ケイト・ハドソン MUSEのマシューを連れて、レニー&ブラッドリーとWデート

最近ではアレックス・ロドリゲス選手(野球)、ランス・アームストロング選手(自転車)とスポーツ界に手を広げていた恋多き女ケイト・ハドソンが初心に帰って、ロックスターと熱愛中のようです。(泣

お相手は、英ロックバンドのMUSE(ミューズ)のヴォーカル兼ギタリストのマシュー・ベラミーで、ケイトはパリで行われていたミューズのコンサートを鑑賞したあと、マットを伴ってレストランへ食事に。そこに2時間前から来ていたレニー・ゼルウィガーブラッドリー・クーパーのカップルらの一行もたまたまいて、同席したんだとか。

そのあとはさらにホテルのバーに移動して、マット&ケイト、レネー&ブラッドリーのWデートに発展したというらしい。

MUSEマスーはですね、もちろんMUSEのヴォーカルだけではなく、曲の作詞作曲も手がける中、ギタリストとしてもかなりカッコよく、「現代のジミヘン」と呼ばれたり、一年でギターを140本ぶっ壊す(ツアー中)というどうでもいい記録でギネス入りしたりしてますが、「トワイライト・サーガ3 エクリプス(Twilight Saga: Eclipse)」(6月25日全米公開)のサントラのために書き下ろした新曲「Neutron Star Collision (Love Is Forever)」は、昨年末に婚約を破棄した長年の恋人とのことを書いたそうです。彼女への"ラブ・イズ・フォーエバー"はケイト・ハドソンによって見事に木っ端微塵にされました。...ついでにアテクシのundisclosed desiresも。(号泣 

アーカイブ