「ターミネーター」元子役エドワード・ファーロング キャメロンと共演映画のプレミア翌日に刑務所入り!

ターミネーター2」の印象がとにかく強い俳優のエドワード・ファーロングは、今年で33歳になるが、ここ10年は酒やドラッグの依存症のトラブルや数度の逮捕歴のほうが俳優としての活躍より目だっていた。

そして久々の超大型ハリウッドアクション大作出演となったのが、今月全米で公開される往年の人気テレビドラマのハリウッド映画化「ザ・グリーン・ホーネット」というヒーロー系アクション映画で、主演のセス・ローゲンやキャメロン・ディアスとともに、昨晩行われたプレミア・レッドカーペットに出席したばかりだった。

しかし、一夜明けた今朝、エドワード・ファーロングが向かったのは刑務所。

2006年に結婚し、同年に息子も生まれているが、妻のレイチェルとは2009年に離婚申請が提出され、さらに妻への「接近禁止命令」も要請され受諾されている。

ファーロングは妻の100ヤード以内に近づくことを禁止されたが、昨年11月にこの接近禁止命令を破ったとして妻側から訴えられ、ファーロングは保護観察違反で今朝裁判所に出廷し、そのまま刑務所に連行された。75000ドルの保釈金が提示されている。

キャメロンのその赤いドレスをちょっと貸してやって欲しいくらい華が...。ちなみに映画の悪役ボスはイングロリアス・バスターズのクリストフ・ヴァルツ!!!というの(だけは)楽しみ。

アーカイブ