ジム・キャリー「ジェニー・マッカーシーと破局」と自らtwitterで発表 

俳優ジム・キャリーがタレントのジェニー・マッカーシーと破局した事をTwitterで発表した。ふたりはは交際5年で、結婚はしていなかったものの、ジムはマッカーシーの一人息子と父親のような存在になっていたことでも話題になっていた。

ジムは「ジェニーと僕は5年の交際にピリオドを打ちました。僕たちが一緒にしてきたたくさんの事に感謝し、ジェニーの幸せを祈ります。って、ことでわかった?」と@JimCarreyのアカウントで発表。これに対して「ジムは私の心の中で生涯の主演俳優です」とジェニーはtwitterで発表した。

現在7歳のマッカーシーの息子には父親のような存在で、自閉症を克服するための手助けや、自閉症児の急増は予防接種に関係しているという物議を醸したキャンペーンの啓蒙活動などにもジムは積極的に参加していた。

他にもふたりはトム・クルーズとケイティ・ホームズの結婚式にも招待され、ふたりで出席していた「おしどり"夫婦"」だっただけに、今回の破局はかなり衝撃的。

ジェニーは雑誌プレイボーイ誌でヌードモデルの「プレイメイト」になり、95年に「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。その後明るい性格と機転のよさが買われてテレビ界に進出しタレントとして活躍し、映画などにも出演していた。息子エヴァン君を出産したときの体験談を執筆した「Belly Laughs: The Naked Truth about Pregnancy and Childbirth」はベストセラーになったが、エヴァン君の父親で、ジェニー主演映画「Dirty Love」の監督だった夫とは出産後の2005年に離婚している。

ジム・キャリー ジェニーから水着をレンタル 2年まえの仮想ペアルック。2月くらい前に読んだTIMEの記事で、ジェシーが自閉症児のためのビデオをつくったという記事があって、そのなかでジム・キャリーのことは全然ふれていなかったので妙だな...とは思っていたんですが...。この記事では息子は自閉症を完治したというよりは、Landau-Kleffner症候群だったかもしれない、と語っていることがまたも波紋を読んだりしていました。

アーカイブ