テイラー・ロートナー 訴訟を【腕立て伏せ】で和解の申し出を却下!

「トワイライト」シリーズで狼男を演じ、主人公のロバート・パティンソンと人気を2分する俳優テイラー・ロートナーは、子供のころから空手などの武術で鍛えたマッチョ・バディで有名だが、テイラーから訴訟を起こされた会社が、この腕っぷしに真っ向から対決する申し出をしている。

テイラー・ロートナーは新作映画「アブダクション」の楽屋トレーラー用にと、30万ドル(2600万円)の大型RVトレーラーを発注したが、6月に納品予定なのにいまだに到着していない。

そのため、トレーラー会社に対して「精神的苦痛」「苛立ち」を理由に訴訟を起こし、4万ドルを慈善団体に寄付するように示談の条件としていたが、この会社の社長は「腕立て伏せ対決をして、我々が負けたら寄付する。うちの会社の人間は、狼男もヴァンパイアも怖くない」と"トワイライト"をもじって記者会見で語ったのだとか。

しかしながら、テイラー側はこの挑戦を受けてたつつもりはないとのこと。

テイラーLはシャレがわからない男だと嘆くか、訴えられた会社は良い宣伝のつもりだろうけど、宣伝しているのは"2ヶ月も納品しないトンドモ会社"ということだと気がついていなそうなのを嘆くべきか。

アーカイブ