ビーバー君は一晩おいくら?洋楽アーティストのライブギャラが流出!

アーティストにとってはライブコンサートで稼ぎ時になるサマーシーズンもひと段落といったところだけど、今年2010年の夏に、がっつり稼いだアーティストたちのギャラリストが流出した。

一回当たりのギャラが明らかになったアーティストはトップのラスカル・フラッツ70万ドル=5800万円)を筆頭にカントリー勢が多くをしめるが、16歳のジャスティン・ビーバーは堂々の6位で30万ドル(2500万円)。

ドレイクやウィーザーといった非カントリー系より上位にランクインしているのはもちろんだけど、2位のKISSは50万ドル(4200万円)といっても、4人だから、カントリー勢以外ではこの表のトップに君臨する。

またABC振興会のユーザーにもおなじみ系のアーティストだと、セレーナ・ゴメスが10万ドル(840万円)、アメリカンアイドルの優勝者ジョーダン・スパークスが7万5千ドルに対して、昨年の優勝者クリス・アレンは1万2500ドル。

久々のアルバム発売をしたDevoは7万5000ドル、80年代にポイズンのヴォーカルとして活躍し、最近はテレビでタレントとして活躍しているブレッド・マイケルズは6万5000ドル。

トップのラスカルフラッツは3人組だから、実質個人1位はニコール・キッドマンの夫キース・アーバンの48万ドル(4000万円)かも。ニコマンの高笑いが聞こえそう...。

アーカイブ