ジャスティン・ビーバー キムKはデコイ?デビュー前の元恋人ちゃんと復活愛!?

先日は、12歳も年上のキム・カーダシアンとのいちゃいちゃに波紋が起こった16歳のジャスティン・ビーバー。しかし年増女性キムとの戯れは、やはりホンキではなかったようで。

ビーバーがデビュー前に交際していたといわれるのが、ケイトリン・ビードルズという女の子。すでに破局したあとだったけれど、ケイトリンさんがボート事故にあったときも、ビーバーは地元のカナダに飛んで返ってお見舞いにいったことがある。

ケイトリンさんは「ワタシの半分がいなくなっちゃうみたいでいや。さびしい!」とツイートしていたが、ビーバーが帰らなければならないときにかかれたものだと思われている。

さらに先日のキム・カーダシアンとのいちゃつきがあったバハマでの滞在時、ケイトリンさんもバハマに来ていたのだとか。やはりキムKは「おとり」だったのかもしれないけれど...。ちなみにキムKも新恋人のマイルズ・オースティン(NFL選手、もちろんブラック系)と交際を始めた模様。

どうでもいいけど、馬って。なにそのデート!

関係ないんですが、先々週くらいにカナダで行われたマッチミュージック・アワードのビバ子、超ダンスがうまくなっててビビりました。その分高音部はジョン・ボン・ジョヴィ歌唱法を採用してましたが、それでもあのダンスはいい!

これでいいのか乙女ファン!キム・カーダシアンといちゃつくジャスティン・ビーバー

アーカイブ