18歳デミ・ロバート 突然のリハビリ入所はドラッグ治療?それとも心身ケア?

ディズニーのテレビ番組でブレイクした歌手で女優のデミ・ロヴァートが、現在ツアー中のコンサート出演をキャンセルし、リハビリ施設に入所したことが発表されたが、その理由が話題になっている。

デミは「キャンプ・ロック」シリーズでブレイクし、現在はドラマ「サニー・ウィズ・チャンス」で主人公を演じている。また歌手としても、交際していたジョー・ジョナスがメンバーでもあるジョナス・ブラザーズとともに世界ツアー中だったが、このコンサート出演をキャンセルし、「心身のケアの治療を行うためにリハビリ施設に入所した」と広報が昨日発表した。

テキサス出身で8月に18歳になったばかりだが、16歳ですでに180万ドル(1.4億円)の豪邸をスタジオ周辺に購入している人気スターの突然の「リハビリ入り」にはさまざまな憶測を呼んでいるが、一夜明けて父親は「ドラッグ治療のためのリハビリ施設ではない」と話している。

また父親はデミがリハビリ入りしたのはハリウッドでスターでいることに対するプレッシャーのためや、子どものころから芸能界入りし、中学生時代にはいじめられた経験などからきていると話している。

ジョナス・ブラザースとの世界ツアーは残すところ6日だったが、デミの代役を立てる予定は今のところないという。

アーカイブ