尿入りボトルを投げつけられた 米人気バンドMGMTのドラマーが、怒ってライブを放棄!

メジャーデビュー2枚目となるアルバム「コングラチュレイションズ」が全米2位になって一気にブレイクした米ロックバンドのMGMTが、日曜日に英マンチェスターで行われたライブで、突然、ドラマーがステージを退場するハプニングがあったが、この理由が明らかになった。

ライブでは残り2曲で「ハンドシェイク」を演奏していたときに、突然ドラマーのウィル・バーマンが怒ってステージを降りてしまった。もちろん、突然ドラマーがいなくなってしまったことに他のメンバーは気がついたが、何が起こったのかわらかずに、観客に「ウィルはどこに行っちゃったんだ?」と聞く始末。

実は観客席からガラス製の尿入りボトル(尿瓶?)が投げつけられ、ドラマーのウィルの胸元に命中し、びっしょり。これに怒ったウィルがライブを放棄していたのだった。

残された4人のメンバーはウィルなしで最後の曲をパフォーマンスしたものの、アンコールにはこたえなかったという。

7月にはライブ演奏中のキングス・オブ・レオンにハトの糞が命中し、ライブを中止するアクシデントがあった。

尿ぐらいで退場なんて、ファーギー姐さんとコラボはできませんね!しかしMGMTがヘッドラインのコンサートらしかったのですが、どんなファンだよっていう。

で、動画は、踊りながらドラム席が空になっているのを気がついて、固まっているアンドリュたん。4:30くらいでドラムスティックをひろって「ウィルどこ?」「何があったの?まだ曲はあるのに」「ビールがとんできて当たったらしい」とか言ってます。ビールじゃないんだよなあ。

次のアルバム製作に関してレーベルがもっと関与すると言ってきていて(「Congratulations」の出来にレーベルは不満で、結果的にも「Oracular Spectacular」のほうがセールスがよかった)ことに、メンバーたちは不服だったりするらしいので、この尿事件は...?なんつって。

アーカイブ