サンドラ・ブロック夫ジェシー・ジェイムス ナチ敬礼写真がついに登場

愛人のナチ写真が流出してから言われ続けてきた問題写真が、遂に流出した。サンドラ・ブロックの夫ジェシー・ジェイムスは現在、次々と愛人が名乗りをあげ、遂に昨日ジェシーはアリゾナ州にあるリハビリ施設に入所し、セックス依存症を治療するためといわれている。

離婚の意向を固めたサンドラに対して、リハビリ施設に入所することで、復縁を願っているという見方が強いが、ナチの軍帽を被り、ナチ風敬礼ポーズをしているジェシーの写真は、ハリウッド女優のサンドラ・ブロックに大きな打撃になりかねない。

写真は2年ほど前に撮影されたものらしいが、ジェシーの後方には、通称レッドバロンと呼ばれる第一次世界大戦で活躍した軍用機のレプリカも写っている。

場所は明らかにされていないが、ジェシー・ジェイムスが経営するウェストコーストチョッパーズの従業員のために使用している自宅で行われたパーティで、写真は2005年に撮影されたサンドラとの結婚前のものとも伝えられている。

ジェシーの愛人と名乗りを上げているのは、Michelle "Bombshell" McGee(ストリッパー)、Melissa Smith(ストリッパー)、Brigitte Daguerre(カメラマン/バイカー)の3人で名前も顔も公開しているが、4人目の女性は身分を明かしておらず、現在5人目も登場という噂も。

鼻下の指2本はもちろん、「カトちゃんぺ」をしているのではなくてヒトラーのひげを表しているわけですね。う~ん、ドン引き。

ジェシーの経営するバイクカスタマイズショップのウェストコーストショッパーズのロゴもアイアンクロス(ドイツ軍が使用し、ヒトラー政権後はナチも使用)に似てるし。

アーカイブ