マイケル・ジャクソン 感染症で顔の皮膚が肉食バクテリアの餌食に!?

マスク姿のマイケル・ジャクソンが病院にいるところが2月10日に目撃された。マイコーのマスク姿はさほどめずらしいものでもないが、実はかなり危険な状態だと指摘されている。

伝えられるところによれば、マイコーは鼻の形を整える美容整形を受けたが、このときに深刻な感染症にかかってしまったというのだ。

なんでも肉食性のバクテリアが顔の皮膚に侵食し、場合によっては体にも広がってしまう危険性にさらされていて、マイコーは抗生物質を点滴で受ける集中治療を行っている、という。

しかし、マスクのはじから見えるマイコーの頬周辺の皮膚は、普段なら青白い皮膚のはずなのに赤くなっているのがわかる。マイコーは今週、ビバリーヒルズのクリニックを2度訪れているとかで、皮膚感染が悪化しないためにも、医師による注意深い処置が必要だとか。

...あ、今週はじめにビバリーヒルズのクリニック街で4,5人のパパラッチが出待ちしていたのを見かけたけど、これはマイコーだったのかも!去年マイコーが目撃された薬局のすぐそばだし。今度見かけたら、ワタシも出待ちしちゃお★

アーカイブ