せっかく独房なのに...「ひとりは嫌」とリンジー・ローハン

7月20日から刑務所入りするといわれているリンジー・ローハンは、パリス・ヒルトンと同じロサンゼルス南西部のリンウッド刑務所に収容され、独房での生活になるといわれているが、リンジー本人は「独房はいや!」なんだとか。

リンジーは一人暮らしをしたことがなく、いつも誰かが一緒で、とにかくひとりでいるのが嫌。5月にフランスからロサンゼルスに戻ってきたときも、自分ひとりで搭乗するのがいやなので、ロサンゼルスにいる友人にフランスに来てもらいたいと頼んだほどだった。

それが、昨日、独房入りする予定とマスコミが伝えると、リンジー本人が「独房は嫌」と騒ぎ出したのだとか。

しかしながら刑務所生活は「ひとりぼっち」以外にもリンジーには耐えられなさそうないろいろな厳しい条件が待っている。化粧やヘア・エクステは厳禁だし、タバコもダメ、さらに刑務所内では裁判所命令でもあるアルコール依存症克服のプログラムの参加も同時に行われることにもなりそうで、こちらは一日5時間毎日行われるらしい。

そして昨晩のリンジーは元カノのサマンサ・ロンソンにビバリーヒルズの高級寿司レストラン「松久」でディナーをし、なぐさめてもらっていたとか。

でもシャワータイムは他の女子(ただし前科モノ)が一緒だと思うので!

アーカイブ