レズビアン破局否定のリンジー・ローハンがひとりでお出かけ

レズビアンカップルを公言してから、今まで以上にアツアツでどこに行くのでも一緒だったリンジー・ローハンとサマンサ・ロンソンが2日連続で単独行動している。

リンジーとサムはマイアミに滞在していた大晦日に大喧嘩をしたと3日に報じられた。ふたりは人前で大声で怒鳴りあいのいい合いをしただけではなく、殴り合いをしていて、目撃者も「怖かった」とまで。ふたりが使っていたホテルの部屋はモノを投げあったようで、めちゃくちゃだったとも言われている。

ふたりは一緒にロサンゼルスに帰ってきたものの、空港や機内でもいい争いは続き、離陸前に客室乗務員が興奮状態のリンジーに「飛行機を降りますか?」と尋ねたほどだったとか。

ケンカの理由は明らかになっていないが、怒ってクラブを飛び出したリンジーはサマンサに「アタシが怒って飛び出したら、あんたは追いかけてこなきゃダメでしょ!」と怒鳴ったかと思えば、ひざまずいてサマンサに「どうして私にこんなことするの?」と泣きながら叫び、サマンサは「オマエなんか知らない」と言っていたとか。

しかしリンジーはこの大喧嘩&破局報道に、5日にブログで「噂だけ。ほとんどデタラメで、私たちは別れてない!」と反論。

それなのに、ロサンゼルスではふたりが一緒に行動しているところは目撃されていない。昨晩はリンジーはアシスタントと別の女性友達を連れてクラブ・ラウンジにお出かけ。その間、サムはひとりでレストランで食事。人気DJのサマンサは来週から仕事でニュージャージー州に行くとのことで、日本にまでサマンサについてきたリンジーが、今後どうするのかが破局かどうかの見極めかも。

アーカイブ