エッチの声が大きすぎて近隣住民が苦情!?女優キャサリン・ハイグルがビキニ姿で警察官をお出迎え 

「グレイズ・アナトミー」でブレイクした女優キャサリン・ハイグルの自宅に警察官が駆けつけるという時間があったが、警察官の前に現れたハイグルはなんとビキニ姿だった。

日本でもアシュトン・カッチャーと共演したラブコメ映画「Kiss & Killer」が近々公開されるハイグルは、ロサンゼルスの自宅庭のバスタブに夫で歌手のジョシュ・ケリーといちゃいちゃしていたところ、隣に住む男性がこの声に腹を立て通報したが、警察官の前に現れたハイグルはビキニ姿だった...というもの。

しかしながら、今朝、ハイグルがラジオ番組のインタビューで説明したところによれば、通報したのはハイグル本人だという。

「隣の男性が、急に怒り出して塀越しに私たちに"家の中に入れ"と怒鳴りつけてきたの。だから"いい加減にしてよ。もううんざり!迷惑なのはこっちなのよ。通報するわ"となったの」そしてハイグルは警備会社に電話して、警備会社から警察に連絡が入った。

その時点で数杯のカクテルを飲んでいたというが「私たちはいたって健全よ。野外でそんなばかげたことをするような人間じゃないわ。でも、ハリウッドで一番つまらない夫婦だった私たちにとっては、一番のスキャンダルになったわね」と語っている。

ケリーのミュージックビデオに出演したことがきっかけで交際を始め、3年前に結婚して、昨年、韓国から養子縁組した2歳の娘と3人暮らしだが、この日までハイグルと娘は仕事のために3日ぶりに帰宅し、娘はこのときすでに眠りについていたとのこと。

警察来るのわかってたなら、なんか羽織ろうよ!

アーカイブ