快挙!ジャスティン・ビーバー 新アルバムが返り咲きでチャートトップ!3位にスラッシュ!

最新の全米アルバムセールスのチャートで、ジャスティン・ビーバーの新アルバム「My World 2.0」が発売3週目で、再びトップに返り咲いたことが明らかに。

3月23日に発売され、初週にビルボードトップ200で1位をゲットしたビーバー君のアルバムだったが、翌週はアルバムのプロデューサーでもある"師匠"のアッシャーの新発売アルバム「レイモンドVSレイモンド」が1位に。

しかし発売3週目の今週、ビルボードチャートの最新号でビーバー君のアルバムは首位に返り咲いて、アッシャーのアルバムは2位に。

また、昨年11月17日に発売された「My World」はすでに100万枚を超えるセールスをしているけれど、こちらも8位とWランクインしているという快挙。

さらに今週発売されたアルバムで最も最高位を記録したのは、ギタリスト スラッシュのソロアルバム「スラッシュ」で3位という好ポジションで、アルバムでは大御所スラッシュらしく、イギー・ポップやオジー、ダフ・マッケイガン(GNR)、イアン・アストベリー(ザ・カルト)、デイヴ・ゴール(フーファイターズ)、クリス・コーネル(サウンドガーデン、オーディオスレイヴ)のベテランから、ファーギー、マルーン5のアダム、ウルフマザーのアンドリューなどがフューチャーされている。

ビーバー君のアルバム「My World」は「My World 2.0」の前編というか9曲入っているけどミニアルバム的な存在だったりするのですが、日本デビュー盤は「My World」と「My World 2.0」の両方をまるごと収録した「マイ・ワールズ」(Worldが複数形なのに注目★)で発売されるのでかなりおいしく、ジャスティン・ビバれると思われます。

アーカイブ