懐かし80年代ヒットが再燃!なのに、Dead or Alive元ヴォーカルが重病

アメリカのシングルチャートで現在5週連続一位になっているのが、Flo Rida (ft.Kesha)の「Right Around(ライト・アラウンド)」なのだけど、実はこの曲は80年代に日本で大ヒットしたDead or Aliveの「You Spin Me Round (Like A Record)」が元ネタ。

妖艶なヴォーカルのピート・バーンズを中心にしたUKバンドのDead Or Aliveは、本国UK以上に日本で売れたといわれているのだけど、そのピートが現在重病だと自分のサイトで明かした。

これによればピートは11日に倒れてから、救急入院し5時間に渡る手術を受けた。手術で8個の結石が腎臓に見つかったが、摘出が不可能な状態のために、24時間体制でモルヒネを点滴して痛み止めをし、さらに脱水状態を緩和するための点滴もしているが、もともと糖尿病でもあり、「かなり重病でしばらく病院にいることになる」という。

49歳のピートはここ数年、イギリスでリアリティ番組に出演しているが、この際に唇の美容整形を失敗し、この回復のために一年半で貯金のほとんどを使い果たしてしまったと告白し、美容整形外科に1.4億円の損害賠償を求めている。

フロー・ライダーは昨年大ヒットの「Low」で一発屋になるかと思いきや、またも大ヒット。さすが元2 Live Crew!のRight Aroundは3末発売の「R.O.O.T.S.(Routes of Overcoming the Struggle)」からの選考シングルカットですが、めちゃめちゃかっこヨシ。

アーカイブ