パリス・ヒルトン 刑務所入りより屈辱的!?と米国でも話題 強制送還の一泊六千九百円ホテル

コカインの所持を法廷で認め、刑務所入りは免れたものの有罪判決を受けたパリス・ヒルトンが無謀にも、翌日アメリカを出国し、最初の訪問国の日本で当然のことながら拘束され、新ブランド発足のアジア各国訪問をドタキャンせざるをなかったパリス・ヒルトン。

成田空港で厳しいチェックを受けたパリス・ヒルトンと妹のニッキーが、日本で向かった先はエアポート・ウェスト・ハウスというホテルで、一泊6900円というヒルトン家の令嬢にはありえない価格のホテル。

このニュースを伝えるアメリカでも、「日本で6900円なんて、こどものお小遣いにもならない」とパリスを失笑。「でも、成田はど田舎だから...」と日本談義に発展。

しかしながら英語で刑務所のことを別名「ビッグハウス」とも言うだけに、本物の刑務所は回避したものの、日本でハウス入りしたのはなんとも皮肉。

アーカイブ