June 28, 2004

セレブリティ・Jeopady!のショーン・コネリー

Alex_will.jpg【SNLのセレブレティジョパティーをくつか見たのですが、いつも右にいるショーンコネリーのまねをしている回答者が
毎回Trebackという言葉をいろんな言葉につけて言うのですが、Trebackの意味は何なのですか?ショーンコネリーとTrebackにはどんな関係があるのでしょうか?】という質問を掲示板でいただいたので、その回答を。

実は、Trebackではなくて「Trebeck」といってます。Trebeckは、ウィル・フェレル扮する司会者のアレックス・トレベック(Alex Trebeck)のこと。
・・・・が答えなのですが、久しぶりのSNL関連話。
語らせてください。というか、語 っ ち ゃ い ま す よ ?

このスケッチは、「Jeopady!」という20年続いているアメリカの人気クイズ番組をパロディしたもの。通常は一般視聴者が回答者ですが、SNL版パロディでは回答者がセレブリティで、簡単な問題も全く答えられない(問題「あなたが今居るところはどこですか?」答えは、スタジオでも地球でもなんでも可)、というストーリーの定番スケッチです。

そこに必ず登場するのが、政治家の物真似が得意なダリル・ハモンド扮するショーン・コネリー。誰もが司会者のアレックス・トレベックのことを親しみをこめて「アレックス!」と呼びかけるのに対してコネリーだけが「トレベック!」と苗字で呼びかけるのが、アメリカ人からしてみればガイコクジン(スコットランド人)で”馴れ馴れしくない”ショーン・コネリーらしさというところ。

もうひとつ、このスケッチのオチは必ずショーン・コネリーがクイズの質問をエロエロに解釈してトンでもない回答をするところ。これは007での高貴でセクシーなイメージと、実際に年を取っても”お盛ん”な話題も絶えず、60代になっても”セクシーな男100”に選ばれたりするショーン・コネリーだからでしょう。しかし、コネリーがSNLで物真似されるほどバカでエロ発言連発の好色じじい丸出しのわけはないので、「こんなエロバカ発言をコネリーがしたら面白い」という意味が込められていると思います。

ウィルが物真似をしている司会者アレックスは、本物は番組中にムッとしたりすることなど絶対しない温和でステキなナイスミドルタイプの人なので、そのアレックスがぶちきれる・・・というのがこれまたSNLでのパロディでの面白いところだったりします。

他にこのパロディでネタにされた人(物真似した人)を挙げておきます。斜体はSNLレギュラーのコメディアン
○バート・レイノルズ(ノーム・マクドナルド
○ジェリー・ルイス(マーティン・ショート)
○ジェフ・ゴールドブラム(デビッド・デュカブニー)
○マーロン・ブランド(ジョン・グッドマン)
○マイケル・キートン(マシュー・ペリー)
○トム・クルーズ(ベン・スティラー)
○アダム・サンドラー(ジミー・ファロン
○キャリスタ・フロックハート(ドリュー・バリモア)
○ニコラス・ケイジ(ジミー・ファロン)
○キアヌ・リーブス(トビー・マグワイヤ)
○リッキー・マーティン(クリス・カッタン
○アン・ヘイシュ(リース・ウェザースプーン)
○キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(ルーシー・ルー)
○ビヨーク(ウィノナ・ライダー)
・・・とこんな感じです。真似するひとも真似される人もどっちも豪華でしょ。


トップの画像は、ウィルがSNL最後の出演の日に、本物のアレックスさんが飛び入り出演したときのものです。背が低いほうがアレックスさん。

Posted by Dane at 12:55 PM

May 10, 2003

ロブたん「ホットチック」ジャケ

hotchick_dvd.jpg
来週アメリカで発売されるロブ・シュナイダー新作「ホットチック」のパッケージ写真です。

DVDには、違うエンディングバージョンや、監督のコメントつき本篇なんかがついてるそうです。「リトルニッキー」なんかは、監督とサンドラーと脚本家のコメント付だったんだけど、「ホットチック」は監督のみみたいね。やっぱり、ロブたんのフリートークはつまんないからかしら。


ロブたんは「アンガーマネージメント」には出演していなかったけど、サンドラーの新作「50ファーストキッス」には出演するみたいです。サンドラーの親友のハワイ人っていう設定で。


Posted by Dane at 09:02 AM

March 26, 2003

クリス・ファーレイ動画

ABCのトップにも書きましたが、SNLのCMパロディ動画を今、サイトに挙げてます。サンドラーとクリス・ファーレイの名作「シュミッツァー・ゲイ」ビールのスケッチです。「アメリカンビール」のページから、どうぞ。唾を飲む、ふたりの表情が最高です。

もうひとつはABCでは書いてませんが(というか、あまりアクセスが多いとまずいので削除しました)、サンドラーのファーストアルバムにも入っている曲「Lunch Lady Land」をSNLで演奏した時の動画です。画質も音もあまりよくありませんし、超大容量のファイルですが、見る価値は十分になります。まだ見たことが無い人はどうぞ。「スラッピージョー」のページからこっそりとご覧ください。こちらもクリス・ファーレイが共演の94年当時のものです。

「Lunch Lady Land」のほうは、数時間で落としてしまうと思いますので、見れなかった人はゴメンナサイ。

Posted by Dane at 02:08 AM | Comments (0) | TrackBack

March 23, 2003

Walk of Fame

CR_DS.jpg
数週間ぐらい前かな?クリス・ロックが「Walk of Fame」入りした時の写真。面倒なんでいつだったかも調べませんが。隣に居るのは、デビッド・スペイド。
今日のコメディセントラルは、クリス・ロック・ディだったみたいです。
その時にクリス・ロックが言っていたSNL時代の思い出話。

「SNLでは、クリス・ファーレイ、アダム・サンドラー、デビッド・スペイドが同じ部屋を使っていた。男子寮みたいな感じだったよ。
その頃は、サンドラーは最高の脚本家、クリス・ファーレイは最高に面白い奴、デビッドは、くだらない脚本でも最後にいいオチをつけて必ず落とす頭のいい奴、そして俺は黒人だった。」

Posted by Dane at 02:30 AM | Comments (0) | TrackBack

March 16, 2003

ザ・ホットチック感想

ABCのほうでは告知済みですが、SNLのお仲間のロブたんが主演した「ザ・ホットチック」の感想を、わたくしの親友であるをすぎさんに書いていただきました。アダムたんは制作総指揮もしつつ、カメオ出演もしています。

アダムたん主演映画「Fifty First Kisses」の最新情報もちょこっと書いておきましたので見てくださいませ。奇跡的にキャプチャできたアダムたんのドレッド画像もありますです。

http://abcdane.net/ABCmovies/hotchick.htm

Posted by Dane at 09:02 PM | Comments (1) | TrackBack

February 25, 2003

◆デュース・ビガロウ続編

さっきJ@ppass!を更新していて見つけたのですが、ロブ・シュナイダーの新作が面白そう。

ひとつは、ファレリー兄弟がプロデュースの「No More Mr. Nice Guy」。ロブは、超いかかがわしい弁護士の叔父を持つ世界一ナイスガイを演じる模様。ファレリーっすよ、ファレリー。

もうひとつは、「デュース・ビガロウ」の続編「Deuce Bigelow: Electric Gigolo 」。「The Hot Chick」の監督、脚本のトム・ブレイディ(結構タイプ)が監督・脚本執筆を務める予定。「デュース・ビガロウ」同様、水槽清掃員という設定は変わらないようです。

公開がいつかはまだわかりませんが、楽しみ〜。

Posted by Dane at 01:14 PM | Comments (2) | TrackBack

February 20, 2003

◆フィル・ハートマン

PhHa-.jpgSNL時代は、ビル・クリントン大統領やフランク・シナトラなどのものまねや数々のキャラクターで「SNL史上最も使える(いろんな役のこなせる)男」といわれたフィル・ハートマン。惜しくも98年に妻に自宅寝室で射殺され、その後妻も自殺し、フィルは49歳でこの世を去りました。

その彼の兄が、アメリカ時間の2/20のCNN「ラリー・キングライブ」に登場。日本でも放送する(した?)んじゃないかな?

内容は、どうして犯行がおこったか等元々知っていた事ばかりだったので、15分ぐらい見てチャンネルを変えてしまいましたが、CM前に時折流されるSNLなどの映像は、日本では結構貴重かもしれないので、興味のある方はチェックを。

見逃した方のために‥フィルの妻は元モデルで、自分も女優になりたいと思っていた女性で、フィルがSNLを降板した後も次々と映画、テレビの仕事で人気者となり、それをかなり妬んでいたそうです。そのせいか彼女はドラッグに溺れ、犯行時もドラッグとアルコールを服用していたとか。フィルは寝ているところを射殺されています。

あと、これは別のドキュメンタリー番組で言っていた話ですが、妻はフィルが多忙で家に居ない事をいいことに、子供が居るのにもかかわらず自宅で毎夜のようにドラッグパーティーを開いていて、フィルもそれを悩み離婚も考えていた矢先の事件でした。

余談ですが、SNLの裏本(Live from New York)によると、フィルが得意としていたフランク・シナトラのモノマネですが、シナトラ一家はそれを快く思っていなく、かなり圧力をかけていたらしいという噂も。アニメ「シンプソンズ」では声優として多数のキャラクターの声も担当していました。

Posted by Dane at 10:34 PM | Comments (0) | TrackBack

January 28, 2003

◆F・ウルフ said...C・ファーレイ

farley.jpg「Live from New York」からクリス・ファーレイに関してのお話です。

フレッド・ウルフ(脚本家)
クリス・ファーレイはSNL関係者のある女性と付き合っていた。彼女は、本当に賢くてかわいく、ファーレイは相当彼女に惚れていた。でも、彼女はファーレイの行動に我慢できなくなって、別れてしまった。それから彼女は、スティーブ・マーティンとデートをし始めた。

ある日ファーレイが、僕のところにやってきて、「フレッド、彼女が誰か別の奴と付き合っていると聞いたんだ。何か知っていることを教えてくれないか?」と聞いてきた。誰もクリス・ファーレイに他の誰かと元彼女が付き合ってるなんて、言いたくないだろう。ましてや相手はスティーブ・マーティンだ。だから、こう言った。「ええっと、聞いたことが無いな。知らないよ。」するとファーレイは、「彼女には別の男が居るって知ってるんだ。誰なんだか教えろよ。」と言った。僕は答えた。「僕はそういう問題の中に巻き込まれたくないんだ。」

ファーレイが言った。「彼女は、僕よりかっこいい人と出会ったのかもしれない。僕より、お金持ちの奴と出会ったのかもしれない。(それならしょうがないが)彼女が、僕より面白い奴と付き合うことは許せない。」だから僕は、彼に真実を伝えることができなかった。フォーレイの失恋はハットトリックだった。スティーブ・マーティンは、お金持ちでかっこよく、その上ファーレイより面白かった。

いい話だなあ‥。「お笑いバカ一代」なクリスらしいエピソードで。
ファーレイの行動、というのは多分ドラッグ関係のことだと思います。この脚本家F・ウルフは、クリス・ファーレイと親しかった人物なので、”その上ファーレイより面白かった”と言っても悪口を言っているわけではありませんので。
ちなみに、F・ウルフはSNLを去った後、ファーレイ主演「ブラックシープ」、N・マクドナルド主演「ダーティワーク」、デイビッド・スペイド主演「ジョー・ダート」の脚本を執筆し、「リトル・ニッキー」でもチョイ役で出演しています。

フレッド・ウルフ
ファーレイは、(スタジオのある)ロックフェラーセンターの17階の窓からケツを出して、うんこをしたことがある。別のときは、女性脚本家も居た20〜25人の脚本家が会議している部屋に裸でやってきた。彼はチ○コを太ももではさんで隠しながら、「羊たちの沈黙」のバッファロー・ビルをやっていた。またある時は、ケツの穴にゴルフクラブを7,8センチ無理やり突っ込んで、ゴルフクラブを引き抜いたかと思ったら、それを舐めまわし始めた

ドラッグだけじゃなくて、こういう行動も嫌だったのかも。笑えるけど、自分の彼氏だったら、普通は引くよね。

Posted by Dane at 05:26 PM | Comments (7) | TrackBack

◆Live From New York

cover.jpg
昨年の秋頃、アメリカで「Live From New York 〜An Unccensored History of Saturday Night Live as Told by its Stars, Writers and Guests〜」なるおよそ600ページにも及ぶ本が発売されました。
この「LFNY」は、副題(出演者、脚本家、ゲスト達が語る”無修正・無検閲”のサタデー・ナイト・ライブの歴史)にもあるように、75年から放送が始まったNBC「サタデーナイトライブ」の赤裸々な歴史が語られています。

二人の筆者トム・シェイルズ(ワシントンポストに掲載されたテレビ批評でピュリツァー賞受賞者)とジェイムズ・アンドリュー・ミラー(ベイカー上院議員の秘書を長年務め、現在は映画・テレビのプロジェクトに携わったり、コラムニストとしても活躍。オックスフォード大卒、ハーバード大学院でMBA取得)により編集されたキャスト達の回語録で、当時の「Sex, Drug and Comedy」な様子がナマ生しく書かれている部分や、出演者同士の確執、人気プレイヤーへの妬み、カリスマ的存在のエグゼクティブ・プロデューサー・ローン・マイケルズへの思い、恨みを含めたどろどろの人間模様が事細かに記載されています。

確かに、「サタデーナイトライブ」にレギュラーになることは、現在ではそれだけで成功したコメディアンの一員になったといえるかもしれませんが、放送28年の歴史の中には、消えていったり、その後成功してもSNLではパッとしなかった(ベン・ステイラーのような)人もいるし、そういった当時のSNLの人気度や存在感などを考慮に入れながら読むと、なおさらその時の様子が目に浮かんでくるようです。

とはいえ、このLFNYは"Uncensored"(無修正・無検閲)と銘打っているものの、インタビューをされたキャスト自身がさすがに"Censored"(検閲済み=全てを語っていない)しながら語っているのでは?といった書評もあったりするのですが、まあ、これ以上喋ったら、今後の芸能活動に差し障りがあるだろうから、この程度のトークで当然、と思わせるほど、壮絶な楽屋話満載です。確かに、SNLに関しては25周年で特集番組が組まれたり、いろいろと情報も流れているので、「こんなに凄いとは思わなかった!」とまではいきませんが。
ただ、現在は生存していないスター達、ジョン・ベルーシ(オーバードーズ)、ジルダ・ランダー(癌で死亡)、フィル・ハートマン(妻に射殺される)、クリス・ファーレイ(オーバードーズ)に関しては、周りの人々も饒舌だったりします。

では、この本のカバーにもある内容の一部をちょっと紹介。

クリス・ロック
クリスという名前の男が二人、同じ日にSNLに雇われて、同じ楽屋を共有した。いいかい?一人は黒人でBed-Stuyの出身。もう一人は、白人で、ウィスコンシン州のマジソン出身。では‥どっちの男がこの後オーバードーズ(ドラッグの過剰摂取)になると思う?

トム・ハンクス
(本番直前は)発射されるドでかいロケットに乗りこむように、それは本当にわくわくした気分になる瞬間だ。月に行けるのか、木っ端微塵になるかわからない発射のカウントダウンを待つようなものだ。

ダン・エイクロイド
俺がレギュラーだった頃の着替え部屋は、性的目的のためによくつかわれていたよ。でも、みんな真剣な付き合いなんかじゃなかった。

チェビー・チェイス
なにか面白いことを言わなきゃいけないってわかっていた。そこで口をついて出てきたのが「Good Evening. I'm Chevy Chase, and you're not.」さ。

アダム・サンドラー
未だに自分がレギュラーをクビになったのかどうかもわからない。ある日突然、番組に出ないことになったんだ。

チェリ・オッテリ(Female・90年代後半の出演者)
ある時、脚本家と口論になった。もう取っ組み合いの喧嘩という感じだった。その後部屋を出ると、ビル・マーレイが立っていた。翌日のリハーサルでビルの横に座って「本当にごめんなさい。みっともないところを聞かせてしまって」と言ったら、「チェリ、僕は里帰りした気分になったよ」とビルは言った。

‥といった具合です。なんせ600ページもあるので、85年から95年の私が一番馴染み深い時代を拾い読みしている程度ですが、ちょっとばっかり面白いところは紹介して行こうかなあ、と思っております。

Posted by Dane at 06:08 AM | Comments (7) | TrackBack

January 17, 2003

◆SNLの動画集

jeopardy.jpg以前ジミー・ファロンがアダムアニキの真似をしているということで紹介した▼SNLのジャパディ(クイズ番組)のパロディの動画集です。このシリーズを全部私は見ていますが、あんまりにも動画が重くて、このサイト上の動画は確認してません。

リンク先の小さい画像から判断できるのは、上一番左は、トビー・マグワイヤがマトリックスのキアヌ・リーブスの真似をしてる回(ヒラリー・スワンク by ジミー・ファロン)、2番目が、ロビン・ウィリアムスの真似をしているジミー・ファロン。3番目がジェリー・ルイス by マーティン・ショート。4番目がジョン・グッドマン扮するマーロン・ブランドー。

中段が左から、マシュー・ペリー扮するマイケル・キートン、デビッド・デュカプニー扮するジェフ・ゴールドブラム、3番目がトム・クルーズ by ベン・ステイラー(アニキ by ジミー)、4番目がカリスタ・フロックハート扮するドリュー・バリモアとジミーのニコラス・ケイジ。(間違えてたらごめん)

デビッド・デュカプニーが一番面白いかな?ベンのトムちんも似てるけど、あまり受けてない。トビーは見ていて辛くなります。

他にレギュラーで、革ジャンの人が、ノーム・マクドナルド扮するバート・レイノルズ、白髪がダレル・ハモンド扮するショーン・コネリー。ゲストのモノマネがつまらなくても、この二人はいつも笑える。レイノルズもコネリーも大して似ていないんだけど、「バカキャラ」と「エロおやじキャラ」が出来上がっていて。

「ジャパティ」も面白いのですが、元ネタの司会者アレックスを知らないと、ブチキレするウィル・フェレルが面白くないので、同じページの下にあるスケッチもオススメです。

まあ、画像をみればわかりますが、ザ・ロックも出てますね。ブッシュとゴアの大統領選ディベートも傑作だけど、ジミー・ファロンの人気キャラクターだったコンピュータオタク(会社のIT担当)「ニック・バーンズ」も面白いですよ。ジミーにはこの路線でずっと行って欲しかった。

英語が苦手な人には、青いシャツ着てるスケッチがおすすめ。キャメロン・ディアズ出演で子供番組のパロディです。彼女はこういうのやらせると、本当うまいね。

▼SNLジャパディ動画集
▼SNL出演者(現在のレギュラーではないですが、この動画に登場している出演者は、ノーム・マクドナルドとモリー・シャノン以外は掲載されていると思いますのでご参考まで)

Posted by Dane at 01:32 AM

January 02, 2003

SNL

アダム・サンドラーが91年から出演していたテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に関する情報。
更新はぼちぼちしてます。

SNL

Posted by Dane at 06:39 AM
Navigation
トップ掲示板

since November 5, 2002
Sponsored Link

カテゴリー別記事

主な過去ログ
【キホン事項】 ●アダム・サンドラープロフィール ●出演・プロデュース映画一覧 ●擁護の辞 ●SNL ●ショウビズパワーリスト ●インタビュー ●ゴールデングローブ授賞式
【映画感想】 ▼エイトクレイジーナイツ パンチドランク・ラブ Mr.ディーズ/リトル★ニッキー ビッグダディ/ウォーターボーイ/ウェディング・シンガー ハッピー・ギルモア/ビリー・マジソン/ハードロックハイジャック
【萌え画像(嘘)】●Mr.Deedsポスター集 ●パンチドランク・ラブポスター集 ●アニキのアニキ