デミ・ムーアの「ついったー/twitter」へ自殺予告をした女性は無事

アメリカではMyspace,Facebookに続き、ブームになっているSNSサイト「ついったー/twitter」。twitterでは数多くのセレブが登録して、頻繁な更新をしていることでも知られるが、自殺予告をした女性へのメッセージにセレブが応えたことがきっかけになり、無事に保護されるという事件があった。

セレブ・ついったーでも、夫婦そろってすさまじいほどの更新をしていることで有名なデミ・ムーア。デミ・ムーアのついったーには40万人がフォローしているが、4月3日にある女性ファンがデミにメッセージを送った。これには

●@MrsKucher(デミさんへ)今私がこれから自殺したら、誰かが気にしてくれるかしら?
●<---ナイフを持ったわ。これからタバコを吸うわ。タバコなんて吸ったことないけど。
●@MrsKucher(デミさんへ)ナイフを持ったわ。大きくて鋭い刃のやつ。腕ごと切り落とすの。余計な時間がかからないですむから。
●さようなら。今から死ぬわ。

という書き込み。ついったーでは「@MrsKucher」のようなメッセージは、相手に直接届くことになっているが、2番目の書き込みでデミは「冗談だと信じたいわ」と返信したことで、他のデミ・フォロワーが自殺予告にも気が付いた。

伝えられるところによれば、女性が在住するシリコンバレーの警察に通報が入り、女性は無事だったという。警察の発表では、デミは直接警察に通報をしていないという。

デミの夫であるアシュトン・カッチャーは同じくついったーで、「妻がついったーのメッセージで受けた自殺告知をレポートし、命を救った。女性は今、入院している」と書き込みしている。

デミ・ムーアがスルーしていたら、誰も気が付かなかった予告かもしれないので、直接通報してはいないとはいえ、グッジョブでしょう。この女性のプロフには「仕事探し中!」とも。

ついったーで公開したデミ・ムーアの隠し撮り写真 純白おパンツ

アーカイブ