代理母が双子妊娠中と発表したサラ・ジェシカ・パーカー さっそくベビー用品ショッピング

44歳の女優サラ・ジェシカ・パーカーと夫のマシュー・ブロデリックに、双子の赤ちゃんが夏に生まれることが明らかになったが、代理母による出産ということで話題になっている。

結婚して12年の夫妻には、SJPが出産した6歳のジェームス君がいる。おしどり夫婦として知られていたが、昨年にはマシュー・ブロデリックに25歳の女性との浮気の噂が流れたこともある。

双子は女の子の赤ちゃんということで、代理母出産が公になったSJPはさっそく、自らの足でベビー用品のショッピングに。

伝えられるとことによれば、SJPの代理母は26歳バツイチで子供をひとり持つシングルマザー。代理母として3万ドル(300万円)と、医療費2万ドル(200万円)、代理母エージェントに紹介料10万ドル(1000万円)をSJP側は支払うとか。

ハリウッドでは2007年に俳優デニス・クエイドと妻の間に、代理母で双子の女の子が生まれ、昨年はSNL出身の放送作家でコメディアンのエミー賞受賞ティナ・フェイが主演して代理母をモチーフにしたコメディ映画「ベイビー・ママ」が公開されて初登場1位を飾ってヒットした。

SJPに娘ちゃんができたら、さぞかしファッショニスタになるような。ワクワク。しかもWですから!しかし代理母&医療コストは相場価格だけど、エージェント費用高い!って思うんですけど、こんなものなのかすぃら?

アーカイブ