ジョージ・クルーニー セクハラ裁判で証言台に!

現在のハリウッドで一番の実力者のひとりといわれるジョージ・クルーニーがなんとセクハラ裁判で証言台にあがる予定だという。

といっても、ジョジクル本人の裁判ではなく、親友である実業家のランディ・ガーバー氏の潔白を証明するためだ。ガーバー氏はモデルのシンディ・クロフォードの夫でも知られるが、全米に有名レストランやバーを経営する実業家で、ジョジクルのビジネスパートナーでもある親友。

しかし、ランディ氏が経営するサンディエゴのラウンジ「ムーンストーン@ハードロックホテル」でウェイトレスとして働いていた女性2人のうちのひとりが、「ランディ氏からキスされることを拒んだために、クビにされた」と告訴。

しかし、ジョジクルは「この日はランディと一緒にずっといた。周囲には人がいっぱいいたが、みんな私に同意見だろう。そんなことは起こっていない。以上」と裁判沙汰になれば証言台にたつ意気込みをみせた。

最近、TIME誌の「最も影響力のある100人」にオバマ大統領らと並んで選出されたジョジクルさんは、この企画でのインタビュー(インタビュアーはU2のボノ!)で、「政界進出も考えている」なんつってましたから、証言台なんて軽いジャブですね。

アーカイブ