「ジャッカス」ジョニー・ノックスヴィル 手榴弾を持ち込もうとして空港で拘束される

かつてより、手荷物に対する空港警備は若干ユルくなったとはいえ、手榴弾を持ち込んじゃいけません...。

MTVの人気番組から映画化もされた「ジャッカス」のジョニー・ノックスヴィルは、映画俳優としてもかなりちゃんと活躍しているのだけど、ロサンゼルス国際空港でマイアミ行きの便に乗ろうとしたところ、空港係員から止められた。

警備員が手荷物検査をしたところ、手榴弾らしきものをノックスヴィルのバッグから発見。これがホンモノの手榴弾だった。

この事態に、LAの爆弾処理班がかけつけたが、手榴弾は不発性のものであることが確認された。

ジョニー・ノックスヴィル本人の説明によれば、この手榴弾は写真撮影で使った小道具で、バッグの中にはいっていたのをすっかり忘れていた、とのことだった。

バカさとクールさがノックスヴィル兄貴らしくて微笑ましいです。真似しちゃいけませんが。

アーカイブ