デヴィッド・ベッカム不評の新スタイル・ウルヴァリン髭を言い訳!

ここ最近、顔の下半分から首まで髭を生やしっぱなしのワイルドな姿になったデヴィッド・ベッカム。ヒュー・ジャックマンでおなじみのウルヴァリンのようなヒゲは、「恐い」と特に女性ファンからはあまり評判がよくないのだけど、この理由をベッカムが語ったよう。

BBCラジオのインタビューによれば、「もうすぐハロウィーン(10月31日)がくるから、今年はウルヴァリンの仮装をしようとおもってね。(笑)ただ単に、ヒゲを剃るのをなまけているだけさ。それに会う人みんなに、ひげを剃ったほうがいいって言われるから、逆に意地を張って剃らないんだよ」だとか。

ベッカムといえば、夫婦でアルマーニの下着広告にセクシーなポーズで登場していたが、来年1月で契約が切れ、次回キャンペーンからは「トランスフォーマー」のヒロイン役でブレイクしたメーガン・フォックスと、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドがモデルになることが明らかになった。

もうベッカムがセクシーの時代は終わったのかと思いきや、ベッカムのウルヴァリン髭の影響でチームメイトに髭を生やし始めるものが増え、ちょっとしたブームになっている。

またイギリスのあるパブの常連仲間は「ベッカム髭を生やしてチャリティを」と呼びかけている。このグループは喉がんで亡くなった友人を偲んで地元の病院に寄付をするためにベッカム髭を伸ばそうと決めたのだとか。

4年契約していたアルマーニ下着とは契約が切れたけど、ベッカムは自分のブランドで下着ブランドを始める計画があるとか。リベンジ?自分ブランドの下着広告なら、さぞかしモツコリもアルマーニ以上に...。

アーカイブ