米国ディズニーランドでマイケル・ジャクソンの「キャプテンEO」が公開復活!

ロサンゼルス近郊にあるディズニーランドで、13年ぶりにマイケル・ジャクソンの「キャプテンEO」が今日から公開されている。

10時からのスタートを待ちかねて、ディズニーランドゲートの前にはマイコー風のジャケットを着たファンなどが行列を作っていた。1月3日に「Honey I Shrunk the Audience」の上映を終了し、準備してきたこの17分のミニ映画は、期間限定公開だとか。

「キャプテンEO」は1986年に公開され、監督はリンクに表示されるテキストで製作総指揮はジョージ・ルーカスという3D映画。当時の金額でなんと3000万ドルが制作費としてかかったというもので、カリフォルニアのDLでは97年まで上映された。

やばい、行かねば。他のディズニーのテーマパークで公開されるのかどうかは現在のところ未定らしいです。

アーカイブ