ラッセル・クロウ俺様ロビン・フッド映画はグラディエーター風に! シエナ・ミラーの代役が決定!

ただでさえ年齢の離れたヒロインのシエナ・ミラーとのバランスが取れなくなるほど主演ラッセル・クロウが太り過ぎ、さらにはストーリー展開をめぐって監督とも衝突していたというイワク付きの映画「Nottingham」(仮題)がようやく制作に進展があった。

シエナが降りたマリアン役を演じるのは、ケイト・ブランシェット。監督はリドリー・スコットのままで、当初のロビン・フッドとマリアンをめぐる3人の男女の人間関係を描いたドラマ...というよりは、そのものズバリ、「グラディエーター」(監督はリドリー、主演はクロウ)風ロビン・フッドなのだとか。

実は1938年版の「ロビン・フッドの冒険」は、作品賞をふくむ4部門でアカデミー賞にノミネートされ、アカデミー賞常連のケイト・ブランシェットが共演となれば、ここ数年は賞レースから外れていたラッセル・クロウがまたもアカデミー賞候補に?と早すぎるかもしれない期待すら出てきている。

内容も変わったので、タイトルも変わる予定だとか。

太り過ぎラッセル・クロウのせいで急遽映画降板のシエナ・ミラーが舞台挑戦へ

アーカイブ