シャイア・ラブーフ主演「ウォール街2」予告編登場!

87年製作の名作ウォール街の続編として話題の「Wall Street2: Money Never Sleeps」の予告編が登場っす。主人公のマイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーが刑務所から23年ぶりに出所するという設定で、その冒頭の巨大携帯電話にニンマリ。

ゲッコー氏のスピーチを聴講するシャイア・ラブーフが、いつ座頭市のように目をぐりぐりさせるのではないかとハラハラするものの、「NO!NO!NO!」とお得意のNO!連発絶叫がないキャラのシャイアにオトナの俳優としての成長を感じました。


あ~、でもいつものシャイアなら、小切手見た後で、NO!絶叫連発してもいいのに。オリバー・ストーンにダメ出しされたかな...。
とにかく、チャーリー・シーンをカメオですらキャスティングしてなかったのは、本当に正解★

シャイアの婚約者で、(予告編で説明されている通り)ゲッコーの娘で11年間音信普通になっているウィニーを演じているのは「An Education(17歳の肖像) 」で今年のアカデミー賞主演女優候補になっているキャリー・マリガン24歳。「ウォールストリート2」の中では全然イギリス訛りになっていないので、別人かと思いますた。

普段はなんだかいつもへらへら笑っている印象のあるキャリー・マリガンは「マイ・フェアレディ」のリメイクでもキーラ・ナイトレイが降板したために、オードリー・ヘップバーンが演じた主人公に抜擢されたといわれていて要注目です!

アーカイブ