テレビで新顔公開!美容整形で大改造 すっかり別人ハイディ・モンタグ「手術で死に掛けた」

先週のピープル誌で一日で10箇所の美容整形を受け、「私は美容整形アディクト。これからも美容整形はやめない」と告白して世間に衝撃を与えたハイディ・モンタグ。ハイディはリアリティ番組「ヒルズ」に登場して有名になり、主人公のローレン・コンラッドと親友だったのに、絶縁しスペンサー・プラットと結婚し話題になった23歳。

今までにモ美容整形で鼻や胸を整形していたことが明らかになっているが、11月に10箇所を美容整形していたことを発表し、その新ハイディが表紙を飾った。

美容整形は、本人が最も気になっていたというアゴの骨を削って縮小した大手術から、シワとりのボトックスまで大小さまざまだが、雑誌での告白後初めてテレビ番組に出演して、その心境を語った。

これで明らかになったのは、ハイディは手術でマイケル・ジャクソンの急死の原因になったといわれるデメロールを投与され、呼吸が一分で5回しかなくなってしまって危うく死亡するところだった。しかしボディガードのひとりが救急隊員の経験があり、この事態に気がついて看護婦を呼んで一命を取り留めたが、10時間目を覚まさなかったという。

ハイディにとってこの状態はまさにトラウマだが、「パーフェクトに美しくなりたい」というハイディはそれでも美容整形をやめないという。

美容整形は・眉毛のリフトアップ・鼻・頬と唇に脂肪注入・アゴ縮小・クビの脂肪吸引・耳を寝かせる手術・尻部の増大・ウェストと太ももの脂肪吸引・再豊胸手術で、バストサイズはFカップになったが、いずれHカップにしたいと思っていて、現在の容姿に満足しているが、また美容整形を受けるつもりだと話している。

雑誌の写真で見る限りはたいして変わってないじゃん!と思ったけど、テレビで動くハイディを見たら、すっかり変わっちゃって。なんだかかわいそうになってきた。

ハイディというよりカントリー歌手のフェイス・ヒルに見えるし、スペンサーが話題作りのためにハイディをそそのかしたんじゃないかとさえ思えてくる。

アーカイブ