タラ・リード「宣伝のために無料でリハビリ入り」の噂を否定

ドラッグやアルコールの依存症克服のため、ロサンゼルス近郊の高級リハビリ施設に入所している女優のタラ・リード(33)だが、この入所費が「宣伝のために無料」と報じられたことがデタラメだと判明した。

タラ・リードがマリブにあるプロミス・リハビリテーション・センターに入所しているというのは、本当のことなのだけど、ココはブリトニーやリンジーなどが入所したことでも有名なセレブ御用達リハビリ施設。なんといっても、一日の入所代がなんと1600ドル(14万円)というから、少なくとも一ヶ月のリハビリ治療の間に400万円以上の費用がかかる。

が、昨今の不況のおかげで「宣伝のためにタラ・リードを無料サービスしている」と報じた米スター誌の報道はまったくのデタラメだとリハビリ施設側は反論。さらには、「他のVIP患者と同じように、外部からの持込品はノーチェック」との意味深な報道にも「事実無根」と反論している。

この施設では「VIP待遇などはなくどの患者も同等に扱われ、持ち込み品は常にチェックし、室内の抜き打ち検査もしている」とコメントしている。

宣伝のためだったら、タラ・リードを無料にはしないですよね。もうちょっとセレブ度の高い人にするでしょう。

アーカイブ