リアーナ暴行事件 口論の原因はパリス・ヒルトン!?

リアーナが一時意識を失うほどの暴行を受けたという事件は恋人のクリス・ブラウンとの口論が発展したのもで、このきっかけは、クリス・ブラウンのもとに別の女性から携帯メールが入ったことだといわれているが、この女性は意外な人物だったかもしれない。

リアーナと一緒にいたブラウンの携帯に女性から「あとで会おう」といったメールが届いたが、実はこの女性とはパリス・ヒルトンだったかもしれないと言われている。

複数の目撃者がメディアに伝えたところ、グラミー数日前のリハーサルからふたりは口論が絶えず、その夜パーティでティンバランドが主催したBoulevard 3でのパーティがあり、ここでクリス・ブラウンとパリスがいちゃついていたという。

「パリスとクリスはふたりで会場の外へ出てました。パリスはクリスにべったりで。リアーナがこの気配を察して、それから後はリアーナはクリスを離しませんでしたよ」だとか。

携帯メールの送り主はパリスたんだったのか、どうか。

1)送り主はパリスたんである。が、話題になること間違いなしなので、パリス側が情報をリークした。
2)送り主はパリスではない。が、話題になること間違いなしなので、パリス側が情報をリークした。
...さあ、どっちでしょ? 

リアーナ暴行事件・詳細「首を絞められて、一時意識不明に」

アーカイブ