フィギュアアイススケートで思わずポロリ!しちゃった美女ロシア選手

ヘルシンキで行われた欧州アイススケート選手権で、アイスダンスのペアで出場したロシア代表の選手が、衣装がずり落ちて演技中に片乳がでまくるポロリな事件があった。

ピンクのドレスで登場したエカテリーナ・ルブレワ選手だが、腕をあげて勢いよく回転し、ペア相手の男性が腰を支えている演技中に肩の透明ストラップが切れてしまったようで、後半は露呈してしまった右乳をドレスをもちあげて隠しながらも、笑顔で演技を続けたが、この様子は地元ロシアで生放送されていた。

演技が終わると、ルブレワ選手は顔を伏せて恥ずかしさのあまり涙ぐむシーンも見受けられたが、ふたりの結果は12位と健闘したとのこと。

アテクシ的にはポロリより、相手男性スケート選手の「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルも顔負けなマレット髪型に釘付けでした。2009年だというのに。さすがロシア。