいないまでも商標されてると。(商標申請中の可能性もあり)つまり、物まねすると訴えられる可能性もあるわけです。

で、昨年CBSのクレイグ・キルボーンショウにサンドラーがゲスト出演したときに、「サンドラー物まね大会」があって、一人が「後でオペラマンをやります!」って言ってたのに、急遽、違うキャラの物まねをやった理由がわかりました。

と、ついでに最近のアップデイトを。
トム・クルーズと共演するかも?(6月7日)で紹介した映画は、サンドラーではなくてジェイミー・フォックスになったようです。で、トム・クルーズを追う刑事役がヴァル・キルマー。やっぱりトム&ヴァル中心で映画が回って、ジェイミー・フォックスが味付け役、って感じでしょうかね。ヴァルが出演するとなると、ジェイミー・フォックスのほうがしっくりというかまとまりのある気がします。クルーズさんとの共演も見たかったけど。

日本でもPDLが公開されて久しいので、いろいろな方からPDLの感想文をメールでいただいてます。「せっかくだから掲示板で書いてくれればいいのに」と思ったりもしますが、みなさん熱の入った長文が多いので、メールになってしまうんでしょうね。ちょっと夏休み明けの宿題を読むセンセー気分かも。どうも、ありがとうございます。1つを除いて楽しく読まさせていただきました。(かー!嫌味ったらしい!)だってさ、わざわざ「主役のふたり好きじゃなくて、エミリー・ワトソンはまだいいけど、もうひとりは特に好きじゃないし。映画もよくわかんない」って。おめーみたいのにアダムたん呼ばわりされたくない!んで、なんでそんな感想私のところに送りつけて来るんだか。つうか、擁護委員会の存在を知らんのか?

ま、私のナイーヴな心を傷つけた感想はこの1件だけだったから、いいです。もう。くすん。

でですね、映画自体にでてくるジェレミー・ブレイクのアートワークが「リビドー」を表しているという記事があったので、日本で公開された後にサイトでUPしようと思ったんですが、どっかいってしまいました。ダメだこりゃ。もう1年前に読んだ話だし、記憶が曖昧なのだけど、これは日本のパンフに載ってるのですかね?要は、リビドーは「性的衝動のエネルギー」(フロイト)とされているけど、ユングでは「単なる性的エネルギーというだけではなくて、生命の原動力・エネルギーの本体」って話なんですが。私の記憶違いだったら、こっそり教えてください。こっそり削除しますから。

Posted by Dane at 02:16 PM

September 09, 2003

アダムたん訴えられる!

dickieToy.jpgアダムたんがプロデュースしたデビッド・スペイド主演「Dickie Roberts」が見事初登場1位!を獲得というニュースはABC振興会で既に伝えてありますが、この映画に関して、映画会社のパラマウントとプロデューサーであるアダムたんが連名で訴えられてしまいました!

というのは、この映画の中に出てくる「スリップアンドスライド」という子どもの玩具の製造元Wham-O Inc.が、映画の中で「スリップアンドスライド」を間違えた使い方をしていて、そのような話はパラマウントから事前に知らされていない。というもの。

「スリップアンドスライド」は、ビニール製のシートで、屋外に広げて上に水を撒き腹ばいで滑る、というだけのもの(写真の黄色いシート)。映画のなかでは、誰でも知っている「スリップアンドスライド」の使い方をしらないディッキーが水を撒く前にスライドして、腹をこする。しかし「水よりもっと滑りやすい」といってサラダ油を撒いて滑る、というオチ。

ただ、この訴えがムカつくのは、このシーンは散々テレビCMでも使用されていた予告の中では一番オイシイ場面。CMは2,3週間前からガンガンTVで流れていた。これだけでも宣伝効果は換算したら凄いものだと思う。で、その間は何も玩具会社からはお咎めなし。しかし、「Dickie Roberts」が初登場1位になった翌々日に、この訴え。その上、映画会社だけではなくて製作総指揮のアダムたんまで。って、もうひとりの製作総指揮のフレッド・ウルフ(脚本兼)は訴えてないのに、”有名人”なアダムたんだけ。

これは売名行為でしょ?便乗宣伝でしょ?

このニュースを報じたアナウンサーは「パラマウントは”この件に関して訴えた側には、全く法的なメリットがない”(のに不思議だ)とコメントしてます」といって、苦笑い。

感じワル〜なニュースだなあ、と思っていたら、その週の金曜日にジェイ・レノショーに突然ゲストでデビッド・スペイドが「ちょっと言いたいことがあって」と出演。「水なし」や「サラダ油」で滑るのがご法度ということを逆手にとって、「水で滑るのは子どもの遊び。これからは大人用の「スリップアンドスライド」を」といって、ウォッカやバーボンで滑るバージョンのクリップを放送して”仕返し”してました。いい根性してるよ。さすがデビッド・スペイド。

**この記事は9月9日に書いたのですが、私の更新の手違いで9月15日にUPしました。要は「Draft」のまんまで「Publish」し忘れた。ってことなんですが。すません。

Posted by Dane at 10:36 PM

September 06, 2003

SNLベスト

bestofas.bmp先月発売されたSnl: Best of Adam Sandlerのジャケットです。前に発売されていたジャケットよりいいですね。今回再発されたDVDシリーズはマイク・マイヤーズ、ディナ・カービー、クリス・ファーレイとあるんですが、全てこのスタイルのジャケットになってます。

日本語版ではありませんが、ファン必携ということで。

Posted by Dane at 04:03 PM

August 29, 2003

MTV VMA2003

ABCでも紹介済みですが、「MTV VMA2003」にアダムたんがプレゼンターとして登場しました。

発表したのは「Best Video of the year」という最優秀賞ともいうべき賞で、ラップスターのスヌープドッグとのプレゼンター。ちなみに、「Big Daddy」公開の頃、スヌープがアダムたんに密着インタビューするという模様が以前にMTVで放送され、NBAの話などで盛り上がってました。

ところでプレゼンターのスピーチなのですが、MTVがらみの賞では、客席の若いモンはプレゼンターのトークをほとんど聞いていないので、9割がた滑るものです。今年も、ベン・ステイラー、デビッド・スペイドは見事に滑り、ジャック・ブラックは勢いでやや受け、ジミー・ファロンは、客席には何言ってるか聞こえてなかったんじゃないでしょうか。

で、アダムたん!当初はスヌープと一緒ということで、私はFword連発のスヌープの音声が消されて何言ってるかわからなくなるんじゃないかと心配していました。が、連発したのはFwordではなく、黒人たちの間のスラングで「スヌープ語」ともいわれるスヌープ独特の言い回し。


例えば
I am a nigger, for sure.
Hey Brother, I am watching television.
をスヌープ語で表すと
I am a nizzle, for shizzle.
My bizzle, I am watching televizzle.
のようになるわけです。つまり、語尾に「ズル」をつけるずる。

プレゼンターのスピーチは白人であるアダムたんがこのスヌープ語をパロディしながらトーク。結構受けてた気がする。(ちょっと贔屓目か?)でも、大爆笑とまではいかなくても、普段はロクにトークを聞かないオーディエンスの耳を傾けさせたのはさすがスタンダップコメディ出身者であり、コンサートで全国ツアーもしたことのある男の力量です!ぱちぱち!

で、何を話してたかというと、実はあんまりよくわかってないので。(スヌープ語が完全にわかるのはスヌープだけとも言われてるし)ま、
サンドラー「楽屋でビヨンセと会ったけど、めちゃめちゃかわいかった。どうにか彼女をゲットしようと思ったけど」
スヌープ「おい、サンディズル(サンドラー)、君、最近、結婚したんじゃないの?」
サンドラー「そうだった。クソー!。ビヨンセを目で楽しむことはできても、ゲットはできないね」
みたいなことを言ってたと思いますが。スヌプ語とヘブライ語とめちゃめちゃにまぜてて、私にはよくわかりません。日本で放送される時は、字幕がつくでしょうから、そちらを参考に。
 
で、小さい写真の右側。このスヌープとアダムたんのスピーチ時に乱入者が登場(写真左)して、わめいてたんだけど、それを同ぜず笑ってるアダムたん。笑ってる場合じゃないよ、アンタ。表情からすると、「あ〜、スヌープのイッちゃったお友達の一人かな」と思って、乱入者かどうかわかりきってない様子とみた。

ところで、2004年版の「ギネスブック」で”世界で一番稼いでいる俳優・女優”で、アダムたんがキャメロン・ディアスとともに掲載されたそうです。
この記録は、Forbes誌の「セレブリティ100」リストを元に作成されたもの。アダムたんは$49.5 million(60億円)の収入で掲載。ちなみに前年はブルース・ウィリスの$70ミリオンが一位。Forbesのリストもさらに集計としてはさかのぼっているので、どうやら対象になったのは、「Waterboy」と「Wedding Singer」が同年公開された時の話のよう。

記事のサブタイトルは「An angel and a waterboy. Of, if you prefer, a 'toon princess and a wedding singer. 」(天使と給水係。というか、アニメのお姫様と結婚式歌手)。オチに使われてるし。

しかし、ギネスブックとは凄いですね。世界一ウェストが細い女性とか、世界一爪の長い男、とかと並んで掲載されるわけだし。

ところで、話はVMAに戻りますが、今月はじめの「ティーンチョイスアワード」でも思ったんだけど、最近、なんか昔のギラギラした感が抜けたような気がするんですが。憂いがあるっての?ま、ティーンチョイスのときはお父さんが病気で・・・という話をしていたからかと思ってたんだけどさ。ストレートにいうと、なんかオトナっぽく、いやイロっぽくなったちゅうか。ヒゲ生やし始めたから?あ、結婚したからか。そういうもんかね。なんかね、普段のトークなんかで受けた「ボーっとした感じ」も無いような。日本で放送されたら、その辺注意してチェックしてみてください。ギラギラ感が抜けたのは、日焼けして、お肌の水分補給が足りないからかもしれないし。

Posted by Dane at 08:20 PM

August 26, 2003

プレミア試写会

dickieR01.JPG
デビッド・スペイド主演の"ディッキー・ロバーツ DICKIE ROBERTS: FORMER CHILD STAR" のプレミア試写会が9月3日(水)に行われるそうです。キャストのほかに、来場するのは、ブレンダン・フレイザー(なぜ?)、オズボーンズ一家と、もちろん制作総指揮のアダム・サンドラー!ちゅうことで、スタートは夜だし、ミーハー気分満々で行って来ようかと。ってもちろん一般人なので、周りのわーわーきゃーきゃーの一人ですが。

忘れないようにしようっと!(あっさり忘れる予感もあり)

来場者には、元子役が多数招待されているみたいです。コリー・フェルドマン(マイコーのお友達。映画「ディッキー・ロバーツ DICKIE ROBERTS」にも出演)、エマニュエル坊やなどなど。(全リストは以下で。


Alison Arngrim ("Little House on the Prairie"), Todd Bridges
("Diff'rent Strokes"), Tony Dow ("Leave It to Beaver"), Leif
Garrett (former pop star), Corey Feldman ("The Lost Boys,"
"License to Drive"), Christopher Knight ("The Brady Bunch"),
Emmanuel Lewis ("Webster"), Barry Livingston ("My Three
Sons"), Eddie Mekka ("Laverne & Shirley"), Erin Moran ("Happy
Days"), Susan Olsen ("The Brady Bunch"), Paul Peterson
("The Donna Reed Show"), Adam Rich ("Eight Is Enough"), Rodney
Allen Rippy ("Jack in the Box" commercial kid), Marion Ross
("Happy Days"), Ernest Thomas ("What's Happening!!"), Charlene
Tilton ("Dallas"), Barry Williams ("The Brady Bunch").

Posted by Dane at 03:37 PM

August 13, 2003

新BEST of Adam Sandler @ SNL

pdldvd.jpg「N.Y式ハッピーセラピー」って呼ばなきゃいけないんですかね。ええっと「Anger Management」のアメリカでのDVD発売が9月16日に決まったようです。日本の公開日より早いですね。

最近のサンドラー映画のDVDには、映画を観ながらサンドラー&監督のトーク(なぜかDeedsはアダムたんのトーク無し)という特典がついていて結構面白いのですが、「Anger Management」もNG集なんかと一緒に収録されるようです。でもこれはアメリカ版の話ですが。「8 Crazy Nights」は11月発売みたいです。

それよりも!昨日8月12日に「Saturday Night Live: The Best of Adam Sandler」っちゅうDVDが発売されたんですよ!昔発売された「Best of Adam Sandler」とは違うものかよくわからないんですが、早く確認せねば!!!ちなみに同日発売でモーリー・シャノン、ウィル・フェレル版(←サンドラー版より売れてる・・・・。)も発売されてます。ウィル版は何回か既にTV放送されてるものと同じようです。

で、この2.3週間全然チェックしてなかった公式サイトなんですが、いっぱい更新されてました。
5枚目のアルバムの制作をスタートしたり、ミートボール君に妹分の"モッズァボール”(ユダヤの食事で”モッツァボール”というジャガイモで作ったスイトンのような団子状の料理とかけているのでしょう)ちゃんができたとか。禁煙してヒゲを生やしているとか・・・。禁煙のエピソードでは、最後に「ボクもDaddyになるからね」と子作り宣言まで!いや、もう仕込んじゃったのか!?こんな艶めかしい画像までありましたん。ひじ下、短か!

Posted by Dane at 11:33 PM

August 10, 2003

雑誌いろいろ

bwood.JPG左の画像はタブロイド誌にパパラッチされたアダムたん。こんなセンセーショナルでもなんでもない写真をわざわざ撮ってしかも掲載してくれた雑誌に感謝。これはブランチの風景みたいですが、この手のアダムたんの写真は、必ずいっつも何か食べてますね。

Himagazine.jpgで、次の写真は7月に創刊されたアラビア語の雑誌「Hi」の表紙。しかし、この雑誌は実はアメリカ政府から発行されていて「未来のアラブの指導者たちのために」つくられているもの。

お堅い記事からアメリカのポップカルチャーを紹介したものもあって、そのなかに「アダム・サンドラーが暴露!僕は高校時代こんなにパッとしない奴だった」という記事があるそうです。アメリカ政府お墨付きの記事だし、読みたい!けどアラビア語なんて読めねー!です。

しかし、「未来の指導者」にむけて「パッとしない高校時代」を語る(語られてる?)アダムたん、ちょっととほほかな?まあ、若い頃たいしたことなくてもがんばれば成功するよ!の良い例なんでしょうけどね。

Posted by Dane at 02:49 PM

August 08, 2003

新作「Click」でヤンエグ(古)役?

50kiss_st1.jpgまたまた今後のサンドラー映画に関しての情報です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
ジム・キャリー主演で大ヒットした「ブルースオールマイティ」の脚本家Steve Koren とMark O'Keefe の書き下ろしを1.75ミリオンドルでソニー・コロンビアが映画化兼を買収した。共同制作としてレボリューション・スタジオとサンドラーのプロダクション、ハッピー・マジソン。タイトルは「Click(クリック)」でもちろん主演はアダム・サンドラー。

「Click(クリック)」の主人公は、ワーカホリックの広告代理店のエグゼクティブでまったく家族を省みない男。しかし、あるとき自分の人生を自由自在に再生・巻き戻し・早送りすることができるリモコンを手に入れ、今まで送ってきた自分の人生を反省し、家族の大切さを悟る・・・という話のよう。

Koren氏は「ブルースオールマイティ」のほか、TV『SNL』『Seinfeld』、映画『スーパースター』『A Night at the Roxbury 』を手がけ、O'Keefe氏は「レターマンショウ」などの脚本を書いていた。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

念のために整理しておくと、確実に主演が決定しているものは「Fifty First Kisses」 (2004、ドリュー・バリモア共演)「Spanglish」 (2005、テア・レオーニ共演) 「Good Cook, Likes Music 」(2005、チャン・ツィイー共演) と、この「Click」(2005年以降?)になりそうです。大スタア☆トム・クルーズさまとの共演はいつのことなんでしょ。

「ブルースオールマイティ」は笑えてしかもほのぼのな、とても温かい映画で、神様とは程遠い無能の男が全能になると言う設定ならアダムたんでも務まりそうだったのにな、と思っていたので(ニュースキャスターという設定は無理だし、ジムとは違う笑いの獲り方になってたと思うけど)、この「Click」は楽しみです。
仕事がバリバリできる人・・・・って演じれるか不安、いや演技力UPした今なら大丈夫でしょう!私はアメリカ人のエグゼクティブって痩せている人というか自分の体型コントロールのできる人、というイメージが強くあるので、あとの問題はダイエットですかね。日焼け・ダークスーツ・色シャツ・ちょびヒゲ、がお約束かもしれませんが。

で、上の画像は雑誌に載っていた「Fifty First Kisses」のハワイロケ風景の様子です。右下はサンドラーの親友でハワイ現地人役のロブ・シュナイダー。日焼け防止とはいえ、4月〜5月のハワイでダウンコート着るってあり得るのだろうか?>ドリュー


Posted by Dane at 08:42 PM

August 07, 2003

ティーンチョイスアワード2003

teenchoice2003.jpg8月2日に収録されたTeenPeople誌主催の「The Teen Choice Award」の放送が昨日ありました。話題のコビー・ブライアントが登場したということばかりが話題になったけど、この賞の司会は、デイビッド・スペイド。出演は他に、ジム・キャリーやアダム・サンドラーも(画像をクリックすると拡大できます)!・・・なんて書くと、芸人の人気もの大会のようにも聞こえてしまいそうですが、ほかの受賞者は、キアヌ・リーブス、クィーン・ラティファ、ジェイミー・リー・カーティス、アシュトン・クッチャー、ブリトニー・スピアーズ、ザ・ロック、コリン・ファレル、ウィル・フェレル等豪華。

「Choice Movie Hissy Fit」を受賞したサンドラーは、プレゼンターのブリタニー・マーフィー、ダコタ・ファニング(近日公開の映画「UPTOWN GIRL」で共演)から「この受賞者は"ティーンチョイスアワード”常連です。今年もまた受賞されました」と発表された後、過去の受賞シーンダイジェストをビデオ紹介する特別扱い。凄いのか凄くないのかよくわからんが。
すっごく日焼けしていて黒いので、ボディスーツ着てなくてもアザラシ化が加速してるのがわかります。ちなみに下は短パン。LAあたりのビーチでは平日の昼間っからうろうろしているおっさんをよくみかけますが、まさにそんなかんじですね。そんなおっさんはきっと無職か大金持ちなんだろうと思ってましたが、それでもこのサンドラーは大金持ちには見えないわ。

teenchoiceJC1.jpg
で、受賞の言葉は意外にも「現在、僕の父が病気のため家で療養しています。この賞は彼に伝えてあげたい。僕がコメディを一生懸命やっているのも、父を喜ばせるため。早く早く元気になって欲しい」との涙モノなコメント。結婚式の時に家族に病気の人が居る、というのはアダムパパのことだったんですね。本当に早くよくなって欲しいです。
参考までに・・・。サンドラー親子の愛を感じてください。■父からの手紙父からの手紙2

右上の画像は、ジム・キャリーのもの。レッドカーペット入場時からこの包帯姿で登場し、賞を受け取った際に壇上でプレゼンターのウィル・フェレルから包帯を外してもらって右写真のようになった、というネタ。この包帯姿は、NIP/TUCKという整形手術をテーマにしたドラマをパロディし、ジムが整形手術を受け、本人はあんな顔になっちゃったことを知らない・・・という設定。
会場には、ジムのひとり娘も来てましたが、ジムとは似ても似つかないブ・・・というかぽっちゃりさん。

Posted by Dane at 01:23 PM

雑誌「CUT」のPDL評

現在日本で発売されている雑誌「CUT」のパンチドランクラブ映画評をタジさんから送っていただきました!ありがとうございます!タジさんからは他にもPDLのパンフレットの画像も送っていただいたので、また別の機会に紹介させていただきます。

この映画評はガイジンさんが書かれた物みたいですが、とても好きな評です。私は本当はあんまり人の映画評とか気にしない性質なんで、好きな映画がコケにされてても腹が立たないし、それに関して文句も何もないんですが、サンドラーたんに関して1コすげームカついた評がありました。というのは、某エ○ガドットコムの某氏が書いている「アンガーマネージメント」に関しての評。

彼は、いわゆるPTAやソダーバーグ信者でハリウッドにお住まいのようなんですがね、「「パンチドランク・ラブ」で初めてアダム・サンドラーの魅力に気づいたぼくにとって、いつものパターンに戻ったこの映画には、正直がっかり。」ってね、一生魅力に気がついてくれなくていいです。「豪華なカメオなど見所はあるけれど」ってカメオが多いのはいつものこと。”いつものパターンに戻っ”って”がっかり”なら、豪華なカメオにもがっかりするべきでしょう。他のサンドラー映画、まともに見てないんじゃないの?別にね、サンドラー映画嫌いな人が居てもいいし、低俗と馬鹿にする人がいてもいいんだけど、こういうしったかブリは大嫌いなので。彼はエ○ガドットコムで毎回連載を書いているし、評を書く人としてキャラクターも出来上がっているんだから、「ぼくちゃんみたいなおハイソな映画好き気取ってる君には、むかない映画」とでも書けばいいのに。アークライトシアターで昼間にやってる「ハリウッド脚本家と見る○○」でも行って浸ってください。ま、読んでる人の大半は、この人がいわゆるハリウッド娯楽大作嫌いなのはわかって読んでいるとは思うけどさ。「アンガーマネージメント」なんてきっと編集部から頼まれて見て感想書いているんだろうけどね。いや、ほんとあんたにはサンドラーの映画評、一生書いてもらわなくていいから。つうか、てめーの脳回路からサンドラーの文字消せって。お願いすます。

このサイトに来てくれる人はサンドラーが好きな人だと思うので、直リンしてこのムカつきをみなさんとは分かち合いたいとは思わないので、興味がある人は自力でエ○ガドットコムの中を探してみてください。というかね、映画クリエーター気取ってるなら、自分がどんなに下らないと思っても「当たった映画」にはそれなりの理由があるんだから、一考してみりゃいいのに。下らない映画に糞というのは簡単。でも、多くの観客をひきつけるには何かがあるってもんでしょう。(それはマーケッターの仕事か)と、かなり脱線してしまいました。

で、画像を送ってくださったタジさんがPDLをご覧になった感想もメールに書いてくださったので、面白いのでちょっとご紹介します。(タジさん嫌だったら言ってくださいね)

> パンチドランクラブ、観に行って参りました。
> 公開初日、初回に行きましたところ、満席とまではいかないまでも
> なかなかの入りで、空いている席はまばらでした。
> キレ気味なアダムたんにまた惚れそうです。
> ああ、トイレを壊すアダムたん、ガラスを割るアダムたん・・・。
> ジェレミーブレイクの美しい映像がところどころに挿入されていて、
> 幻想的で素敵でした。
> アダムたん抜きにしても良い映画だと思います。

> しかし、以前、D姐様の掲示板にて「アダムたんがたまちゃんに見える」という
> 書き込みを拝見し、それが頭から離れず、
> エミリーワトソンとのラブシーンがどうにもアザラシが乗っているようにしか見えず、
> そんな自分が嫌になりました。

こういう映画感想は大好きです。ただ・・・アダムたんのアザラシ化は止まらないようで。い、癒し系ってことで。

Posted by Dane at 12:36 PM

July 11, 2003

Mr.Deedsプレゼント

けっこう前に、こつてり氏からタレこんでもらった情報&画像(クリックで拡大できます)です。UPするのが遅くなってごめんね。

これは、Mr.DeedsのDVDを購入した(偉いぞ!こつ)際に同梱されていた「Mr.ディーズ」でアダム・サンドラーとウィノナ・ライダーが着用した衣装プレゼント、の応募はがきです。どう見積もっても、ウィノナの衣装→最低でも5万円。アダムたんの衣装→最高でも5千円。って感じがしますが。

応募締め切りは7月31日。アダムたん、テニスで汗びっしょりシーンの衣装が当たるチャーンス!!まだ買っていない人も今なら間に合うので買うべし!「Mr.ディーズ」のDVDはコチラから。
もし、当たった人が居たら、教えてください。いや、別に取り上げに行こうってわけではないのでご安心を。

Posted by Dane at 09:24 AM

July 07, 2003

Mahalo!

honeymoon.jpg
新婚野郎のサンドラーさんなんですが、ハネムーンでハワイを訪れたそうです。写真は6月26日に撮影されたもので場所はワイキキビーチ!ベタ!ぷっ!周りの人たちは、ハワイ州とアラスカ州という南北の州の文化交流・・・といった模様らしいです。

米Yahoo!に載っていたこのハネムーンネタの唯一の記事ですが、嫁が乗っていないのが、米Yahoo!の粋な計らいでしょうか。(←過大評価)
日本のヤっ○んの刺青のような短パンはどうかと。万が一、溺れたときに見つかりやすいように、海パンは派手なものを、というおばあちゃんの知恵袋的発想でしょうか。


ところで、アメだら掲示板でも、アダムが出演した番組についてちょこっと書いているので、そちらもご覧ください。

Posted by Dane at 12:38 AM

July 05, 2003

花嫁、について。

bride.JPG6月22日、我らがアダム・サンドラーと結婚した女性、ジャッキー・ティトン(今はサンドラーか。けっ!)なんですが、なんともどんな人なのかよくわかりません。

一応現在28歳の元モデルの女優、といった程度しかメディアでも紹介されて無いですし、しかも"女優"で出演した映画は皆サンドラーがらみのチョイ役。これでも女優なのかと、小一時間・・・。

imdbでは、映画「ビッグダディ」(99)に彼女が出演したときに知り合った。とされてますが、以前にサンドラーがテレビのトークショーに出演したときには「あるパーティで知り合って、彼女が隣に座っていて・・・。”かわいい”な、と思った」のがきっかけ。と言っていたのですが。もしサンドラーのいう事が本当なら、罠です。絶対。ちなみに、映画撮影の99年当時は彼女24歳、アダムたん32歳。

ところで、サンドラーの愛犬、ミートボール君の名付け親も彼女です。なんでも、彼女がイタリア系の人だからとか。プロポーズをしたときのエピソードとしてこれもテレビ番組で語っていたのは、サンドラーが指輪をプレゼントしてプロポーズをすると即、”Yeah!"と返事をし、これまた即効で自分の母と姉妹に電話をして”It's on, it's happening!'"(「指輪をもらったのよ!本当に(現実に起こったのよ)!」と話したそうですが。

2001年にマリブに買ったおよそ3〜4億円といわれる家に結婚前からその彼女と住んでいて(家を買った時点で、サンドラー結婚か?と一部では騒がれたけど)、映画「パンチドランクラブ」のときに語っていたのは、「彼女は、今までのガールフレンドの中で唯一、僕が映画の中でキスシーンをしても怒らない女性」らしいです。

何はともあれ、お幸せに。いや、まじで。

【参考】
過去に挙げた嫁がらみの記事(写真付。別人疑惑の自分の目で確認!)。

Posted by Dane at 12:17 AM

June 24, 2003

結婚!

Wed1.jpgついに、昨日結婚式がおこなわれた模様。おめでとう〜。(心こもって無い感じで)
詳しくは公式サイトを。奥さん、かわいく写ってます。(悔し紛れ)
アメリカで放送されてる芸能ニュースでも、トップで扱われてたのがせめてもの救いです。(泣き笑い)
結婚式は野外で行われたようだけど、昨日は、LA周辺は雨交じりの曇りで、午後から晴れてきて、よかったですね〜。(土曜だったら終日雨だったのに。)

なんて画像ナシで鬼のようなこと書いてますが、後でちゃんと画像拾っておきます。
今号の「PEOPLE」誌の特集は「ハリウッドの一番ホットな独身男性25人」なんだけど、もう選ばれることはないので・・・。あ、独身じゃなくても選ばれて無いか。ちなみにその表紙はアシュトン・カッチャー。

Posted by Dane at 12:38 AM

June 07, 2003

トム・クルーズと共演するかも?

ワタクシ、この三日間ラスベガスで遊んでおりまして(Pearl Jamのおっかけという噂も)ネットもTVも全然見ていなかったのですが、tammyさんから貴重な情報を頂きました。教えていただいてなかったら、完全に見逃してるところだたヨ。しかもtammyさんはトム・クルーズさんの老舗ファンサイトの管理人さん

で、その情報。あのトム・クルーズさん(写真左)がMichael Mann監督(「ヒート」「インサイダー」「アリ」)と「COLLATERAL(コラテラル)」というアクション系の映画に主演するらしいのだけれど、その映画になんとアダム・サンドラー(写真右)に出演オファーがきていて、これまたなんとサンドラーが「OK」したらしい。

映画はトム・クルーズさんが殺し屋で、サンドラーがその殺し屋を現場に連れて行く(というか、クルーズさんの役の殺し屋の指示に従って運転する)運転手の役だとか。サンドラーは、どうやら単なるカメオではないみたい。
私の脳内にはカッコイイ&黒っぽい服で決めたクルーズさんをドーナツほおばりながつつ、軽く道に迷ったりするベタでドジな運転手役のサンドラーしか思いつきません。もちろん、「タクシードライバー」のデニーロのような運転手ではなく、「ダイハード」のリムジン運転手か「レザボアドッグス」のミスターブラウン役のタランティーノ(←死んじゃうのかよ!)な感じ。

クルーズさんの映画はいつもクルーズさん満々で、映画のジャケットも近年はことにクルーズさんのアップというデザインになってますが、サンドラーは果たしてジャケットやポスターに顔写真を載せてくれるのでしょうか。というか、名前は載るのか!?リアル「レインマン」とか言われなきゃいいですけど。

で、トム・クルーズさんとサンドラーの共通点を思い起こしてみたんだけど、ポール・トーマス・アンダーソン映画に出演(「マグノリア」&「パンチドランクラブ」)、ジャック・ニコルソンと共演したことがある(「ア・フュー・グッドメン」&「アンガーマネージメント」)、二コール・キッドマンとキスしたことがある、そんなもんか?しかし、コレほどまでに対極に居る人同士の共演ってのも凄いって。楽しみだなあ。本当は一番楽しみなのは、サンドラーがクルーズさんの物まね付でテレビ番組のインタビューで話す楽屋話だったりする。ベン・ステイラーに嫉妬されないかし・ん・ぱ・い♪

サンドラー擁護委員としては
「ラストサムライ」でさらにトム・クルーズ人気、日本で爆発→ファン層が超拡大→映画「コラテラル」公開→「サンドラーっていいんんじゃない?」というクルーズファンが続々と出現
という方程式を願いたいわけなんですが、実は
→「サンドラーいいかも?」と思ったクルーズファンは、「ラストサムライ」で増加した時代劇マニアのシルバー層だけだった。

・・・というオチがついてたら泣いていいですか?
サンドラーだって、歯の白さはトム・クルーズにも負けないゾ!と、意味のわからない擁護をしてみたり。でもさ、情報をくださったトム・クルーズさんファンのtammyさんは早くもサンドラーに親しみを感じてくれてる模様。嬉しい!もうカモンカモンだわん。

Posted by Dane at 10:01 PM

June 03, 2003

Make-A-Wish Foundation

画像はロケでハワイを訪れているサンドラーが、Make-A-Wish Foundationの活動で9歳の男の子と一緒に遊んだりしたときのもの。Make-A-Wish Foundationは生まれつき障害や病気を持った子供達などの「願いをかなえる」団体で、生まれつきCystic Fibrosisという病気を持った男の子が「アダム・サンドラーと遊びたい!」という願いをこの団体が叶えたもの。

この男の子・ニコラス君はハワイ在住ではなく、本土からMake-A-Wish Foundationの手配でロケ地ハワイまでサンドラーに合いに行ったらしい。

マーフィ(男の子の父)は、「ニコラスが、サンドラーさんと素晴らしい時を過ごした。サンドラーさんは本当にみんなに親切だった。Make-A-Wishの団体の子供達はランチを一緒に食べたりしてみんなの一番好きなfunnymanと5時間を過ごした。サンドラーさんは、とんでもなく正直で、純粋な人だった」と語った。

詳しいストーリーはコチラ(英語)で。ニコラス君の一番好きなサンドラー映画は「リトルニッキー」で、この旅行から戻って、ニコラス君は旅の楽しかった思い出を話したり、以前より活発に活動するようになって、ご家族はとても喜んでいるそう。

Posted by Dane at 01:27 PM

May 27, 2003

PDL日本語版チラシ2


またまたKEIさんからPDL日本語版チラシを送ってもらいました。今度はアメリカのメインアートワークと同じタイプのもので、サンドラーの姿が映ってます!(シルエットだけだけど)

画像をクリックすると拡大できます。

アメリカでもポスターはみんなこのタイプだったので、コレさえ日本に出回ればオッケーです。
前に紹介したオスカー選考用ポスターっていうのは、業界向けで一般人の目には触れないタイプなので。

KEIさんありがとうございました。

Posted by Dane at 11:03 AM

May 05, 2003

Mr.ディーズ店頭ポスター


アダム・サンドラーのファンである以上、本国アメリカでは考えられないような日本での彼の虐げられた扱いには、ワタクシも多少慣れております。日本で「ウェディングシンガー」はDバリモアメインの告知、アダムよりカーネルサンダース教授のほうが印象に残る「ウォーターボーイ」CM、「リトル★ニッキー」ではタイトルに「★」を入れるという辱めの上に、イラストと犬ばかりがフューチャーされ‥・。

しかし、「Mr.ディーズDVD/VHS店頭ポスター」は今までの経験から予想できる屈辱的な扱いをはるかに超えているようで。画像はパンタコスさんから頂いたもの。(画像をクリックすると拡大できます。)ありがとうございました。

Mr.ディーズDVD/VHS店頭ポスターは、この1種類しか無いようなのですが、「どうでもこうでも中川家」なポスターです。しかもお兄ちゃんはちっちゃい伊集院光っぽく見えます。いや、そっちの兄さんじゃなくて、本来であればメインであるはずのアダム兄さんは、豆粒大とはどういう事れすか!!!

>アダム・サンドラー擁護委員の活動として、全米トップスター、アダム・サンド
>ラーの名誉を著しく傷つける怖れのあるこのポスターを、勤務先のレンタルショップ
>から撤去いたしました(貼る前に勝手に持ち帰りました)!

素晴らしい!パンタコスさん!擁護委員オブザイヤーものです。(そんなオブザイヤー、欲しく無いでしょうが)

‥だけどさ、つうことはお店にこのポスターが貼ってないという事なんでしょうか。となると、え〜、余計にい、認知度があ、下がるのでは‥。まいっか。名誉を著しく傷つられるのを避けたほうが擁護委員的には正しいれすからね。うん。

このポスター、アダム兄さん本人が見たら、日本嫌いになるだろうな。(元々好きなのか嫌いなのか知らんが)

ところで、アンガー・マネージメントのアダム兄さん、演技力うんぬん以外になんかいつもと違うな‥と懲りもせずにまたまた考えてみたら、彼の映画史上最高に「コザッパリ・ファッション」でした。

ということで、次回は、アダムたんのファッションチェックの記事を‥・。

Posted by Dane at 11:40 PM

April 21, 2003

MTV ムービーアワードの司会?

brit.jpg
昨年はジャック・ブラックがホストを務めたMTV ムービーアワードなんですが、

なんと今年はアダム・サンドラーさんがホストかも、という噂です。
リンク先のMTV公式にもありますが、わざわざ公式で、この特別ページで”Adam has never hosted the MTV Movie Awards. Hint, hint. ”(彼はMTV ムービーアワードの司会をしたことが無く‥、)と、思わせぶりな表現。私はアシュトン・カッチャーかなあ、と思っていたんですけど。

でも、サンドラーが司会したら楽しそう。って幼稚園児みたいな感想ですが。きっと堺おさむの「な〜んでかフラメンコ」みたいな素敵な司会進行になると思うよ。絶対。

で、サンドラーの対抗馬はジム・キャリー。主演映画が5月後半に公開だから、本当はジム・キャリーのほうが適役なんだろうけどな。どっちでも面白そうだから、どっちでもいいや!(と、また幼稚園児発言)

確かにサンドラーはMTV ムービーアワードで、常連ですが、私が一番印象に残ってるのは、"Mel Gibson."という曲を演奏して、いまひとつ受けがよくなかったことでしょうか。ちゃんとしたバンドを従えて「俺のいとこの奥さんのお兄さんのそのまたいとこの‥‥は、メール・ギブソン!」ってな。

上の写真は、2001年にジミー・ファロンがホストをした時にブリトニー・スピアーズと一緒にビデオ出演したときのもの。ジミー・ファロンはサンドラーになるのは100年早いです。

リンク先は、動画も見れるので、チェックよろしく。サンドラーはコメディ部門のほかに、ベスト・キス賞(PDLで)にもノミネートされてます。でも、ホストになったら相手の女性は誰なんでしょう?ブリタニー・マーフィーズだけは勘弁して欲しい。(私見。理由・なんかすぐ食われそうだから)

あ、あと次回作「50First Kisses」(ドリュー・バリモア共演)の撮影が始まったそうです。なんかこの前のキッズアワードも、ちょっとぷよっとしてたけど、いいのかしら?つうか、日焼けでごまかしてる?

追記)2003のホストは別の人に決まりました。詳しくはコチラのABCの記事を。

ついでなんで書いておきますが、昨年のMTV MAの画像はコチラのウィノナおっぱいつんつん画像です。見た人も多いと思いますが、例の万引き事件で保護観察処分中だかの状態だったウィノナに、「みんな、君にどうしてもききたい事があるんだけど‥」といって3つ質問するということで「ボーイフレンドは居るの?」等を聞いて最後に「そのおっぱいは本物?」と聞くというオチです。(もちろん、本当はみんなが聞きたいのは事件のこと)
で、「触ってみてよ」「どれどれ。つんつん。‥あ、本物だ」っちゅう話しですね。
自分ががウィノナだったら、腕つかんでもっと頭頂部を確認させます。バカですみません。

Posted by Dane at 06:47 AM

April 19, 2003

お食事

dinner.jpgABC振興会で、「セレブのお食事2」というのを書こうと思ってとっておいたネタのひとつなんですが、先日、ナニを血迷ったか、「喰う人」とかいってその集めてたネタの1つを普通にあげてしまったので(なんで取っておいたか忘れてた)、擁護委員会に挙げます。

写真は、LAのとあるレストランの「感謝祭用イベント」の人寄せパンダに使われているサンドラーさんです。昨年、感謝祭で食事を作るのが面倒だったので、レストランを予約しようかとネットを漁っていて見つけました。

このレストランは、競馬場内にあるレストランだと思います。競馬場と言っても、アメリカの競馬場は日本ほどオヤジ臭くないですが、かといってイギリスほどお高くもなく‥。(イギリスは言ったことないけど、イメージで)。この競馬場に私は行った事ないですけどね。

サンドラーさんが、この食事をしたかわかりませんが、このレストランではサンクスギビングのブランチは大人1人 $39.00 ですって。(4500円くらい)あんまり高くないっつうか、安いほうだと思います。

ちなみに、水曜と木曜に食べられるスペシャルセットは
Turf Club tossed salad with a creamy vinaigrette (サラダ)
Oven roasted breast of turkey, hand carved with country gravy and cranberry sauce (ターキーのローストとグレービー、クランベリーソース)
Served with freshly mashed potatoes and steamed vegetables (マッシュポテトと蒸し野菜)
Chocolate Mousse Cake (チョコレートムースケーキ)
Freshly Baked Rolls and Butter (パンとバター)
Iced Tea or Coffee (アイスティーかコーヒー)
で14ドル(1600円)と激安です。

なんかなあ。

Posted by Dane at 09:53 PM

April 09, 2003

4/8 レターマン出演

letterman.jpg【4/10追記】昨日の放送の一部がレターマンの公式サイトに動画がのっています。他にヴィン・ディーゼルやコリン・フェレルなんかもありますね。ウィル・フェレル司会にクリス・ロックが出演した「Will Ferrell's Afro」もおもろかった。ただ、この日は裏ではっぱ隊やってたんだよね。

アダムたんの動画は、病気で1ヶ月近く休んでいたレターマンに捧げる曲をアダムたんが”おかえりなさい”の気持ちを込めて「特別にわざわざ曲」を書いた‥という設定です。オチは、この曲は昔の有名なテレビ番組のテーマソングのパクリみたい‥です。

つうか、このシーンが昨日の放送で一番つまんなかったのに‥。でも、歌っている時に2重アゴがぷるぷるしているアダムたんを見てあげてください。コチラから


なぜに顔を隠すのか小一時間問い詰め‥.【4/9】デビッド・レターマンのトークショウにアダムたんが出演しました。

冒頭、レターマンの最初の質問は「で、結婚式はどうなったの?したの?してないの?」ということでした。昨年11月にアダムたんがレターマンに出演した時は、「婚約したそうでおめでとう」という話しだったのですが。(婚約を発表したのは確かアメリカで「Mr.Deeds」が公開された少し前の4月か5月ごろ。)

で、アダムたんの答えは「No」。遅れている理由は、もごもごして「戦争がおこっちゃったし‥」とはぐらかしていましたが。逆にレターマンに「そんなに結婚式に招待して欲しいの?」と切り返す場面も。ハネムーンについては「彼女はバクダットに行きたいといってるけど、僕は北朝鮮に行きたい」だと。一生延期してください。

でも、またも婚約破棄?(アダムたんは昔別の女性と婚約破棄の経験アリ)と喜ぶのはまだ早い!(喜んでるのは私だけ?嫌なやつだね)先日行われたアンガマンのプレミア試写会ではお手手つないで二人でやってきています。最後にアダムたんは「今度、この番組に出演したら、いっぱい”結婚式”ジョークを披露するから、待っててね」ですって。お幸せに〜(うつろな目で)

レターマンが、どんなオッサンか確認したい方は‥。
ジム・キャリー主演「マンオンザムーン」で、ジム・キャリー扮するカウフマンが後半、プロレスをやり始めた後でテレビの生番組中に敵役のレスラーと罵倒しながた取っ組み合いのけんかをした時の困ったちゃん顔の司会者です。(今はレターマンは眼鏡をかけているけど)サンドラーが昨日出演した番組も映画の中にでてくるような番組です。厳密には違う番組ですが。

Posted by Dane at 12:45 AM

March 28, 2003

ハードロックハイジャックDVD発売

大ニュースです、奥さん!
cover
んな、エミネムがどーの言ってる場合じゃないわ!
Airheadsこと不朽の名作「ハードロックハイジャック」のDVDがいよいよ日本で発売されるわよ!アダムたん20代の若かりし裸体がついにDVDで見れますよ!思う存分。見たことのない人も、レンタルとかしてる暇があったら、即購入。後悔は絶対しないはず。
欲しい人は、ジャケット画像をクリックしてちょうだい!1990円って、ちょっとお手頃じゃないの?奥さん!

Posted by Dane at 07:02 PM | Comments (0) | TrackBack

March 27, 2003

コナンに4/10出演!

アダムたんがコナンショーに4/10(木)出演する事が決定しました。翌日の4/11からアンガマンが全米公開です。

ジェイ・レノは4/10までゲストが決定してますが、アダムたんの予定は無さそう。そのかわり4/1にアンガマン共演のマリサ・トメイが出演します。ま、アダムたん、レノ嫌いそうだしね。

レターマンも4/4までゲストが決定してますが、アダムたんの予定は無さそう。と、いうか先月の中ごろから、レターマンは目の病気の為番組を休んでいて、代わりの日替わり司会者が番組を進行しています。(休んだ初日はドタキャンで、その日ゲストだったブルース・ウィリスが急遽ホストを担当)いっそのこと、アダムたんが司会すればいいのに。
前にレターマンが心臓バイパス手術で休んだ時は、ディナ・カービーやジョン・ラビッツ、デニス・ミラーが代わりに司会を担当したし。

アメリカでは、アンガマンのCMがしょっちゅう放送されてます。

Posted by Dane at 11:48 PM | Comments (0) | TrackBack

March 25, 2003

Mr.ディーズ着用衣装

おとといABCで紹介した「StarWares.com」にあったアダム・サンドラー着用衣装。今のところ、衣装7点とディーズのメッセージカード(ウィノナがこれでもかってくらい大げさに泣いてた詩の商品版が載ってます。

衣装のブランド見ると、「GAP」「DIESEL」というお安めブランドばっかりですな。まあ、役柄がそうなんでしょうけど。あ、私服もたいしてかわらないか?ヨレヨレ感とか。写真の衣装セットはいずれも1445ドル(17万円)。それと、気になるのはサイズ。XLだって。ウチのダンナと身長も同じくらいだし、サイズも変わらない‥。と、い、いうことは相当デブです。ごめんね☆ダーリン

右のスェットのもっこり感も素敵。

Posted by Dane at 02:47 AM | Comments (1) | TrackBack

March 21, 2003

ジャックと

jack_penn.jpg今日LAで行われていたレイカーズvsセルティックス戦の試合を見ていたら、ジャック・ニコルソンは当然として(いつもの席で)、その横にアダムたんが居ましたね。なんかふたりで仲良くケーキ食べてました。
レイカーズ戦には昨年も一緒に見に来ていたり、ジャックがレイカーズの試合を見るために撮影を抜けだしてしまって、4時間もアダムたん&スタッフが待ったという話がありますけど。(遅刻したという説と、急にジャックが居なくなって、もしや?と思ってテレビを見たら、ジャックがスタジアムに座っていたとか。)

右の写真は、昨年、NYで行われたショーン・ペンが催したパーティの様子です。ジャックは「プレッジ」で監督をしたペンとつながりがあるけど、アダムたんは特にペンと繋がり無いですよね?終始ジャックと一緒だったみたいなので、ジャックに誘われた、とうか無理やり連れてこられたような気も‥。
ジャックに気に入られている限り、ショウビズ界では安泰だと思う‥。

Posted by Dane at 11:18 PM | Comments (0) | TrackBack

March 17, 2003

Mr.ディーズ ビデオ情報

パンタコスさんから、衝撃のタレコミを頂きました!どうもありがとうございます。
びっくりな話しなので、改めて投稿しました。(嫌でいしたら、その旨おっしゃってくださいませ>パンタコスさん)
以下、頂いた情報の全文コピペです。(元ページのコメント部分)

---------

はじめまして。

「Mr.ディーズ」、日本では5月にビデオが出るみたいなのですが、それに関する小情報を。

私ビデオ屋でバイトしているのですが、今日ソニーピクチャーズからショップ向けの広告兼注文書のようなパンフレットが送られてきました。
(毎月、各メーカーが送ってくるものです)
毎回、その月の目玉商品が表紙になっているようなのですが、今回(5月発売分)はなんと、「Mr.ディーズ」!

・・・・・・ところが!

そこに写っているのはなんと、漫才コンビ「中川家」(の上半身どアップ)!
主演俳優、我らがアダムくんは1ミリも写っていません。
どうやら、「中川家」による「関西弁バージョン」の吹替版が出るらしいのです。
(礼二:アダム、剛:タトゥーロ、らしい)
キャッチコピーも「中川家、ハリウッド進出!?」でした・・・・・・。
さすがにパンフレットを開くと、中にはアダムとウィノナも写っていましたが。
(「アダム・サンドラーは、トム・クルーズ、デ・ニーロ並みの人気!」という「説明」もついていました)

アダム・サンドラーの日本での人気、及びウィノナ・ライダーの例の事件、両方の「微妙感」をもてあましたソニー・ピクチャーズの、苦肉の策っぽい雰囲気がありありと感じられる宣伝です。
作品の「台無し感」、漂いまくりです。

だけど、その中川家(弟)も最近、事件起こしちゃったんですけどね・・・・・・。(運が悪いなソニー)

※どこに書けばよいのか良くわからなかったのですが、とりあえずここにタレ込んでみました。

--------

以下、私(D姐)のレス(ちょっと付けたし済み)

--------
こんにちわ。
レア情報なタレコミ、ありがとうございます!アメリカに居ながらこんな情報もらえるなんて。でもイスからずり落ちそうになりました。

>アダムくんは1ミリも写っていません
情けない〜。

中川家自身は面白いと思うんですけど‥。(私は、一時帰国するまでラーメン屋だ思ってたのは秘密です。)
ディーズと合いますか?ソニーはやけくそですか?中川家頼みのパブリシティ狙いですか?

>運が悪いなソニー
ある意味謹慎明けだと、記者会見で人が集まるので「おいしい」と思っているかも。いまひとつ活動状況が私はわからないのですが、ずっと謹慎して記者会見も流れちゃいますね。
テツトモにやらせればよかった、とか内心思っているかも。しかし、爆笑問題が成功したからって芸人さん多用しすぎじゃ?

ところで、(弟)がボウイの「スペースオデッセイ」歌うんでしょうか。きっとこぶし回すと思います。芸達者な(弟)がタトゥーロをやったほうがまだいいと思うのですけどね。車内放送のものまねとかアリで。

でも、一番怖いのは「ディーズ」は吹き替え版のほうが断然面白い!と評価される事です。

一応、擁護委員なので擁護してみると、ディーズは地方出身者という設定なので、標準語と違う吹きかえでNYのスノッブな人達と差別化するという点は評価したい、と言う事で。(関西弁が”地方”って意味ではないので誤解しないでください)

今度こそ!アンガマンに一層期待。でも、これもジャック・ニコルソン頼みだな〜。

Posted by Dane at 03:27 AM | Comments (8) | TrackBack

テレビ‥

この記事によると、サンドラーが"Pizza Boy"というTVシリーズを作るみたいです。前にもWBとシットコムを作ると言う契約はしたと言う話は紹介しましたが、それとは別??‥よくわかりません。WBのほうのシットコムは、「アメリカ最年少の知事」の話とかで、その役の少年も決まってます。上の記事の"Pizza Boy"に関しては???です。


もうひとつ情報。映画一覧で「Scary Guys/家に閉じこもっている広所恐怖症のルームメイトと暮らす精神病の主人公が、なんとか家を出て、道で女性を助けるが、その女性は殺人容疑をかけられていた‥。と、いったストーリーのよう。ジム・キャリー、ロバート・デニーロ、ベン・スティラーが共演の噂。アダムが主役なのかどうか、わかりません。」と書いた主役がCBSのテレビ番組[Everybody loves Raymond」で人気のレイ・ロマーノに決まったようです。共演は元「Everybody loves Raymond」の脚本も書いていたコメディアンで今は別のシットコムで主役をしているケビン・ジェームス。
アダム・サンドラーは、この映画のプロデューサーは務めるそうです。レイ・ロマーノは「アイスエイジ」でマンモス役の声もやってましたが、「Everybody loves Raymond」は昨年のエミー賞やゴールデングローブ賞、SAGなど総なめでした。

どうでもいい件がつづいたので、ちょっといい話を。

昨年の11月に自爆テロによりイスラエルで多数の子供が犠牲になる事件がありましたが、それを聞いたアダムたんは、近所に住む友人のおもちゃチェーン店の社長から、おもちゃを500人分買って、子供たちが収容されているイスラエルの病院に送ったそうです。
しかも、その送った箱のひとつひとつに手書きのメッセージを入れてプレゼントしたとのことです。

このことは結構こっそりやったらしく、友人のおもちゃ屋社長が後日談として話したみたいです。プレス担当がわざわざ「アダム・サンドラーはイスラエルの子供たちにおもちゃを送りました!」とかリリースを打ってないところがいいですね。

Posted by Dane at 12:39 AM | Comments (0) | TrackBack

March 14, 2003

コナン・ショー ビデオ

コナン・オブライエン・ショウにサンドラーがゲスト出演した時のビデオアーカイブ。このリンク先のページの下のほうに載っています。スエットパンツにTシャツです。口も回ってません。寝起きなんでしょうか。○○ってないならいいのですが。

しかし、とにかく凄い笑える&かわいい(はあと
日を改めて、このビデオで何を話しているかラップアップしますが(part1最後のアダムママの電話によるデブ忠告は日本語で訳すのが躊躇され)、英語がいまひとつわかんない人も、かわいいサンドラーは見る価値ありと、D姐思います。

このページには、ノーム・マクドナルドやトム・アーノルドも載っています。他のページには、確かロブ・シュナイダーもあったはず。アダムたんの下にのっている「犬」は、「トライアンフ」という犬で、SNLのTV FANHOUSEなんかの脚本を書いているロバート・シュマイゲルがオリジナルの声と脚本を担当している毒舌インタビュー犬として有名なキャラクター。

で、このロバート・シュマイゲルは、「リトル・ニッキー」のミスタービーフィーも担当。「ハッピーギルモア」で、アダムたんにどつかれるIRSの担当者(おばあちゃんの家を取り押さえる人)も彼が演じています。

‥つうことで、この回コナンが”「Poop Dog」の映画作ったら300億儲かるよ”といったジョークにピン!と来て「リトルニッキー」作っちゃったのかしらん。なんてね

Posted by Dane at 01:12 PM | Comments (3) | TrackBack

March 02, 2003

◆大雪で品切れ

東海岸のほうは未だに雪が降ったり、嵐でたいへんな事になってるらしいですが、ある学校は「大雪」の噂で休校になり、町の人はスーパーに買出しに走ってパニック状態だったそうです。で、品切れになったのは、「牛乳」と「トイレットペーパー」と「アダム・サンドラーのビデオ」だそうです。

大雪で何日も家の中にこもる事になるだろうから、アダム・サンドラーのビデオを見よう、っていう心がけは正解。こういう点はアメリカ人に見習うべき。

Posted by Dane at 11:20 PM | Comments (3) | TrackBack

February 28, 2003

◆レボリューションスタジオ

http://www.billboard.com/billboard/daily/article_display.jsp?vnu_content_id=1825199
昨日貼っておいたこの記事は、本当はアイスキューブのネタなのですが。

要約すると「レボリューションスタジオがジュリア・ロバーツ、アダム・サンドラー、ブルース・ウィリス、の次に第4のキーパーソンとしてアイスキューブをあげた」
ということです。アイスキューブは、昨年だけでも「Friday」シリーズの続々編や、BoxOfficeナンバーワンを獲得した「バーバーショップ」を含む3作品に主演し、自らもCube Visionという製作会社を持つ、ラッパー兼俳優。

で、注目はもちろん、アダム・サンドラーなわけで、「レボリューションスタジオ」が上げている」3人の核」にジュリア・ロバーツとブルース・ウィリスと並びサンドラーの名前が既に挙がっています。

んじゃ、「レボリューションスタジオ」とは何なのか?主催者のジョー・ロスは20世紀フォックス、ウォルト・ディズニー・スタジオで映画部門のトップを歴任し、いずれも在任中はそれぞれの会社の売上をトップにまで押し上げた敏腕プロデューサー。ふたつの会社で手がけたヒット作は、"Home Alone," "Home Alone 2 Lost in New York," (ホームアローンシリーズ)"Die Hard 2,"(ダイハード2) Sleeping With The Enemy,"(愛がこわれるとき)"Mrs. Doubtfire,"(ミセスダウト) "My Cousin Vinny,"(いとこのビニー) "White Man Can't Jump,"(ハードプレイ)(以上、FX)、”Sixth Sense," (シックスセンス)"Toy Story 2," (トイストーリー2)"Armageddon"(アルマゲドン)(以上WD)と、ヒットしただけではなく、数多くの賞も受賞している。

そのロスが、2000年に立ち上げた会社(ソニーピクチャーズやFoxなどが出資)が、「レボリューションスタジオ」で第一作はジュリア・ロバーツ主演・ビリー・クリスタル脚本・出演の「アメリカンスィートハート(America's Sweet Heart)」で、ロス自身が監督をしている。この作品はアメリカ国内でヒットを収め、その後制作された「ブラックホークダウン」はオスカーにもノミネートされた。
しかし、なんといっても最大のヒット作は昨年夏の「XXX(トリプルX)」。ということで、「レボリューションスタジオ」がより一層注目されるようになった。

サンドラー関連としては、昨年のディナ・カービー「マスターオブディスガイズ」「パンチドランクラブ」に続いて、「アンガーマネージメント」もレボリューションスタジオ制作のもの。
アメリカではすっかり「レボリューションスタジオ」ブランドが確立されていて、スピルバーグの「ドリームワークス」かジョー・ロスの「レボリューション」かといったところ(と言っては言いすぎ?)まあ、「レボリューション」は「面白い娯楽作品」をつくるスタジオとして確立されつつある事は間違いないので、今後も「レボリューション」関連は注目です。

結論;「アンガーマネージメント」は期待。

記事や画像なんかをこのサイトから拾ってるサイト(ABCもサンドラーも)に関してタレコマれたり見つけたりするんですが、あんまり感心したことではないですね。
私のコンタクト先は明記してあるのですから、引用、流用したい時はご一報を。つうか、リンクぐらい貼りましょう。
まるまんま1ページ流用しているサイトもありましたが、そちらはご連絡したら、ご理解いただいて削除していただきました。メールには「ごめんなさい」と書いていただいてましたが、最初から悪いと思ってるなら、やらないことです。
そういうサイト見るたびに更新する気が起きなくなります。「ええっと、ABC振興会のD姐なんですが、貴サイトに使われている‥」ってメールが来ないうちに、心当たりのあるサイトさんは、該当箇所を削除しちゃいましょう。
ちょっとぶっちゃけてみました。

後日談ですが。
上の話はですね、「(私の書いた)コメント、記事と似ている、同じ」という話ではなくて、ページ丸写しなんですよ。1件は「裸ソンブレロ」のページまるまる。もうひとつは、昔使っていたサンドラー最新情報ページのデザイン・レイアウト。

「ふつう、記事パクられるほうが、レイアウトパクられるより、嫌だろう」と思う人もいるかもしれません。つうかですね、今回の場合、レイアウトはソースをそのまま写したようなので、HTMLに埋め込んである”アクセス解析用のタグ”までコピーされちゃっているんですよ。
あたしゃ、パクられたサイトさんのアクセス解析までしたくないっつうの。知りたかないですよ、そんなもん。

でね、「そのページはうちのコピーなんで、やめてください」とお願いしたんですが、「コピーなんてしてません」と。いやいや、うちのアカ用タグが貼ってあるし‥。といっても、話が通じず、四苦八苦したわけです。お察しのように、うちのページのようなたいした事の無いレイアウトをコピーしちゃうわけですから、あんまりHTMLというかその辺に詳しくないようで。詳しきゃ、レイアウトコピーしても、アカ用タグまでコピーしないでしょうけどね。最初から。「裸ソンブレロ」のほうもアカ用タグは貼ってあったのですが、すぐに落としてもらいましたけど。

「XXの○○が似てます!/同じです」とかメールで頂く事があるので、そういう場合は一応見ますけど、どうなんでしょうね。自分でも「同じだなあ。」と思ったときはあんまりいい気分じゃないですけどね。そういう件に関しては自分から先方にメール出した事はありません。今のところ。でも知ってます。

Posted by Dane at 01:18 PM | Comments (1) | TrackBack

February 21, 2003

◆PDLチラシ裏!

クリックすると拡大できます!またまた、KEIさんから画像を送っていただきました。今回は先日紹介した「パンチドランクラブ」の裏面です。ありがとうございます。
表面は8種類ですが、裏面はこのビジュアルで統一されているそうです。

それは目が眩むほど、パンチが効いたラブ・ストーリー
やがて衝撃が陶酔にかわる

‥横山のやっさんをなんとなく思い出してしまいました>パンチが効いた

見ればわかる

‥究極の言葉かと。説明しにくい映画につけるコピーで。

な〜んにもアダム・サンドラーのことを知らない人が、この映画を見て、実はこの人コメディアンだったんだよ、っていうのがいいのかもしれませんね。そういう意味の衝撃もありで。そして、「ウォーターボーイ」や「リトルニッキー」を見て陶酔してもらう、と。

「ボーリング・フォー・コロンバイン」の入りが良過ぎて超ロングランになって、PDLの公開が押されまくる‥という事態が発生しないことを祈りつつ。
「ボーリング・フォー・コロンバイン」も面白いですけどね。

ところで、このチラシの表画像ですが、改めて見ると「メルヘン」というより「リビドー」に見えてきます。

Posted by Dane at 09:07 AM

February 19, 2003

◆パンチドランクラブ 日本語チラシ

クリックすると拡大できます!写真は、KEIさんから頂いた「パンチドランクラブ」の日本語
チラシです。ありがとう!全部で8種類もあるそうですが、英語の公式サイトで配布されている壁紙から作られている模様。プリチイです。しかも、8種類も用意しているところに、東宝東和の意気込みが感じられます。(2/20に新しい8種類の画像と差し替えました。KEIさん重ねてありがとうございます。)

だ・け・ど、写真にアダムたんの顔写真は入ってない!アメリカではあくまでも、予告編やCMのインサーションで使われていただけなのに‥。(本編のタイトルでも使われているけど)アメリカで使われていたポスター(このポスターを見るといつも、この写真のロケーションに使われていたところに行きたくなります)は、全部右のものです。
アダムたんの顔は、画像に負けたって事っすか。

でも、このほうがラブストーリーというか、PTアンダーソン流メルヘンって感じがして確かにふさわしいかも。
このチラシだけじゃ、従来のアダム・サンドラー・ファンは気がつかないだろうな。アダムたんが主演してるって。つうか、従来のアダムファンが日本にどれだ(以下略

画像はクリックすると拡大して見れます。

Posted by Dane at 01:34 PM | Comments (11) | TrackBack

February 18, 2003

◆Mr.ディーズ 4位発進!

先週日本で公開されたMr.Deedsですが、先週末の映画興行成績が発表されました。(KIKIさん情報サンクス)

4位です。アメリカでは、2002年のトータルで見て、ピアニストとレッドドラゴンより、総興収はよかったんですけどね。大入り袋が出るほどではないですが、なかなかの健闘ということでほっとしました。

今週 先週 タイトル 配給 公開劇場 上映週 上映館数
1 初 戦場のピアニスト アミューズ 日劇1ほか東宝系 1 20
2 1 レッド・ドラゴン UIP 日比谷スカラ座1ほか東宝系 2 22
3 2 ハリー・ポッターと秘密の部屋 ワーナー 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系13 20
4 初 Mr.ディーズ ソニー ニュー東宝シネマほか東宝系 1 11
5 3 ボーン・アイデンティティー UIP 日劇3ほか東宝系 4 19

実は日本で公開される映画って、どこで公開されるかで成績ってだいたい決まっちゃうので、公開前に順位が決まってるも同然という罠。

見てない人は、急いで見に行きましょう!

Posted by Dane at 08:04 AM | Comments (27) | TrackBack

February 17, 2003

◆出演予定作品 全一覧!

現在交渉段階で、正式な契約が済んでいない映画も含めて、今後アダム・サンドラーが出演するとされている映画9本の情報をまとめました。「Mr.Deeds」を見て、消化不良を起こした人もこの映画リストを見て、わくわくしましょう。

タランティーノ映画やジュリア・ロバーツ共演など、凄まじいです。”どこ行っちゃうの〜?アダム。”という気もしなくはないですが。
つうかね、ジュリアとの共演作品が日本で公開されても知名度があがらなかったら、怒るよ!まじで!!んもぅ〜!!もう擁護してあげないからね!って、別に頼まれたわけじゃないですけど。

本当は、もう一本昨年のオスカー外国語映画賞を獲った作品のアメリカ版リメイクの主演、という話もあるのですが、現実性が乏しそうなので、今回リストには入れませんでした。

▼出演予定作品 全一覧!

Posted by Dane at 02:48 AM | Comments (4) | TrackBack

February 11, 2003

◆オスカーとラジー

オスカーのノミネートが今日発表されましたが、ご存知のように一縷の望みをかけたものの、アダムたんはノミネートされませんでした。残念。今後、タランティーノ監督作品なんかに出演の噂もあるので、それに期待しましょう。(懲りない私)

ラジー賞は誰の期待を裏切る事もなく、ノミネート。96年の「ハッピーギルモア」以降、主演映画が公開された年は全てノミネートされてます。皆勤賞ものですね。(「ウェディングシンガー」はノミネート対象になっていないけど、同年公開された「ウォーターボーイ」でノミネート。)
ラジー賞は、駄作でも知名度が無いとノミネートされないので、名誉なこってす。それが証拠に、最初の主演映画「ビリーマジソン」ではノミネートされてないですから。

ところで、前にWOWOWでアダムたんのインタビューが放送っていう情報を頂きましたが、そのインタビュー全文がサイトに上がっていました。
インタビューは【日本語】と【英語】がありますので、チェックしてみてください。

Posted by Dane at 08:53 PM

February 05, 2003

◆ガーラ湯沢試写会

メールやらなんやらで色々と皆さんから教えていただいた「Mr.Deeds」試写会inガーラ湯沢。念のために言っておきますが、ハッテン場ではありません。ナウなヤングが集うスキー場です。

私もJRの駅や構内で、この「Mr.Deeds」試写会inガーラ湯沢のポスターを見るたびに、なんだか恥ずかしい気持ちがしてしまうのですが、ネットで検索したところ、こんなのが見つかりました。

[会  場] 勤労青少年体育センター   ‥ですって。

>ちゃんと200名集まるのかしら。結局集まらなくて、
>無理にGALA湯沢にたまたま来ていた、アニキにまったく興味なしのスキヤー、
>スノーボーダをかき集めて、ヤンキー兄ちゃんに”だれだよこれ”とかいわれそうな気が。

と、いうメールを頂きましたが(一応匿名にさせていただきます)
ヤンキー兄ちゃんどころか、地元の青年団(ドウテイ率高し)のアニキたちも集まりそうです。

とりあえず、「Mr.Deeds」には雪山シーンも出てくるので、無理やりこじつけで宣伝会社の方々がタイアップゲットしたのだと思います。ご苦労様です。

しかし、公開10日を切ったのに、全然CMスポット見ませんね。2・13からちょこっとやるぐらいでしょうか。
私は公開日には日本に居ないので、テレビでどんな紹介をされていたか、教えていただけると嬉しいです。特に、めざまし&王様のブランチ。アニキの紹介の仕方とかお願いします。

Posted by Dane at 09:15 AM | Comments (9) | TrackBack

January 24, 2003

◆GGの席順

日本に先日のゴールデングローブ賞の放送を録画したものを持ってきたので、席順を確認しました。

アダムアニキが座っていたのは、U2の二人、エルトン・ジョン、ジュード・ロウ(プレゼンター)というヨーロッパ勢と、これまたプレゼンターで参加しためちゃめちゃハイテンションのシャロン・ストーンと同じテーブルですた。

シャロン・ストーンが居なければジュード・ロウも「ヘイ・ジュード」ということでミュージシャンとして分類されたと納得したのですが、やっぱりその他大勢席ですね。

どうでもいいこと書いてすみません。ちなみに、「Mr.Deeds」ではU2の曲も挿入歌として使われてたような気がする。

Posted by Dane at 04:51 AM | Comments (6) | TrackBack

January 20, 2003

◆ゴールデングローブ報告

tux.jpg日本在住のアニキ擁護委員の皆さん、日本ではゴールデングローブ賞は放送されないし、ファッションポリスも翌日以降の放送だと思うし(アメリカでもGGの翌日放送)、Yahoo!のフォトギャラリーにもアニキの姿は載ってないし‥ということで、「本当にアニキはGG会場に現れていたのか?」とやきもきされていた方もいらっしゃるでしょう。‥アニキは会場に来ていました
ええ、居ましたとも。しかし、テレビ中継を見ている限り、放送時間の3時間の間にアニキが移ったのは6回ほど。時間にして8秒程度です。うえ〜ん。

GGはホテルの披露宴会場のようなところで、まさに披露宴のように円卓を囲んで各映画、テレビのキャスト、スタッフが同じテーブルに着く中、授賞式が行われます。しかし、映画「パンチドランクラブ」からのノミネートはアニキ一人。作品賞関連にもノミネートされていないので、制作側も招待されていないでしょう。私の不安は「アニキは誰と座っているのだろう?その他大勢席?まさか厨房?(厨房なら、もちろん丸イス)」という事でした。

アニキが淋しい思い、居心地が悪い思いをしているのではないかと心配する中、放送から1時間半経ってアニキのアップは2回で2秒。アップなので、隣に誰が座っているのかも確認できず。そして主題歌賞の発表。ウィナーはU2。受賞の為、ステージへ向かうボーノとエッジ。その横に映ったのが、我等がアニキ、アダム・サンドラー!しかも、座席が詰まっているため、受賞者でもないのに席を立ってエッジに通り道を作るアニキ!心の中で「アニキ!優しすぎるよ!つうか、邪魔なのか?!」って叫びましたよ。

坂本龍一がオスカーを受賞した時に、同時受賞した別の人に思わず道譲っちゃったのを思い出しました。「アダム兄さんは、もっとビッグなはず。嫌、ビッグだからこそ道を譲るんだ」って自分に言い聞かせましたよ。ただ坂本龍一と違うのは、アダム兄さんは受賞しちゃいないって事なんですけどね。

そしてCMへ。なごやかなムードの中、出席者を映し出すカメラ。「こういう髪型の時こそ、無精ヒゲだろ!」って感じのロン毛の今日に限ってヒゲを剃っているブラッド・ピットがプロデューサーと談笑。‥と、思ったらアニキの後姿でした。「後でサインくれ」とかお願いしてないよね?アニキ。

アニキが今回最長、といっても2.3秒程度アップになったのは、ジャック・ニコルソンが最優秀主演男優賞を獲った時の喜ぶアニキのはじける笑顔でした。輝いてたぜ、アニキ。来年はプレゼンター狙おうよ。500万相当の記念品もらえるらしいし。それも厳しいな。

ちなみに上の画像は、カンヌの時のもので、今日のGGの姿ではありません。探しても画像なかったし。まあ、こんな感じです。やっぱりタキシードに眼鏡クンだったし。ビデオ撮ったんで、いつか上げます。E!のファッション投票の候補にもなってないから、組織票もできやしない。

常にアニキに注目していた3時間の放送でしたが、それでも気になったのはルネー・セルヴィガーの立ち居振る舞いというか挙動不審というか。元々変わったコでしたが、今日は特に。ハイ、もしくは医学的治療が必要そうとも見受けられ、シャリー・マクレーンと会話している風景も放送されていましたが、乗移った時の体験談でも話していたのでしょうか。

受賞後のトークがかっこよかったのは、クリス・クーパーリチャード・ギア、sex and the cityアマンダ役のキム・キャトラル。「私がこの賞を撮る為に、どれだけの男と寝たのか想像できないでしょう」って。もちろん、ジャック・ニコルソンジーン・ハックマンドナルド・サザーランドも。この辺の人達はもらいなれてるしね。メリル・ストリープは「まさかアタシが」がわざとらしくて、ちょっとがっくししたけど、今思えばニコール・キッドマンの「またアタシか」顔に比べれば、可愛かったかも。

あと、レッド・カーペットでコリン・ファレルと受賞式でボーノが「ふわっきん」って言っとりました。しょうがないねえ、アイリッシュ。リチャード・ギアも「がっでむ」ゆうて、音声消されてましたが。ガンドルフィーニは熊五郎通り越して「だまし絵」みたいになってましたね。それと、ロビン・ウィリアムスの娘さんはかわいい!是非モー娘。に入って欲しい。それにしても、お父さんがロビン・ウィリアムスっていいなあ。

Posted by Dane at 12:21 AM | Comments (11) | TrackBack

January 16, 2003

◆アニキ戦略追跡レポ1

JSG1.gif掲示板でがるさんにタレこんでいただいた「Allabout Japan」のアニキ・マーケティングがらみの記事です。掲示板のほうで、いろいろ突っ込んでおいたので、そちらも参照していただければ。

この記事の中に〜ジョージアのCM「ナンデーモ・カンパニー」の浜田社長を演じるダウンタウンの浜ちゃんとかサッカーの中山(ゴン)雅史選手が、まさに日本のアニキ代表といえるでしょう。〜という記述がありますが、それは間違いです。本当のニッポンのアニキ代表はこの人達です。(こつ氏タレコミ)
つうかね、ウィノナがアニキの心をゲットする手段ってのはネタバレだと思うんだよ>Allabout2ページ目

画像は「アニキ戦略ってのは、いかがなものかと。」と悩ましげな表情のアニキでした。。

Posted by Dane at 11:43 AM | Comments (7)

January 15, 2003

◆トップタイトルバナーの写真

pip.JPG
まずこのIMDBにある写真をごらんください。

私が「アダム・サンドラー擁護委員会」のトップタイトルに使ってる画像と同じですが、反転してますよね?
実はIMDBのほうが間違ってるんですよ。これは「Airheads(ハードロックハイジャック)」という映画のピップ役のアダム・サンドラーですが、映画の中では、ピップは右手に白いリストバンド、左手に黒いブレスレットをしているんです。このIMDBの画像だと、逆でしょう?まあ、こういう間違いはたまにありますが。

しかし!私がこの間違いに気がついたのは、リストバンドの所為ではありません!アダムたんのホクロの位置です!彼は左頬のにホクロが2つあるんです。それがIMDBの画像だと右頬についてるじゃ〜ありませんか。なんとまあ!

・・・と、自分のヲタっぷりを告白してみますた。自分でも嫌になります。
私もこのトップタイトルを作る為に、画像を拡大加工してIMDBの画像が間違えていることに初めて気がついたんですけどね。「擁護の辞」では、反転したままで気がつかなかったし。あと、彼は左右の耳の形も激しく違うので、それでも見分けられます。役に立たない一口メモですが。

左上の写真も「ハードロックハイジャック」から。約9年前、28歳のときのアニキ。
それにしても若っ!一番ワルイことしてた頃かね。

Posted by Dane at 12:30 PM | Comments (10)

January 13, 2003

◆The People's Choice Awards

doyo.jpg昨日CBSで「The People's Choice Awards」の授賞式の模様が放送されました。
今年は、Yahoo!のスライドショーを見てもわかるように「My Big Fat Greek Wedding」が主役という感じですね。まあ、トム・ハンクスがプロデュースしていなかったら、ここまで華はなかったでしょうけど。

‥と、なぜこの話が「アダム・サンドラー擁護委員会」に?「グリーク」が大活躍のように見えますが、結局獲った賞は「コメディ映画」のひとつだけ。その「コメディ映画部門」の候補に「Mr.Deeds」がなっていたからです。もうひとつの候補作品は「バーバーショップ」でした。「バーバーショップ」と「グリーク」なんて面白い映画と肩を並べられただけでもよかったというか。

ちなみに「The People's Choice Awards 2000」の最優秀コメディ映画は「Big Daddy」で"Favorite Motion Picture Star in a Comedy"は、アダム・サンドラーだったんだけどね。(今年からこのカテゴリーはなくなった模様)

▼The People's Choice Awards 候補作と受賞作一覧

Posted by Dane at 10:54 AM | Comments (4)

January 12, 2003

◆インタビュー@WOWOW&コメセン

SKIPさんに「WOWOW」でアダムたんのインタビュー放送中!とタレこんでもらいましたので、その情報を。

再放送が結構あるみたいなので見逃した方はコチラの番組表で放送日時を確認できます。動画も来月5日にはWOWであがりそうなので、WOWOWのこのページをチェックしましょう。私はアメリカ在住なんでWOWOW見れないんで動画があがるまで待つ事にします。楽しみ。

待ちきれない人はコチラのコメディセントラルのインタビューを。前にアメリカで「MR.Deeds」が公開されたときのインタビューを紹介しましたが、こちらはもっと古くて、「リトル・ニッキー」の頃のものです。相手が古くからの知り合いのジョン・スチュワートなので、インタビューというよりは雑談になっちゃってますけどね。

Posted by Dane at 02:41 PM | Comments (4)

January 11, 2003

◆「Mr.ディーズ」でアニキ路線へ!

tongue.jpg配給元のソニーピクチャーズエンタテーメントのニュースレターにあった「Mr.ディーズ」に関する記述を紹介

☆2月公開「Mr.ディーズ」の賑やかサイトオープン!僕らのアニキ、アダム・サンドラーが帰って来た!ハートフルなコメディはお手のもの。またもアメリカで初登場第1位を記録した堂々の自信作が日本上陸。映画の賑やかさが新オープンの公式サイトに炸裂!ジョン・タトゥーロ扮する執事がしょっちゅう顔を出します。映画に詳しい方はご存知だと思いますが、往年のフランク・キャプラ監督の名作「オペラハット」(主演ゲイリー・クーパー、ジーン・アーサー)の、これはリメイク作品なのです。ヒロインには最近ちょっとお騒がせ、でも女優として素晴らしい個性を毎回発揮するウィノナ・ライダー。極上のハートフル・エンタテインメントをご覧頂けるのももうすぐです。公開まではこちらのサイトでお楽しみ下さい。
http://www.mrdeeds.jp/

いつから僕らのアニキになったんでしょうか。教えてください。「僕ら」で「アニキ」なんて弁解の余地なく花園系じゃないですか。もう、アダムたんがふんどし姿になってる絵しか想像できないっす。んっと、アメリカでは確かに男のファンが多いと思うけど、日本じゃ映画館に女性客がこないと当たらないでしょう。過去の日本公開主演作4本で、もう「アダム・サンドラーに女ファンはできない」と悟ったのか。・・それ、正解

それなのに「ハートフル」が2回も使われていて「アニキ路線」と「ハートフル路線」の共存をさせなければいけないパブリシティ担当者の苦悩が伺えます。

果たしてこの「アニキ・マーケティング」、吉と出るか凶と出るか

▼映画「Mr.Deeds」感想へのリンク

Posted by Dane at 08:35 AM | Comments (19)

January 10, 2003

◆マイカーは改造車?

アメリカ発三面記事でお伝えした「SUVはテロ支援の意見広告」の記事関連で見つけたのですが、Becker Automotive Designによると、この会社で自分の車をよりパワフルに改造したセレブリティの一人にアダム・サンドラーの名前が挙がっています。

サンドラーの他には、バーブラ・ストライサンド、ウーピー・ゴールドバーグ、ジェーン・フォンダ、ジェリー・サインフィールド、チャーリー・シーン、ウィル・スミス、デンゼル・ワシントン、シェール、シルベスター・スタローン、ベン・アフレック、マイケル・ジャクソン、マイケル・ダグラス、エディ・マーフィー。

自分の車、といってもSUVに限らず、リムジンも含まれているようですが。
なんかこうなってくると「赤狩り」ですね。いいじゃん、好きな車乗れば。乗らしてあげようよ。みんなセレブなんだから。

前にキャディラック乗ってるっていうのをどっかで見た記憶があるんだけどね。(しかもリース。税金対策か)

Posted by Dane at 09:23 AM | Comments (5)

January 09, 2003

◆「サブウェイ」でクーポン使う

cigger.gifあるタブロイド誌で「アダム・サンドラーがLAにある"サブウェイ"に来店。サンドイッチを1つ買うともう1つ無料サービスの"クーポン"で、ツナサンドイッチを買った。

・・という記事が掲載され、その件に関して「クレイグ・キルボーン・ショウ」でことの真相をインタビューされた。アダムは、「目の前でサンドイッチを作るのを見るのが好きなのでサブウェイには良く行くよ」と答えたが、「本当にクーポンを使ったのか」に関しては、「ひとつ間違いがある。僕が買ったのは、ツナサンドイッチじゃなくて"テリヤキチキン"サンドだよ」

アダムファンじゃない人にはどうでもいい話でしょうが、私にとってもどうでもいい話です。ただですね、昨年(2001/6から2002/6)のセレブの長者番付で、この人11位ですよ。5位にU2.9位にデイブ・マシューズバンドが入っているので、実質9位でしょう。ベストセラー作家トム・クランシーの次ですよ。クーポン使わないでよ。41ミリオンドル(50億円)稼いでんだから。

まあ、実際に使ったかどうかは定かではないとして、「いかにも使ってそー」なところがオチなんでしょうが。ファッションはBUM Look(浮浪者ファッション)だし。

▼Fobes/100 Top Celebrities (長者番付編)

Posted by Dane at 06:48 AM

January 07, 2003

◆ゴールデングローブ候補・新聞広告

PDL_GG.jpgちょっと古いですが、機内で見た12/23付けの「ニューヨークタイムス」新聞広告です。「パンチドランクラブ」で、ゴールデン・グローブ/コメディ・ミュージカル部門の最優秀主演男優賞候補になった直後のもの。

こんな事は一生アダムたんのキャリアの中で無いと思い、機内からかっぱらってきた新聞の画像です。(画像をクリックすると拡大して見れます。)

そういえば、さっきネットでニュースを探していたら、昨日行われたNCAAのカレッジバスケで、うちの地元大学の試合にアダムたんが観戦に来ていたそうです。なんでだ?まあ、確かに車で2時間弱でLAから来れるけど。

Posted by Dane at 08:48 AM

January 05, 2003

◆2002年/17位/93位/105位

2002年の映画興行成績は全体でみても昨シーズンを大きく上回り、過去最高の9ビリオン市場だったとか。

「Mr. Deeds」はその中でも健闘し、123ミリオン(140億円)の興行成績で17位。そのほかの作品は、11月公開の「Eight Crazy Nights」が93位、「Punch-drunk Love」が105位とまずまずってトコかしら。

掲示板でakoさんに「水野晴郎がMr.Deedsのことを<ハートウォーミング・コメディ>と紹介している」と教えてもらいましたが、私は<ハートウォーミング・コメディ>ではなくて≪生温かい・生ぬるいコメディ≫だと思います。ハルヲに≪生ぬるい≫とか言われるのもシャクだけど。ジョン・タtゥーロとアレン・コバート、スティーブ・ブシェミといった周りの人達は面白いけどね。

▼YEAR-TO-DATE BOX OFFICE 2002 Totals (as of Dec. 29)
このサイト、(かなりPOPUP広告うざいです)

Posted by Dane at 04:16 AM | Comments (4)

January 04, 2003

◆アダムたんサーフィンを始める

surf.gifアダム・サンドラー36歳にしてサーフィンを始めたらしいです。マリブあたりで乗ってるんでしょうか。「コナン・オブライエン・ショウ」に出演した時、「スノーボードより難しいよ。スノボーは、転がったら転がったまでだけど、サーフィンは落ちて波に飲まれて、ほっとしたのもつかの間、また次の波に襲われるから」

と、私が書くとつまらないですが、これをアダムたんが身振り手振りをつけて話すとおかしいんですよ。「サーフィンは、うぎゃーってなって、びゃーとなって、HELP MEで、ふううって思ったら、また波が来て、"oh shit!"うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!って感じよ。」って。余計分かりにくい?

あと、レターマン・ショウに出演した時は、「もう36歳でマ○○ー○ー○ョ○にも厭きたので、他の趣味を持とうかと思って、サーフィンを始めた」と言ってました。バカですか?この人。しかも、CBSの看板テレビ番組で。

このパンツの柄、どういうセンスなのかしら。おばあちゃんちのカーテンみたいです。

Posted by Dane at 05:01 AM

January 01, 2003

2002年11月のニュース

主なニュースは以下。
●「HOT CHICK」の個人的アダムたん萌え画像。
●「Adam Sandler's Eight Crazy Nights」公開
●NBCのコナン・オブライエンショウにゲスト出演
●「Adam Sandler's Eight Crazy Nights」でミートボールの短編映画も
●本当にオスカーにノミネートされちゃうかも!
●SNLオープニングに登場(ハヌカソング3)/動画URL
●「Mr.Deeds」ビデオ・DVDも一位。
●NBAのCMキャンペーン動画
●「クレイグ・キルボーン ショウ」報告
●「Anger Management」撮影風景の画像
▼2002年11月のニュース

Posted by Dane at 10:13 AM

2002年10月のニュース

主なニュースは以下。
●婚約者との2ショット画像
●アダム・サンドラーSNL出演予定!
●アダム・サンドラー11/1にトークショウ出演予定!
●名作の予感‥「Punch-drunk Love(パンチ・ドランク・ラブ)」が5館で公開
●テレビでコメディのレギュラー番組制作決定
▼2002年10月のニュース

Posted by Dane at 10:05 AM | Comments (4)

2002年9月のニュース

主なニュースは以下。
●アダム・サンドラープロデュース、ロブ・シュナイダー主演第3弾の「HOT CHICKS」
●最新作「Punch-drunk Love」公式サイト、いい感じです。
●アダム・サンドラー、「Punch-drunk Love」でトロント映画祭に登場
●アダム・サンドラーNBAのCMに出演!
●「デイリーショウwith ジョン・スチュワート」に出演
▼2002年9月のニュース

Posted by Dane at 10:03 AM | Comments (4)

◆2002年8月以前のニュース

主な記事は以下。
●アダム・サンドラー、ジャック・ニコルソンを語る。
●アダム・サンドラー主演「Mr.Deeds」が公開!全米興行成績1位!
●アダム・サンドラー主演「Punch-drunk Love」がカンヌ映画祭で監督賞受賞!
●アダム・サンドラー制作アニメーション「eight CRAZY nights」サイトができた模様。
●2003年公開「Anger Management」(アンガーマネージメント)にジャック・ニコルソン共演!
●ディナ・カービー主演「Master of Disguise」もうすぐ全米公開
●ロブ・シュナイダー、デイビット・スペイド次回作始動。
▼2002年8月以前のニュース

Posted by Dane at 10:00 AM
Navigation
トップ掲示板

since November 5, 2002
Sponsored Link

カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ