キーファー・サザーランド 男性デザイナーへの頭突き暴行で立件へ

人気ドラマ「リンクに表示されるテキスト」のジャック・バウワーでおなじみのキーファー・サザーランドが、月曜日にパーティでファッションデザイナーに暴行した件が、立件される見通しになったと伝えられた。

問題になっている事件は今週月曜に行われたパーティで、同席していたデザイナーのジャック・マコラフ氏に対して、キーファーが頭突きをしたというもの。

この原因はキーファー側は、マコラフ氏が女優のブルック・シールズに「ぶつかり」、謝らなかったことにキーファーが怒り、(頭突きは)"ブルック・シールズを守るため"だった、という。

この頭突きでマコラフ氏の鼻筋に切り傷ができ、マコラフ氏側は「パーティ会場に入ってドリンクを頼もうと歩いていたら、理由もわからずに頭突きされた」と話している。

キーファー・サザーランドは2004年の飲酒運転の保護観察中だった2007年に飲酒運転で逮捕され、48日間の刑務所暮らしをしたばかりで、現在は5年間の保護観察中。だが、今回の件でキーファーは正式に立件されたとしても、第三級の暴行罪という軽罪で、刑務所入りになる可能性はなく、公聴会の前にも渡航可能だという。

★★追記★★(5月7日) 事件が起こったのはNYなのだけど、キーファーの在住するロサンゼルスの警察では、キーファーが地元警察に出頭した場合、逮捕をする可能性があるとも伝えられた。が、これは非居住者には事務処理だけ済まされないために、いったん逮捕するという筋だったらしいものの、キーファーはNYにも居住していることになっているので、事務処理だけですむことになりそうだ...という感じらしい。

アメリカでは「24」のシーズン7が5月18日に最終回を迎えるのですが、とんだパブリシティになったようで...。
ちょっとビビった!「実は双子の兄弟姉妹がいるんです」セレブ集

アーカイブ