"優等ママ"ジェシカ・アルバが「サメ保護」活動で公共物破損疑惑!

普段はお騒がせセレブとは程遠いイメージのジェシカ・アルバがなんと警察から目をつけられてしまった。

社会活動にも積極的なアルバたんは、オクラホマシティを訪れ、【サメを守る】活動のポスターを街中に貼る運動に参加。この活動は"この50年で数が70%も減っている"グレイト・ホワイト・シャークのポスターをゲリラ的に街中に貼るものだったが、後日インターネットに、アルバたんが電気ボックスや架橋、さらには航空会社の巨大ビルボードにポスターを貼って、目の前でピースポーズを取る写真まで掲載された。

この行為は公共物破損だと、オクラホマシティのお偉いさんが激怒し、警察に被害届けを提出したために、警察が調査に乗り出しているという。

そして即座にアルバたん側が要は「軽率な行動だった」ということでオクラホマ市民と広告ビルボードにポスターを貼られてしまったユナイテッド・ウェイ社に謝罪。またポスターを貼った接着剤がかなり強力らしく、はがれないということで、広告の差し替えの弁償を申し出ているとか。

ピースしないで、ヘイデン・パネッティーアみたいに泣き崩れながらポスター貼ったら、エコ迷惑な事件にならず同情されたかも?「サ、サメ~」とか叫びつつ。

ヘイデン・パネッティーアに逮捕状!クジラ捕殺抗議で日本にやってきていた  迫真の演技が光る!
ジェシカ・アルバたんのセクシー画像はCGお直しだったかも疑惑

アーカイブ