ジェニファー・アニストン G・バトラーと大胆セクシードレスで危うくタラ・リード状態

3月に公開される映画「バウンティ・ハンター」での共演で急接近したとウワサされたジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラーが、昨日のゴールデングローブ賞でプレゼンターとしてそろって登場した。

ジェラルド・バトラーは昨年ウワサに「付き合ってないよ」と否定していたけれど、レッドカーペットでも笑顔で前日のパーティでも一緒だったふたりはやっぱり単なる共演者以上に仲がよさそうとの声も。

ジェンはシンプルな黒いロングドレスでいつもより地味~と思われた瞬間、歩くと太ももまでがっつり丸見えのセクシーなドレスと判明。だけど、「アンジェリーナ・ジョリーの得意のスタイルを真似した」とも言われてしまって、ナニをやってもアンジーと対決させられるのがお気の毒。

またふたりは映画のプロモーションの一環で、ファション雑誌「Wマガジン」でもグラビア&表紙で登場するのだけど、これが「W史上最もセクシー」というウワサの代物だとか。ジェンは黒いランジェリー姿で、バトラーはNYの警察官風なんだそう。なんだかハイファッソン過ぎて笑いも取れそうな予感もしなくはなさそうな。

しかし脚の美しさは文句なしですが、危うくポロリな右胸がアンジーというより、タラ・リード状態で、ホント、気をつけてくださいっ!

アーカイブ