ロバート・ダウニー・Jr「2008ベスト・エンターテイナー」に!「トロピック・サンダー」でアカデミー賞候補もあり得る!

ベン・スティラー、ジャック・ブラックというコテコテのコメディ主役陣に加わって、「トロピック・サンダー」をただのおバカ映画からスケールアップさせているのが、黒人(転換)俳優を演じたことで話題のご存知ロバート・ダウニー・Jr

数年前までは実力がありながらトラブル続きで一度はハリウッドから「干されて」しまった状態のRDJだけど、今年の「アイアンマン」で大カムバック。さらにこの「トロピック・サンダー」と出演映画が続けて全米ナンバーワンに輝くという快挙。そんなRDJの快進撃にさっそく喝采を贈ったのが、米有力エンタメ誌のエンターテーメント・ウィークリーで、今週発売された最新号の特集「2008年のベスト・エンターテイナー25人」の1位に輝いたのです!!!!

1位に選ばれた理由は、子どもからオトナまで楽しめる「アイアンマン」でのメガヒットだけではなくって、他でもない「トロピック・サンダー」での演技のおかげなんっす。

「トロピック・サンダー」の中でRDJは、オーストラリア出身のアカデミー賞5度受賞という超演技派シリアス俳優で、役柄の幅を広げるために、肌を黒くする手術を受けて"トロピック・サンダー"に黒人軍曹の役で出演する俳優カーク・ラザラスを演じているのだけど、設定だけでも笑えるオイシイ&難しいこの役を本当に演じきっているわけなんですよ。

いわばRDJはバカ役者(ベンステ&ジャック・ブラック)の中に紛れた究極の役者バカなんですが、実は今月初めの同誌では「最も早いオスカー候補予想」として、助演男優賞の候補3人に、「トロピック・サンダー」のロバート・ダウニー・Jrの名前を挙げてるんです。マジで!しかもトップで!ちなみに2&3番目はフィリップ・シーモア・ホフマン(「Doubt」)と故ヒース・レジャー(「ダークナイト」)という本気の候補選びですから。アホデミー賞じゃなくって本家ですから!

しかも、表紙を飾った写真がシブくてカッコ良すぎ。このままピープル誌の毎年恒例「最もセクシーな男性2008」に流用できちゃいそう。コレも獲っちゃう?

ところで、RDJの演じた俳優ラザラスって、「オーストラリア」「オスカー複数受賞」「演技派」で役柄にハマりこむために私生活でも役になりきったままというと、映画好きなら思ってしまうのは「それってラッセル・クロウがモデル?」と思ってしまうはず。ね?

しかしRDJ本人曰く、「ラッセル・クロウは好きだ」というものの、はっきりと否定も肯定もせず。だけど「まずカーク・ラザラス役で思いついたのは......コリン・ファレル(アイルランド)だ。それからダニエル・デイ・ルイス(イギリス)。ひげを生やして変なセーターを着ていた彼を見たときは"すげーキテる!カッコいい!"と思ったよ。クロウもクレイジーだけど天才的だ。だからラザラス役は特定の俳優をモデルにしてはいないよ」だとか。う~ん、だったら3人のミックスか。

ちなみに最初は「アイルランド出身」の俳優という設定だったのだけど、オーストラリア訛りのほうが自然だったから、オーストラリア出身の設定にしてもらった、とも言っていたことが。まあ、どっちにしてもそういわれてみると演技派!っつうのはアメリカ以外の出身の俳優が多いかもですが、RDJは「トロピック」で"オーストラリア訛り""黒人風"と見事に英語も話し分けているのが凄いっす。ロバート・ダウニー・Jrのアカデミー賞クラスの演技力も「トロピック・サンダー」の見所のひとつというのは間違いなし。

公式サイトにリンク

アーカイブ