August 22, 2003

エピソード2・必見のコスプレ

room.jpg【ストーリー2/Going Overboard】スタンダップ・コメディアンを目指すシェッキー(アダム・サンドラー)は、カリブ海を航海する豪華クルーズにウェイターとして乗り込み、同僚のボブに励まされながら、いつか客の前でコメディを披露することを夢見ている。しかし、その客船にはお抱えコメディアンであるディッキー・ダイアモンドが居て、客には常に大うけ、女性からもモテモテで、シャッキーの出番はない。

客船には、一般客のほかにアメリカ各州や世界各国からミス・ユニバースの代表者たちが乗り合わせていて、華やかなバカンスムード。そんな浮かれ気分の中、バーのカウンターで隣り合わせた美女に声をかけたシェッキーは、相手にされないどころか、彼女の恋人であるディッキー・ダイアモンドに見つかってしまい一騒動。おかげで代役コメディアンの一縷の望みも完全に消えてしまう。

一方パナマでは、独裁者・ノリエガ将軍(バート・ヤング)がミス・ユニバースの出場者のビデオを見ている。すると、ミス・オーストラリアが「ノリエガは時代遅れの独裁者。この世から追放されるべき」と話すのを見て怒り心頭、手下二人にミス・オーストラリアの暗殺を命令する。二人は、シャッキーたち一行の乗る豪華客船を目指して出航。

客船では、ディッキー・ダイヤモンドは相変わらず人気絶好調。しかし、ふとしたことから、トイレの鍵が壊れ、ディッキーはトイレの中に閉じ込められてしまう。助けを呼んでも誰も気がついてくれない。船内では、人気者ディッキーが行方不明になったと大騒ぎに・・・・。

+++++++++++++++++++++++
beach1.jpg
この映画、超低予算で制作されていると思いますが、それにしてもショボイ。セットらしいセットはなく、全て実際の客船の中で撮影されているようで、ショボイったらありゃしない。見ているこっちが窮屈な気分になります。

そんな中、自分の夢を語ったり、ナレーションも兼ねてカメラ目線でひとり黙々と話をするのはアダムたん。自室として設定された客室(一番上写真)で、カメラに向かって必至で演技してます。この映画がこんなにショボショボになるとは思いもしなかったことでしょう。彼の恐れを知らない無垢な瞳と発展途上のパンチ頭ヘアスタイルに胸キュン☆してしまう女性も少なくないはずです。

セットのショボさは目を覆うものがありますが、アダムたんの衣装に関しては一見の価値が在ります。レア度で言えば、ダーティ・ボーイズ(BULLETPROOF)で見せてくれたピチピチ闘牛士スタイルに質・量とも負けてません。

「Going Overboard」では、ウェイターの制服が水兵のセーラー服。しかも短パン。この頃は痩せているので何を着ても似合います。むしろぶかぶかのセーラー服がチャーミング。

「ダーティボーイズ」ではシャワーシーンがありましたが、「Going Overboard」では海パン姿が堪能(?)できます。回想というか美女たちといちゃつく妄想シーンで見せる姿に「右派か左派」かを確認せんと何度コマ送りをしたことか。
そして、聞き逃してはならないのは、このシーンのBGMで流れる甘ったるい歌声は、アダムたん本人です。実は、このことは事前にメールで教えてくださった方がいたので、聞き逃しませんでしたが、教えてもらっていなかったら、アダムたんの声とはわからなかったかもしれません。あまりにも甘ったるいので。

[参考]あまったるい【甘ったるい】《形》1.味や度をすぎて甘い。2.愛情の表現やあまえかたが度をこえている。3.通俗的で人にこびている。鋭さやしまりのない。

もうひとつ、忘れてはならない必見コスプレは拘束服です。拘束服姿は、「トリプルX」のヴィン・ディーゼルより全然アリです(断言!)。他に申し上げることはありますまい。拘束姿はファンタジーであることを改めて認識させられるはずです。(って私はどんなシュミなんだ)
セーラー服、海パン、そして拘束服・・・とかなりマニアックなコスプレだと思うのですが、実はこの映画の脚本・監督はバレリー・ブライマンという女性。監督・脚本が女性というところで、なんだか妙に色んな意味で納得してしまいました。
そしてこの方、実はかなりの美人さんです。

・・・・ということで、エピソード3へ続く。

Posted by Dane at 09:30 PM

July 17, 2003

エピソード1・イントロアニメ

もう2ヶ月も前になるでしょうか。サンドラー幻のまま消えて欲しかった初出演映画「Going Overboard」をこのサイト上で紹介するといって。待っていた方は居ないと思いますが、ぼちぼちスタートしようかと。しかし、この映画を観た記憶は遠い昔、その上ワタクシ事で恐縮ですが、引越しをしまして、DVDが行方不明です。なら、買い直せばいいって?買うもんですか!こんな映画のDVD。レンタル屋に行って、4ドル払う気にもなりません。嫌、多分親切な店員なら、「マジ見たいの?後悔するよ」と教えてくれるでしょう。もしくは、「そんな糞映画、うちには置いてねーぜ!」とハイフィディリティのように塩まいて追い出されるかもしれません。(塩はまいてないが)・・・・そんな映画でございます。

ということで、私のあいまいな記憶をたどりつつ、ご紹介。幸運?にもキャプチャした画像は、サーバ上に残っていました。本当に記憶があいまいなので、ストーリー展開等に自信がありません。でも、問題ないでしょう。全く。

前置きはこのぐらいにして、映画「Going Overboard」の紹介。

DVDをセットして、スタートボタンを押す。映画館で観たとしたら、数々の話題の新作映画の予告編を見、劇場がさらに暗くなり、いよいよ本編スタートの一番のどきどきの瞬間。いわゆる映画のつかみ。この後スタートする映画が期待通りか否かを占う大切な瞬間・・・・。

「Going Overboard」では、そんなドキワクな期待をよそに、しょっぼーいカリビアンな音楽とともに私が今までに見た中で一番似ていないサンドラーのしょぼーいアニメ(上写真)が流れ、キャスト紹介をしやがります。サンドラーというより、むしろ久米宏。当時23歳程度だったサンドラーですが、アニメでは40歳超えの風貌です。このアニメ、似てないだけでなく、途中途中に寒ギャグを連発します。今でこそ、プロデューサーとして、好きな映画を作り放題のサンドラー。当時新人だった彼は、納得がいかなくても口を挟む余地はなかったでしょう。きっと、この映画をばねに、彼は大きくなっていったのだと感慨に耽ってみたりもできます。

しかし、このアニメ(その上、やたらと長い)を見た時点で、最後まで見通す自信がなくなったり、サンドラーが嫌いになってしまうかもと懐疑する人もおられるでしょう。あなたがたは間違っていません

そして、このしょぼしょぼイントロアニメが終了すると実写のサンドラーが登場ヤングでキュートなアダムたん!キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!とか心の中で叫んじゃうのも無理はないこと。そのサンドラーの姿を見て、若くて、今では面影の無いスレンダーな体・妙に弾んだ今より少し甲高い声に驚いている暇はありません。「これから豪華客船にウェイターとして乗り込むんだけど、ボクは本当はコメディアンの卵。できれば、ここでスタンダップコメディをやりたいんだ。でもね、この客船にはお抱えのコメディアンが居るんだよね。ボクにチャンスが回ってくるのを待つよ。」と、映画のくせにカメラ目線で一人喋り。・・・・これから、本格的にサンドラー踏み絵映画がスタートするのです。

*もしかしたら、一人喋り自己紹介の後にイントロアニメがあったかもしれません。でも、問題ないでしょう。全く。

Posted by Dane at 12:09 AM

May 13, 2003

はじめに。

「Going Overboard」1989年、アダム・サンドラーが22,3歳の頃に制作された映画です。翌年からサンドラーはSNLにレギュラー出演。この89年当時の彼は、MTVなんかでちょっと顔が売れてきた程度のおもろい兄ちゃん。そんな彼が主演の映画をつくろうと思っただけでも立派。で、作ってしまったのは大失敗。

しかし、サンドラー擁護委員としては無視をし続けることもできず、この90分間の映画を観てしまいました。まさにこの90分間は己、擁護委員としての自己との戦いでした。いいかえれば、90分間ボディブローされっぱなし、早く誰かアタシにタオルを!という過酷なものでした。
(IMDBの読者感想には「俺はサンドラーのファンだが、全財産をはたいてこの世にある全てのこの映画のビデオ、DVDを焼き払いたい。それが、人類のためだ。」という人も居た)

こんな映画、ビデオスルーだろうがなんだろうが、日本では誰にも見て欲しくない。サンドラーアニキの恥部であり、消したい過去のはず。無かったことにして欲しい。でも、日本のサンドラーファンの中には、きっとどんな映画でもいいから彼の出演作は見ておきたい、という人も居るはず。


‥というジレンマと、「でも、やっぱ22歳そこそこのアダムたん、かわいいかも。ちっとお宝感もあるし♪」という気持ちをこめ、「Going Overboard」を連載で紹介します。

画像はDVDからしこたまキャプチャしましたが、なんせこの映画を観たのは1ヶ月以上前で、DVDは弟に貸してしまったので(多分、今頃ebayに出されている)、ストーリーは私のうっすらとした記憶が頼りです。途中、話の展開が前後してしまうかもしれませんが、許してください。

Posted by Dane at 11:41 PM

April 01, 2003

Going Overboard

実はわたくし、アダム・サンドラー出演の映画で1本だけ、見たことがない映画がありまして。それがこの1989年の「Going Overboard 」キャラクター紹介の「Stud Boy」時代の映画で、そこにも書いてあるように「MTVスプリンブレイク」のイメージのサンドラーのような映画です。しかも公開された当時のタイトルは「Babes Ahoy」(「ちょっと!そこの彼女!」みたいな感じ)

ストーリーは、ニューオーリンズからカンクンまでミスユニバースコンテストを豪華客船でクルーズしてコンテストをするストーリーのようなんですが、見たら嫌いになっちゃうんじゃないかと思うほど、評判が悪くて‥。今更言う事じゃないか。

R指定なので、相当エロギャグが満載らしいし、海パン姿は見れそうだし‥。ということで、買ってはみたものの、未だに見ていない‥という映画です。
Going Overboard で、アンガマンを見る気が失せると困るので、アンガマンを見た後にコソーリ見ようかと思っております。

Posted by Dane at 09:00 AM | Comments (2) | TrackBack
Navigation
トップ掲示板

since November 5, 2002
Sponsored Link

カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ