4分で39回!「ターミネーター4」クリスチャン・ベールのぶち切れFワード連発発言!REMIXも!

「ダークナイト」でバットマンを演じたクリスチャン・ベールが、今度は「T4」でターミネーターを演じ今年公開されることでも話題になっているが、この撮影現場での暴言が大きな話題になっている。

この音声テープは昨年7月ごろの「ターミネーター4」(T4)の撮影で、当時もクリスチャン・ベールが撮影現場でぶちきれて、このスタッフをクビにしなければ自分が降板すると伝えられたときのもの。

およそ4分のテープの中で、ベールは39回も「Fワード」を連発。Fワードは英語でもっとも悪い言葉として放送禁止用語のひとつでもあるが、なぜゆえにここまでベールがぶちきれたかといえば、撮影現場で撮影監督が演技中のベールのセットの後ろを歩き、シーンを台無しにしてしまったからということ。

確かにぶち切れるてもしょうがない状況だと擁護する声もあれば、Fワードを連発すこと事態が好ましくないという声もある。このテープは、ベールが降板することを恐れた映画会社が、保険会社に提出したものだという。

ところで何といっているかといえば、~何がソーリーだ。おまえはちっともプロじゃない。撮影中にセットの後ろを歩くやつがいるか?ナニ考えてんだ~今度またやっておまえがまだ現場で働いてたら、俺は降りるからな。おまえはナイスガイだけど、ちっともプロじゃない。と、現場で3人ぐらい殺しているんじゃないかというくらい激しく怒りつつ、「じゃあ、もう一回(撮影)しよう」とちゃんと仕事を継続している模様。

撮影監督のいいわけによれば、撮影中にセット後ろの照明を直そうとして、シーンをどうにかしちゃったみたいです。

クリスチャン・ベールがこんなに素敵なマザーファッカーだったなんて。感動です。タランティーノ映画なんてめじゃない迫力。ところで2番目の動画は、早くもでたREMIXバージョン。すばらしい。元音声ネタを聞いたあとで是非。とりあえず♪OH!グッ~ッドで椅子から落ちました。

バットマン・クリスチャン・ベール PR先のイギリスで暴行罪で逮捕の容疑を否定 バットマン クリスチャン・ベール 逮捕のきっかけは姉から大金をせびられた!?

アーカイブ