【MTVムービーアワード2009】ネタ?マジ?生ケツを顔面にくらったエミネムが激怒で会場を飛び出す!

今日行われた【MTVムービーアワード2009】で、「トワイライト」「トランスフォーマー」の未公開予告編が独占公開された以外に目玉だったのは、エミネムのMTV復活!

エミネムはWe made you と Crack A Bottleをパフォーマンスし、相変わらずの王者の貫禄で会場大喝采。

しかし、しばらく後で登場したのが、映画「ブルーノ」のキャラのままでプレゼンターとして出演したサシャ・バロン・コーエンが一大事を巻き起こした。

尻出しで天使の衣装で現れたブルーノは会場を宙吊りして登場。しかし、不具合が起こって客席に不時着...したところが、エミネムの顔面!

あわててエミネムのボディガードたちがブルーノを叩きのめして、エミネムを救出し、怒ったエムはそのまま会場をあとにしてしまった...という事態が。

私はこの模様をテレビで見ながら、「当然、台本通り」と思ったのだけど、ネットでは話題騒然になり、「またもサシャ・バロン・コーエンのどっきりが、やりすぎでエミネムを怒らせてしまった」と報じるところも。

さて、これはエミネムの演技なのか、マジ切れなのか?みなたんは、どう思います?

サシャ・バロン・コーエン映画「ブルーノ」で肛門ブリーチをして病院に ブリーチしているんだから、エムからの眺めも意外と清潔感たっぷりだったかも★

↓エムのパフォーマンス@MTV・アワード 2009↓

アーカイブ