「ヌード後悔」発言したばかりのキム・カーダシアン ファッション誌Wでまたも全裸!

まだ人気がブレイクする前の2007年にプレイボーイ誌で全裸ヌードを公開し、このヌードの未公開版が同誌のオンライン版で先月掲載されたことでも話題になったキム・カーダシアン

3年前のヌード流出に、キムKは激怒していたというが、このヌードに関しても米ファッション誌「HARPER'S BAZAAR (ハーパース・バザー)」で後悔していると語り、当時ヌードになったのは母親のあとおしのためだったと語った。

人気R&Bシンガーブランディーの弟で当時恋人だった黒人ラッパーのレイ Jとのプライベートのエッチビデオがすでに流出していたことで有名だったとはいえ、世間的にはまだ"駆け出し"のセレブだったキムKは「母親に相談したら、"私たちのテレビ番組だってまだ放送開始されていないし、あなたのことなんて世間なんて知らないわ。プレイボーイなら綺麗なヌードを撮ってくれるに違いないし、今断ったら、2度とオファーがこないかも。やっちゃいなさい」という言葉で、ヌードを決心したとか。

ヌードになったのは母親のせいだといわんばかりだったが、今度は以前にも全裸を公開したことのあるWマガジンで、以前よりもっときわどいヌードに。

これは毎年恒例の「アート」特集の号だということで、キムKは「アート」という名のもとにヌードになったということらしい。

人間の手が加えられてこそ、アートは完成しますからね!ええ!

アーカイブ