アダム・ランバート アメアイ以前の俳優活動でのゲイ差別&ヴァル・キルマーとの関係を告白!

ローリングストーン誌での告白に続き、米国12日夜の米ABCの看板報道番組「20/20」でも「アダム・ランバート現象」の特集が放送されるなど、「アメリカン・アイドル」のファイナルは数週間前だというのに、いまだに話題が尽きない。

で、アダムはアメリカン・アイドルに出場する前にロサンゼルスでミュージカル(「 ミュージカル「Wicked/ウィキッド」」など)やアンダーグラウンドのショーに出演し俳優として活動していたのだけど、その中でのエピソードを語っているのが興味深いので紹介。

これはヴァル・キルマーが主演していたミュージカル「十戒」に出演していたときのことで、この頃に"目覚めて"、ネイルをしたりとおめかしするようになり、それが自分でリラックスするようになっていた。

「ヴァルとときどき出かけるようになって、これは僕がセレブとつるんだ初めての体験だった。ある日、ヴァルの家にいったら、ショーン・レノンがやってきて、僕らといっしょにセッションをしたんだ。ジョン・レノンの息子?僕の人生で最高にクールな出来事だった。

だけどこのミュージカルに出演している人たちといろいろと問題があって、ある日、監督から呼び出されて、「辞めてくれないかな?プロデューサーがちょっと言って来ててね。君はあまりにも...ゲイ過ぎるんだ」といわれたんだ。僕は「これはミュージカルでしょ?悪いけど、ゲイの人であふれているじゃない」って本当に頭に来たよ。


なんちゅうひどい話!ヴァル・キルマーで思い出したんですが、「キスキス,バンバン-L.A.的殺人事件」でゲイのお兄さん役をしたヴァルですが、「コインロッカー・ベイビーズ」のハリウッド映画化の噂があって、これにヴァルが出演するという話になったまま数年がたち進展がまったくないにもかかわらず、大好きな小説だけにやっぱり気になる。そういえば、スクリーンライターにショーン・レノンの名前もあったし、そうだ!主人公のひとりハシの役にはアダムがぴったりじゃないですか!!!!ヴァルの太り具合を見ていると、すでに役作りは完璧だし、廃墟で歌うアダムが見たい!なんだか英語版の「Coin Locker Babies」の表紙もアダムに見えてきた...。

いよいよファイナル間近!見逃さないようにFOX Japanで全米No1「アメリカン・アイドル」の番組オンエアを要チェック!

アダム・ランバートがローリングストーン誌でゲイをカミングアウト 密かにクリスに一目ぼれを告白 

アーカイブ