「アメリカン・アイドル」シーズン9が全米放送開始!サイモン・カウエルのファイナル&ヴィクトリア・ベッカムの審査員に大非難!

毎年、放送が開始されるたびに社会現象となり、視聴率はトップを記録し続ける目がヒット・オーディション番組の「アメリカン・アイドル」が、今年も全米で1月12日から放送開始されたけれど、放送2回目(アメリカンアイドルは週に2回放送)で早くも超キョウレツキャラが登場して大ブームになっている。

今年は放送していない時期も話題が絶えなかったアメリカン・アイドル。第一シーズンから審査員を務めたポーラ・アブドウルが降板の件は夏一番のゴシップトピックになり、第8シーズンの準優勝だったアダム・ランバートはエロパフォーマンスもろもろで、その後のテレビ番組出演がドタキャンされるなど大きな波紋を呼ぶことに。

そして今年のシーズン9の開始直前には、アメリカン・アイドルの顔ともいえる辛口審査員で、あのを見いだしたサイモン・カウエルが噂通りに今年限りでアメリカン・アイドルを降板と発表と大変なことになっていた。

アテクシ自身、サイモンのいなくなるアメリカンアイドルなんて...と思っていたクチで、今年は今まで程、面白みがなくなるんじゃないかと思っていたところ。

しかし、放送一回目の第一回、ふたをかえてみれば、いつものアメリカン・アイドルが帰ってきた~!というか、ポーラの代わりに特別ゲスト審査員として登場したヴィクトリア・ベッカムがただ座っているだけで、全然役になっていないというか、座っているだけでいいという責務だけは果たしているというか、もうとにかく面白い!もちろん、なんにもコメントしてないヴィクトリアの審査員としての才能はアメリカではボロクソにいわれてますがね!

ころで、サイモンの降板。ふたを開けてみると実はウィン=ウィン・シチュエーション。サイモンはアメリカン・アイドルでは要は「やとわれ店長」みたいなもので、顔とはいわれながら、一回の審査員に過ぎない。しかしながら、サイモンは本国イギリスで大ヒットオーディション番組「Xファクター」をプロデュースし、審査員としても出演している。で、これに出演したのがレオナ・ルイスや日本の紅白にも出場したスーボことスーザン・ボイル

とサイモンはアメリカン・アイドルを辞めるけれども、2011年から「Xファクター」をアメリカで放送開始させることも発表!となると、アメアイに強烈なライバル番組登場で、どうなる!?と、思いきや、実はアメリカ版「Xファクター」の放送局はFOXだから、うらみっこなし。さらにサイモンは「Xファクター」の審査員としてポーラ・アブドゥルの起用も考えているとか!?

ちなみにアメアイとXファクターの大きな違いは、Xファクターには年齢制限はなく、グループでの参加や、ダンスのパフォーマンスもありなところで、イギリスではアメアイの元番組「POP IDOL」は2シーズンで終了してその後番組として「Xファクター」が放送されている。

「本番」の審査員はポーラの代役としてコメディアンのエレン・デジェネレスが抜擢されて、例年通り各地方オーディションを勝ち抜いた参加者による「ハリウッドラウンド」からエレンが登場。エレンの登場する回は2月9日からの放送だけど、実施には1月12日からハリウッドラウンドが始まっているとのウワサ。

またサイモンが去ったあとの来年の後釜審査員に関して、アメアイのプロデューサー・フューラー氏のもとにはタレントエージェントらからのコンタクトが殺到しているらしい。

...ということで、シーズン2回目の14日放送で登場した物凄いキャラの話はのちほど。(続く)

アーカイブ