元NBA大スター選手のバークレーがフェラに急いで飲酒運転逮捕!

元プロバスケNBAのスーパースターで現在は解説者として活躍しているチャールズ・バークレーがアリゾナ州で飲酒運転未遂逮捕されたが、理由はなんと「車内エッチ」をするために急いでいたと自供していた。

オリンピックで優勝したドリームチームの一員でマイケル・ジョーダンのライバルとしても有名だったバークレーは、12月31日の夜にフェニックス市内を走行中していたところ、赤信号無視で警察から停められて、飲酒運転が発覚した。

この時車内には女性が同伴していたが、女性はバーでナンパしたばかりで、バークレーは「なんで急いでいたか知りたいか?あそこの角に車を停めて、フェラしてもらうおうとして急いでたんだよ。な、いい女だろ」と警察官に話したとか。

さらにはセンターで逮捕手続きをしていた担当の係員に、「逮捕を免れさせてくれたら、オマエの名前のタトゥーを俺の尻に彫ってやる」とも言っていたという。

翌朝バークレーは「こんな事になってしまって、自分が情けない。警察の手際は素晴らしかった」と声明を発表しているものの、それ以上は今のところノーコメント。

その場でやっときゃよかったですね。角なんか行かずに。

ところで、かつてのドリームチームスターたちがすっかり隠居生活しているのに対して、バークレーの場合は現役時代と同じく毒舌で態度のでかいヴィラン的存在の俺サマ解説者としてTNTでバスケ放送があれば必ず出演していたのですが、昨年にはラスベガスのカジノで40万ドル(3600万円)不払いで告訴されたりも。

バークリーのフェラ未遂飲酒逮捕で、同日に規定速度の50キロオーバーだったという俳優のマット・ディロンの飲酒逮捕のほうは影に隠れてしまいましたが。

アーカイブ