ゲイパレード後に店頭に激突事故で逮捕された40代歳の男性はジョージ・マイケルだった!

イギリスのロンドンで日曜日の未明に、カメラショップの店頭にレンジローバーが突っ込むという交通事故があり、ある男性が逮捕されたが、この男は歌手のジョージ・マイケルであることが判明した。

交通事故の様子は街角に設置しているCCDカメラで一部終始が撮影されていた。警察は「40代の男性を違法運転の疑いで逮捕しました」とだけ発表していたが、この男性は47歳の歌手ジョージ・マイケルだとBBCなどが伝えている。

この日は事故現場側でゲイパレードが行われていたが、事故が起こったのは午前3時半ごろだった。

ジョージ・マイケルは保釈金を支払って釈放されていて、8月に公判が行われる。

ジョージ・マイケルは2007年にドラッグ服用中に運転をし、車3台に追突したひき逃げ事件を起こして有罪が認められ、2年間の免許取り消しになっていたが、昨年末に免許を再取得したばかりだった。

「ケアレス・ウィスパーならぬケアレ・ドライバー」とか、ウケ狙いの見出しが多い中、アテクシ的に一番気に入ったのは、「ジョージ・マイケルの最新スマッシュ・ヒット!」ってやつかな。

ちなみに1998年のビバリーヒルズの公衆トイレでのエッチ事件から2006年から2009年まで4年連続で逮捕されていたので、今回で5年連続です。

アーカイブ